「見栄を張った無意味な出費」が招く「老後破産」を防ぐには?

日本人の平均寿命は延び、「人生100年時代」と言われています。しかし、これまで築き上げた資産がなくなるまでの期間、すなわち「資産寿命」が短いと、自分のやりたいことができません。それだけでなく、見栄を張った予算オーバーの支出が多いと、老後破産に陥りかねません。そこで今回は、「老後の支出」を抑えるコツについて解説します。※本連載は、大江英樹氏の著書『資産寿命 人生100年時代のお金の「長寿術」』(朝日新聞出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「家のリフォーム費用」が予算オーバーしがちなワケ

支出を考える上で、日常生活費とは別に考えておかねばならないのが「自己実現費」と「一時出費」と呼ばれるものです。日常生活費は原則として公的年金の受給の範囲内に収めるべきです。しかし、この「自己実現費」と「一時出費」はなかなかその範囲内に収めるのが厄介なしろものです。そもそもこれは一体どういう内容のものなのでしょうか?

 

「自己実現費」というと大げさに聞こえますが、要は人生を楽しむためのもので、趣味や旅行、外食といった楽しいものに使うお金のことです。

 

一方、「一時出費」とは日常生活では発生しないが、ケースによって起こり得ること、具体的に言えば、家のリフォームや子どもへの結婚資金援助、自動車の買い替えといった、比較的まとまった出費が発生するものです。

 

これらについて注意しないといけないのは、ズバリ「歯止めが利かなくなること」です。まず自己実現費ですが、これはそもそも楽しいことをするための出費ですから、お金が出て行く痛み以上にそれを上回る楽しみを感じるため、ついつい使ってしまいがちになるのです。

 

趣味でお金を使い過ぎて生活が破綻するということはまずないでしょうが、それでも確実に資産寿命は縮まることになります。

 

一方、一時出費にも様々なものがありますが、恐らく最も金額が大きいのは家のリフォームでしょう。

 

住んでいる家が古くなって修繕する必要があることに加え、家族構成が変わったり、将来に備えてバリアフリー化したりと、定年後にリフォームを行なう人は多くいます。ところがリフォームは、予算をオーバーするということがよく起こります。

 

通常、リフォームは予算を立て、どこまでやるのかを決めてから行なうのですが、厄介なことに家の中できれいになったところと前のままのところがあると、リフォームしていないところや前から置いてあった家具は何となくみすぼらしく見えてしまいます。そこで「ついでだから」と予定にない箇所のリフォームや家具の買い替えで予算をオーバーしてしまうことが起こりがちなのです。

 

これは心理学でディドロ効果と言われるもので、新しいモノをひとつ取り入れると、他も新しいモノに統一させたいと感じる心理作用のことです。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役 

経済コラムニスト。専門分野はシニア層のライフプランニング、資産運用及び確定拠出年金、行動経済学等。大手証券会社を退職し、2012年にサラリーマンの老後支援を目的に(株)オフィス・リベルタスを設立。書籍やコラム執筆のかたわら、資産運用、年金、シニアライフプラン等のテーマで全国で年間140回を超える講演を行っている。CFP、1級ファイナンシャルプランニング技能士。主著に、『定年男子 定年女子』(共著、日経BP)、『経済とおかねの超基本1年生』(東洋経済新報社)、『定年前』(朝日新書)、『資産寿命』(朝日新書)、『定年前、しなくていい5つのこと「定年の常識」にダマされるな!』(光文社)など多数ある。

著者紹介

連載人生100年時代の「お金の長寿術」

資産寿命 人生100年時代の「お金の長寿術」

資産寿命 人生100年時代の「お金の長寿術」

大江 英樹

朝日新聞出版

もし、寿命より先にお金が底をついたら―?貯金は無い、年金は少ない、運用もわからない…そんな、“ないない尽くしの老後”が不安な人も多いことだろう。でも心配ご無用!お金はやり方次第で長生きさせられる。資産を長寿化さ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!