「人気の街」として紹介されるが…「勝どきタワマン」の恐い噂

中央区晴海に建てられたオリンピック選手村の跡地にできるマンション地区「HARUMI FLAG(晴海フラッグ)」。オリンピックの延期に伴い、引き渡しが延期になっていることで知った人もいるだろう。この晴海フラッグ、超高層のタワーマンション(タワマン)の建設も2棟予定されている。最寄駅の「勝どき」までは徒歩約20分だ。連結バスBRTが運行するようだが、果たして……。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

東京都中央区「勝どき」駅周辺のタワーマンション群

晴海フラッグの最寄駅となる大江戸線「勝どき」駅は、「住みたい街ランキング」で急上昇している。隣駅の「月島」とともにタワーマンションの多い地域だ。

 

駅直結の『勝どきビュータワー』、日本最大規模のツインタワー『THE TOKYO TOWERS』が有名だが、この数年でこれまたツインタワーの『DEUX TOURS』、THE TOKYO TOWERSの対面に『ザ・タワー』が完成した。勝どき駅もそれに伴うように、混雑防止のため、昨年、新設ホーム、新コンコース、新出入り口が使用開始となった。駅の混雑状況はどうなのだろうか。

 

「『DEUX TOURS』、『ザ・タワー』と完成するにあたって、毎回、“朝、満員電車になったら嫌だな”と心配していましたが、これまで特に変化はありませんでした。晴海フラッグができてもBRTが走るみたいだし、大丈夫じゃないですかね。だいたい、最寄駅が勝どき駅と言っても、晴海と勝どきは地域として違うんですよ。勝どき駅まで徒歩20分でしょう。勝どき駅から20分歩いたら築地こえて銀座こえて有楽町に着きますから」(勝どき住民)

 

ホームが新設されたとはいえ、そこまで大きな駅ではない勝どき。晴海フラッグの総計画戸数は5,632戸とされているが、本当に大丈夫なのだろうか。タワーマンション乱立による駅の大混雑というと「武蔵小杉」が思い出される。新型コロナウイルス対策でリモートワークが推奨されている現在、国土交通省のサイトを参考にすると、混雑率は緩和されているようだが、アフターコロナではどうなるか。

 

「晴海と勝どきは違う」と言うが…? (画像はイメージです/PIXTA)
「晴海と勝どきは違う」と言うが…?
(画像はイメージです/PIXTA)

先が見えず、計画が立てられない

「電車混雑の心配は、『DEUX TOURS』、『ザ・タワー』の完成のときもありましたが、オリンピック開催が次の悩みの種でした。大江戸線は『国立競技場前』に繋がるので。間に『六本木』もありますし。しかし、新型コロナウイルスの影響で延期になり、海外の観客も来ないということで、少しは安心しました。その後はどうなるんですかね? コロナと言っても、緊急事態宣言のときはさすがに空いていましたが、現状はコロナ前とそんなに変わらないですよ」(勝どき住民)

 

勝どき駅の混雑状況は、以下の3点から予測不能な側面が強い。

 

①晴海フラッグが、どのくらい売れるのか。

 

②晴海フラッグ住民で通勤・通学をする人のうち、何割がBRTを使用するのか。

 

③新型コロナウイルスの影響はどれくらい先まで続くのか。リモートワークはアフターコロナでも標準化されるのか。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧