年金だけでは足りません…金融機関の「不安煽り型商法」の落穴

日本人の平均寿命が延びているなか、これまで築き上げた資産がなくなるまでの期間、すなわち「資産寿命」が短いと、自分のやりたいことができません。今回は、金融機関の将来不安を煽るようなセールストークを信じて、安易に投資を始めてはいけない理由について解説します。※本連載は、大江英樹氏の著書『資産寿命 人生100年時代のお金の「長寿術」』(朝日新聞出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「投資をすればお金が増える」と安易に考えるのは誤り

(※写真はイメージです/PIXTA)
株式投資スクールで学ぶことも大切だが…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

世の中では「公的年金だけでは不安だから退職金を資産運用で増やして老後に備えよう」ということがまことしやかに言われています。特に金融機関は盛んにこういうことを言います。

 

しかしながら、これはあきらかに「不安煽り型商法」です。実際、「2000万円問題」が話題になって以降、金融機関での口座開設が増加したり、株式投資スクールのようなところに申込者が急増したりしていることからも「投資で資産を増やそう」という主張は、老後不安を持つ多くの人に対してはかなり効果があると言って良いでしょう。

 

筆者は金融機関がそういうセールストークで投資を勧めてくること自体が別に悪いことだとは思っていません。なぜなら彼らも商売ですから、株や投資信託などの金融商品にたくさん投資してもらうことで、自社の収益を最大化しようとするのは当然だからです。そうでないと株主から文句を言われることになります。

 

でもいくら金融機関が勧めてこようが、それを判断するのは顧客です。自分にとって投資が必要かどうかを判断し、必要ならすれば良いし、不要であればしなければ良いだけです。

 

大事なのは①何のために投資をするのか? ②投資の本質とは一体何なのか? そして③必要なら投資は具体的にどうすればいいのか? を自分で考えることです。

 

これは言うまでもないことですが、投資の結果は不確実なものです。先の見えない不確実なものに自分のお金を委ねるのであれば、それなりの準備や覚悟も必要です。投資は魔法の杖ではありませんから、投資さえすればお金が増えると考えるのは間違いです。

 

したがって、資産寿命を延ばすための手段としては、①できるだけ長く働いて収入を得るようにする、②収支をしっかり管理する、③年金などの社会保険制度を正しく理解して利用する、という3つが基本なのです。

 

それに加えて、自分である程度のリスクを取れる覚悟があるのなら、初めてそこで投資や資産運用を考えればいいのです。順序を間違えてはいけません。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

株式会社オフィス・リベルタス 代表取締役 

経済コラムニスト。専門分野はシニア層のライフプランニング、資産運用及び確定拠出年金、行動経済学等。大手証券会社を退職し、2012年にサラリーマンの老後支援を目的に(株)オフィス・リベルタスを設立。書籍やコラム執筆のかたわら、資産運用、年金、シニアライフプラン等のテーマで全国で年間140回を超える講演をおこなっている。主著に、『定年男子 定年女子』(共著、日経BP)、『経済とおかねの超基本1年生』(東洋経済新報社)、『定年前』(朝日新書)、『資産寿命』(朝日新書)などがある。

著者紹介

連載人生100年時代の「お金の長寿術」

資産寿命 人生100年時代の「お金の長寿術」

資産寿命 人生100年時代の「お金の長寿術」

大江 英樹

朝日新聞出版

もし、寿命より先にお金が底をついたら―?貯金は無い、年金は少ない、運用もわからない…そんな、“ないない尽くしの老後”が不安な人も多いことだろう。でも心配ご無用!お金はやり方次第で長生きさせられる。資産を長寿化さ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧