恐ろしい…外壁塗装「悪質業者」がはびこる業界構造の闇

外壁塗装は、建築物を長持ちさせるために定期的に行わなければならない工事のひとつです。しかし、トラブルが起きやすい工事でもあり、仕上がりや請求金額に不満を覚える不動産オーナーは少なくありません。本記事では、不動産のオーナーが注意を払うべき業界構造について、塗装会社の経営者が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

トラブルの背景には、業界特有の「多重構造」もある

外壁工事には、多くのトラブルがつきものです。手抜き工事による塗料の剥がれ、直らない雨漏り、塗料外壁材のひび割れ、周辺への塗料の飛び散りといった汚れ、イメージしていた色と異なる仕上がり…。なぜこのようなトラブルが起きるのでしょうか。

 

手抜きする業者や悪質な業者に依頼してしまうのは、お客さん側の事情として、外壁塗装に関する知識が不足していることや、良い業者の選び方が分からないことなどが挙げられるでしょう。

 

また、トラブルが起きる背景には、業界の構造上の問題もあります。外壁塗装業界は、工事の依頼を受けた業者(元請け業者)が、その仕事を下請け業者に出し、下請け業者が、 さらにその下にいる孫請け業者に出すという、多重構造と呼ばれる構造になっています。

 

外壁塗装は、この構造で仕事が下請け、孫請けへと流れていくことがよくあります。お客さんは元請け業者の規模や実績などを見て「大手だから安心できる」「技術力があるはず」などと考えます。

 

しかし、多重構造で仕事が流れている場合、依頼した元請け業者が施工するとは限りません。元請け業者が下請け・孫請け業者に仕事を任せた場合、現場にはまったく別の業者の職人が来ることになります。

 

その業者が知識不足だったり、技術力のない業者だったりした場合、お客さんは結果として、信頼して任せた業者とは異なる、知識や技術力のない業者に依頼したことになるのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

多重構造と中間マージンで「手抜き」が生じやすく…

多重構造でもう1つ問題なのが、元請け業者から下請け業者、下請け業者から孫請け業者へと仕事が流れていく過程で中間マージンが発生することです。

 

中間マージンは、実際の施工を任せるときに取る紹介料や仲介料などのことです。このお金の出どころは、依頼主が支払った工事費用です。つまり、中間マージンが発生するほど実際の工事に使えるお金が少なくなるということです。

 

例えば、工事費用が100万円だったとすると、元請けはそのうちの40万円を中間マージンとして受け取り、下請けの業者に60万円で工事を発注します。下請けの業者が忙しく対応できなかった場合などは、60万円のうちの10万円を受け取り、孫請けの業者に50万円で発注します。

 

お客さん側から見ると、工事代として払った100万円が、この点で50万円に減っています。さらに工事がその下の業者に流れると、工事に使えるお金が45万円になります。

 

 
[図表]多重構造と中間マージン

 

もちろん、末端業者も45万のなかから数万でも利益を出さないといけないわけですから、仕上がりの質は下がります。

 

なぜなら、材料費も人件費も本来の半分以下になり、職人たちはとても足りない材料で工事を強いられますし、なにより、十分な休憩や手当を与えられないまま夜遅くまで働かされるためです。

 

職人からすれば、なにか失敗して工期が伸びてしまったら即赤字になる状況で、気持ちに余裕はなく仕事に熱意を注げる人は少ないはずです。

 

利益が出ているのは営業上手な元請けだけで、職人は薄利。モチベーションが下がります。熱意がもてないのですから、工事の質も下がるでしょう。

 

工事の最終的な仕上がりは、お客さんが元請けにいくら払ったかではなく、実際の工事自体にいくら使えるか、つまり業者の人件費や塗装の材料代にどれだけの予算が組まれているかによるのです。

 

多重構造と中間マージンは、手抜きが生まれやすくなる原因にもなっています。

 

\\10/2(土)開催//
フィリピン・シンガポールを活用した資産防衛術…世界の富裕層が実践する資産保全術を公開!

株式会社リペイント匠 代表取締役

1982年、三重県鈴鹿市生まれ。小学校4年生のときに両親が借金を原因に破産し、離婚。父と極貧生活の幼少期を送る。15歳から足場工事会社で働き始め、21歳で独立し久保組を立ち上げる。

3年後、法人化し足場工事以外にも塗装事業を開始。その後事業を行うなかで、元請け業者の利益よりも、一般のお客さまにより安く・良い仕事を提供したいと考え、2012年9月に株式会社久保組を売却。同年同月、一般戸建て住宅に特化した外壁塗装専門会社リペイント匠を設立する。

2013年6月には法人化し、社名を株式会社リペイント匠に改称。現在では年間400件以上の工事を請け負い、地元では有名な塗装会社として名を馳せる。

著者紹介

連載投資家、不動産オーナーのための失敗しない「外壁塗装」ノウハウ

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

家の寿命を20年延ばす はじめての外壁塗装

久保 信也

幻冬舎MC

なんとなく後回しにしがちな外壁塗装。実際に、料金や工法もよく分からない戸建て住宅オーナーは多い。 しかし、外壁塗装の知識がないまま業者に依頼してしまうと、雨漏りや料金トラブルが発生してしまうこともしばしば………

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧