やかましい「きもの警察」も撃沈…アンティークきものブーム

衰退するきもの業界で勝負を賭け、東日本大震災で甚大な被害を被りながらも、大ヒット商品となった「防水機能のある和装肌着」を開発・ビジネスを再起させた筆者が、日々の試行錯誤から生み出した「ヒットの法則」を紹介します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

ヒット商品は「業界の常識」を否定から生まれる

ここでご紹介する、ヒット商品を生み出す方法は、筆者が身を置くきもの業界以外の衰退産業にも共通するスキームであると確信しています。筆者と同じように悪戦苦闘している同志である経営者の皆さんにも、ぜひお伝えしたいと思います。

 

【ヒットの法則】

異業界の商品開発・販売方法から、自社商品に置き換え可能なアイデアを探し出す

 

言い換えると「業界初のヒントは業界外にある」ということです。皆さんの業界にも、昔から続いてきた仕事の進め方やビジネス上の常識、しきたりなどがあると思います。これらは、イノベーションを起こすうえで百害あって一利なしの存在だと思うのです。

 

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOも、業界の「当たり前」に固執せず成功した企業の一つです。

 

同社が衣料品通販事業を始めた当時、「インターネットで服は売れない」というのが常識でした。ネット通販では試着ができないため、届いた商品を着てみると、サイズが合わなかったりイメージと違ったりするケースが起こりがちだったからです。

 

ところがZOZOTOWNでは、他社に先がけて返品サービスを導入してユーザーの不安を払拭することに成功しました。また、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」などを活用したりすることで、試着できない弱点を補ったのです。その結果、同社は年間売上高が1000億円を超える大企業に成長しています。

 

私が防水機能のある和装肌着を開発できたのも、業界の「当たり前」に固執しなかったからです。なぜそれができたかといえば、それは、私に「固定観念」が少なかったからかもしれません。

 

肌着商品の製造に乗り出した当時、私はものづくりの素人でした。知識や経験はまったくなく、関係性が深い工場やメーカーも皆無でした。それだけに、余計な先入観にとらわれず、「こんな商品があったらいいなあ」という素直な発想で商品開発に取り組めたのです。

 

伝統産業・衰退業界ほど、イノベーションを阻む古くさい常識がはびこっているものです。また、そうした業界で長く経験を積み、多くの成功体験を得てきた人ほど、先入観に縛られて自由な発想ができない傾向があるはずです。そして、「時代や生活様式が変わったのだから仕方ない、どんなに努力してもヒット商品などつくれない」と諦めてしまうのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

有限会社たかはし 代表
和装肌着製造メーカー「たかはしきもの工房」 代表
きものナビゲーター

宮城県気仙沼市で京染悉皆屋を営みつつ、2005年にオリジナル和装肌着「満点スリップ」を開発・販売。現在メーカーとして、80以上のオリジナルアイテムを生み出し、全国のきものファンから支持を得ている。一般社団法人きものの未来協議会を仲間と立ち上げ、イベントや、専門店のためのきもの塾の開催など、きものナビゲーターとして活動を広げている。

著書に『大人気の悉皆屋さんが教える! 着物まわりのお手入れ』(河出書房新社刊)、『人気の悉皆屋女将に教わる初めてのリサイクル着物選び方&お手入れお直し』(世界文化社刊)、『手ほどき七緒 「たかはしきもの工房」髙橋和江さんの十人十色の「補整」術』(プレジデント社刊)、『きものの不安をスッキリ解決! きものの「しきたり」がわかれば、「日常」でも自由に楽しめる』(河出書房新社刊)がある。

著者紹介

連載赤字経営から脱却…衰退産業でヒット商品を生み出す「法則」

衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

衰退産業でヒット商品を生み出す4つの法則

髙橋 和江

幻冬舎MC

旧態依然としたきもの業界で、赤字経営から脱却。年10%以上のペースで売り上げを伸ばしてきた社長が解説。 古い業界だからこそ風穴は開けられる! 市場縮小が進む業界の状況を打破し、東日本大震災に見舞われながらも、ひ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧