「2ヵ月後の孫の結婚式に出席したい」食道がん患者の闘病生活

麻酔科医から在宅医へと転身した矢野博文氏は書籍『生きること 終うこと 寄り添うこと』のなかで、「最期までわが家で過ごしたい」という患者の願いを叶えるために、医師や家族ができることは何か解説しています。

【無料】メルマガ登録こちら

間質性肺炎で通院中、食道がんが見つかった田中さん

間質性肺炎で病院に通っていた田中さんの胸部エックス線写真に腫瘤陰影が見つかったのは、ある年の夏でした。精査の結果、原発巣は食道がんで、それが肺に転移したものと診断されました。

 

しかし手術や化学療法の適応はなく、約一ヵ月間の放射線治療の後に退院しました。その後は小康状態でしたが、翌年の一月に食欲不振と嘔吐が出現して、再び病院を受診しました。

 

検査の結果、食道がんが大きくなり食道の内腔が狭くなっていることが判明しました。もうすでに固形物はその狭窄部を通過できず、田中さんは流動食しか食べられませんでした。

 

さらに三月には全身の倦怠感が増強し、呼吸苦も出現し、再検査を行いました。そして肺転移によると考えられる両側の胸水が認められました。しだいに通院もままならなくなり、三月初旬に当院の訪問診療が開始されました。

お孫さんの結婚式は二ヵ月後…田中さんが出席するには

著者が勤務するクリニックの朝は、自宅療養にかかわる多くの職種が全員参加するモーニングカンファレンスで始まります。医師、看護師、リハビリテーション職員(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、薬剤師、ケアマネジャー、ヘルパー、管理栄養士、鍼灸マッサージ師、医療ソーシャルワーカー、事務員、などが一堂に会します。

 

田中さんもこのカンファレンスで全員に紹介されました。職員それぞれが自分の職種として何かできることはないか……と聞き入っています。ひととおり田中さんの病歴が紹介され、家族の話題に移りました。

 

そして約二ヵ月後の五月初旬に、お孫さんの結婚式があることが告げられました。当然田中さんも出席したいはず……。しかし、あと二ヵ月もある……。その場には重い空気が流れていました。

 

二日後に結婚式があるというのであれば、職員全員がそのサポートの具体策を考えはじめたでしょうが、二ヵ月という時間は田中さんにとっては高いハードルであるように思われました。

 

\ 注目セミナー/

第1期、第2期完売の三軒茶屋・人気不動産小口化商品「第3期販売」解禁 5/14(金)開催

たんぽぽクリニック 医師

1957年7月徳島市生まれ。1982年川崎医科大学を卒業。以後病院で麻酔科医として勤務。

2005年3月よりたんぽぽクリニックで在宅医療に取り組む。休日は釣りなどをして海で過ごすことが多い。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『生きること 終うこと 寄り添うこと』より一部を抜粋したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

デキる社会人になる子育て術 元ソニー開発マネージャが教える社会へ踏み出す力の伸ばし方

デキる社会人になる子育て術 元ソニー開発マネージャが教える社会へ踏み出す力の伸ばし方

鬼木 一直

幻冬舎メディアコンサルティング

親の小さな心がけで、子どもの未来は大きく変わる!前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力が身に付き子どもの可能性を最高に伸ばす家庭教育メソッド。すぐに役立つ、子どもがすくすく育つ、企業のマネジメントと教育現場…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧