保険会社「70歳で貯蓄が底をつきますよ」の助言を信じたら

将来の収支を試算するために保険会社がよく実施する「ライフプランシミュレーション」。その結果を基に「今のままだと何歳で貯蓄が底をつくので、今のうちに保険に入りましょう」というセールストークを聞いたことがある人は多いと思います。しかしそのシミュレーションには、ある大切な要素が欠落しています。今回は、ライフプランを考える上でのポイントを解説します。※本連載は、大江英樹氏の著書『資産寿命 人生100年時代のお金の「長寿術」』(朝日新聞出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「ライフプランシミュレーション」が活用される場面

資産寿命を延ばすために大事なことが収支、なかでも支出管理が大事という話になると、いつも話題に出てくるのは「ライフプランシミュレーション」です。昔、保険会社の営業レディが職場に出入りしていた頃は、あちこちでこのライフプランシミュレーションシートが配られていました。

 

オフィスでの保険の営業(※写真はイメージです/PIXTA)
オフィスでの保険の営業(※写真はイメージです/PIXTA)

 

年収や年齢、家族構成などを記入させられて、営業員が持って帰り、やがて結果を見せてもらうと、「あなたはこのままいくと70歳で貯蓄が底をついてしまいます。だから今のうちに保険に入りましょう」といったセールストークで加入させられるという光景が繰り広げられてきました。

 

これは保険会社だけではなく、他の金融機関でも似たようなことが行なわれていました。

 

さすがに最近は、職場に営業員が入り込んでくることも無くなりましたので、こんな光景は見なくなりました。それにこういうシミュレーションは今ではネットで簡単にできるようになってきましたので、これを営業ツールに使うということは少なくなってきています。

 

それでも金融機関の営業員と対面で話をしたり、ファイナンシャルプランナー(FP)に相談をすると、相変わらずライフプランシミュレーションを使って説明を受け、その結果にしたがって、金融資産を入れ替えたり、追加購入したりするケースはあるようです。

ライフプランで大事なのは「自分の頭で考えること」

筆者はこのようなライフプランシミュレーションとかキャッシュフローシミュレーションは、不要だとは思いませんが、さりとてぜひとも必要だとも思いません。

 

将来の収支について考えることは大事ですが、アプリとかソフトで入力して結果のみがアウトプットされるような仕組みは、実はあまり役に立ちません。なぜなら、先のことは誰もわからないからです。今の時点で予測してみても将来、状況はいくらでも変わってきます。

 

今後の収支を考える上で大事なことは予測ではなく、Projection(投影)なのです。予測はあくまでも不確実なものに過ぎません。今の時点で将来の予測を立ててそれを絶対視しては間違いかねません。

 

大事なのは、今の状況が今後10年、20年続いたとして、それが健全な収支になるかどうかを検証すること、すなわち現在の状況を未来に投影することです。だからプロジェクション(投影)なのです。さらに言えば、その状況が変化していないかを定期的に見直すことが重要なことです。

 

ライフプランを考える上で何よりも大事なことは「自分の(自分たちの)頭で考えること」です。そして状況の変化に応じて再び考え直すことも大切です。

 

シミュレーションのアプリやソフトに入力すれば終わり、というものではありません。もし収支について考えるのであれば、そんなソフトを使うよりもむしろエクセルに手入力でも、ノートに手書きでも良いので、自分で考えてやってみることから始めるべきです。

 

金融機関の営業員やFPが作成したライフプランシミュレーションを頭から信用するのは危険ですからやめるべきです。

 

\ 注目セミナー/

その不動産、争族の元凶です!「不動産・生前整理」のススメ 5/25(火)開催

株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役 

経済コラムニスト。専門分野はシニア層のライフプランニング、資産運用及び確定拠出年金、行動経済学等。大手証券会社を退職し、2012年にサラリーマンの老後支援を目的に(株)オフィス・リベルタスを設立。書籍やコラム執筆のかたわら、資産運用、年金、シニアライフプラン等のテーマで全国で年間140回を超える講演をおこなっている。主著に、『定年男子 定年女子』(共著、日経BP)、『経済とおかねの超基本1年生』(東洋経済新報社)、『定年前』(朝日新書)、『資産寿命』(朝日新書)などがある。

著者紹介

連載人生100年時代の「お金の長寿術」

資産寿命 人生100年時代の「お金の長寿術」

資産寿命 人生100年時代の「お金の長寿術」

大江 英樹

朝日新聞出版

もし、寿命より先にお金が底をついたら―?貯金は無い、年金は少ない、運用もわからない…そんな、“ないない尽くしの老後”が不安な人も多いことだろう。でも心配ご無用!お金はやり方次第で長生きさせられる。資産を長寿化さ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧