最近の若者が「デキない人」に見えたら、それが世代の違いだ

世代が違えば、常識や価値観も違って当然。上の世代が「そんなこともできないのか!」と驚くことがあっても、若い世代からすれば、できるできない以前に「そもそも知らない」ということだって多々あるのです。「世代が違う部下」に悩むのはどの業界も同じ。ここでは現役歯科医の筆者が実践するマネジメントテクニックを紹介します。※本連載は、大澤優子氏の著書『歯科衛生士のトリセツ』(かざひの文庫)から一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

LINE世代は「会話を広げる」ということが苦手

仕事中、若いスタッフとやりとりをしていると、必要な情報にたどり着くまでに何度も会話のラリーをしなければいけなくて疲れる…。

 

そんな経験はないでしょうか。彼女たちが情報をまとめられず、短文で何度もやりとりをしなければならないのは、LINEでのやりとりにばかり慣れているのが原因のような気がします。

 

「会話を広げる」ということが苦手で、ひとつ投げかけたことに対してひとつ返すのが精一杯なのです。

 

面接時に、仕事とは関係ない話(趣味や時事ネタなど)を振ってみて、会話を膨らませられるようであれば患者さんとのやり取りにも幅が出て、人気の歯科衛生士に成長します。

患者のニーズを把握するため「聞き取りリスト」を作成

かつて、当院のスタッフも問診表の聞きとりでさえ、5W1Hを満たせないことがありました。彼女たちに任せていると、どういった症状を抱えて来院されたのかがわからないのです。

 

そのため、今では下記のようなリストを作って、聞き取り時に活用しています。

 

①いつから

②どこが

③どうした

④現在の痛みの有無

⑤その他

 

これで、必要な情報を漏らさずに問診表を作ることができるようになりました。

 

怒ったり呆れたりするよりも、彼女たちは何が苦手で、どうすれば改善できるかを考えて形にするよう、こちらも思考を切り替えましょう。

「9時から開始です」と伝えたら?時間感覚という盲点

時間に対する感覚も、若いスタッフとはズレが生じるもののひとつです。例えば診療が9時開始の場合。9時に患者さんを診療室に呼び入れるのか、9時に治療が開始できるように準備を終わらせておくのか。

 

私が勤務医の頃は、9時開始といえば、9時には院長が仕事を開始できるように準備しておくのが当たり前でした。しかし、今の若い人たちの仕事に関する時間感覚はどうやら違うようで、「9時開始」と伝えると、「9時になってから患者さんを待合室に呼びに行く」というイメージです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

細かいことですが、どちらかに統一しておかなければ、歯科医師側はまだかまだかとイライラし、スタッフ側はまだまだ大丈夫と呑気に構えている、などということになります。

低いキャンセル率…院内が「時間厳守」になった成果

院内にはいくつか時計があると思いますが、それらの時刻のズレが大きい歯科医院ほど時間にルーズで、予約制なのに全く時間が守られていないといったことがよくあるようです。

 

予約は患者さんとの約束です。約束を守る。基本的かつ初歩的なことですが、案外できていないものです。

 

まずは、歯科医師とスタッフの間で時間の感覚をすり合わせ、「時間厳守しなければならない」という空気を作りましょう。

 

ちなみに、当院では患者さんを15分お待たせしたら歯ブラシを1本差し上げることに決めています。

 

こちらが約束を守ると、相手も守ってくれます。お陰様で、今のところキャンセル率は2パーセント以下。「5分遅れます」とわざわざ電話をしてくれる患者さんもいらっしゃいます。

 

 

大澤 優子

株式会社ケロル代表取締役、歯科医師

 

 

【5月開催のセミナー】

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

【5/16開催】<家族信託×都心不動産投資>で実現する最新相続対策

 

【5/21開催】元国税調査官の税理士が教える最新相続対策

 

【5/23開催】土地活用賃貸経営で「持ち余し物件」収益化計画

 

【5/25開催】相続トラブルに備える「不動産・生前整理」のススメ

 

【5/29開催】国も認めた「レスキューホテル」社会貢献で利回り8~9%

 

※ 【5/30開催】社会貢献×安定収益「児童発達支援事業」の魅力

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社ケロル 代表取締役
歯科医師 

八戸市出身。岩手医科大学歯学部卒業後10年の勤務医生活を経験し、その後大澤歯科医院副院長となり現在に至る。

医院とスタッフのマネジメント、子育てで悩んでいた40代で個性心理學と出会い、個性心理學認定講師として一部上場企業、歯科デーラー、小児科医院などでの講演を多数行っている。

青森市大澤歯科医院「ママさん歯科医師Dr. YUKO」のブログで女性歯科医師としての目線で、日々の診療、働く女性として、子育てのことなどを発信中。

●青森市大澤歯科医院「ママさん歯科医師Dr. YUKO」のブログ:https://ameblo.jp/dr-yuko0610/

著者紹介

連載現役歯科医師が解説!スタッフを辞めさせないマネジメント

歯科衛生士のトリセツ 女性歯科医師だからわかる歯科マネジメント

歯科衛生士のトリセツ 女性歯科医師だからわかる歯科マネジメント

大澤 優子

かざひの文庫

スタッフを辞めさせないテクニック満載! 歯科衛生士も歯科助手も、その多くが女性。歯科医院を上手に回していくには、女性を理解することが必須です。 「今どきの歯科衛生士との付き合い方とは?」 「やる気を出させる…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧