年収1000万円を超える、超えないの壁…まず「知っている」か

今後は成果がより重視され、給与が下がることが当たり前になるかもしれません。年収アップを望むのであれば、自分の強みはもちろん、弱みや課題も客観的に認識し、それを克服していくことが重要です。ここでは人事のプロが、昇給の近道として各クラス(等級や職位)の「年収基準」と、求められる評価基準=コンピテンシー(成果につながる行動)を公開します。※本連載は、西尾太氏の著書『アフターコロナの年収基準』(アルファポリス)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

 

※ここで紹介する年収基準額は、フルタイムで働いていることを想定しています。業種・企業規模・職種・地域により異なりますので、あくまで「目安」と考えてください。

 

また、各項目に記述されていることをほぼすべてできていることが、基本的にはその「年収を確保する条件」と考えて下さい。ただし、求められていることを理解・把握したうえで、まだできていないことを認識し、それを実行していくことにより、年収を確保することも可能です。

 

※「成果による加算」については、成果を上げたときに賞与で加算されることを想定した金額です。賞与の制度は会社によって大きく異なりますので、こちらについてもあくまで目安であり、想定年収の幅と考えていただいて構いません。

ほとんどの人は辿り着けない「部長クラス」

<部長クラス>

年収基準=700~950万(成果による加算=150~250万)

 

■求められる仕事のレベル

結果がわからない分野においても責任を負い、複数のチームをまとめ、率いて組織結果を出すことです。3年程度の部門の戦略を立案し、示す。人材の育成と発掘の責任を負う。変革と新たな価値創造を指向し、実績を出すことが求められます。

 

■身につけておきたいビジネスの基本知識・スキル

会社のビジョン・ミッションを踏まえた自身が関連する部門の戦略を立案し、示す。そのために広範な視野を持ち、関連分野の知識を有する。社内外の動向を掴み、実現可能で価値ある戦略を示す。

 

■年収アップのポイント

経営戦略・事業戦略・組織戦略・人事戦略・財務戦略に関する知識と活用。経済の動向、関連する業界の動向に関する知識と情報の獲得が必要とされます。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

フォー・ノーツ株式会社 代表取締役社長 人事コンサルタント
「人事の学校」「人事プロデューサークラブ」主宰

1965年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。いすゞ自動車労務部門、リクルート人材総合サービス部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)にて人事部長、クリエイターエージェンシー業務を行なうクリーク・アンド・リバー社にて人事・総務部長を歴任。これまで1万人超の採用、昇進面接、管理職研修、階層別研修を行なう。

パーソナリティとキャリア形成を可視化する適性検査「B-CAV test」を開発し、統計学に基づいた科学的なフィードバック体制を確立する。中でも「年収の多寡は影響力に比例する」という持論は好評を博している。

著書に『人事担当者が知っておきたい、10の基礎知識。8つの心構え。』(労務行政)、『人事の超プロが明かす評価基準』(三笠書房)、『働き方が変わる、会社が変わる、人事ポリシー』(方丈社)、『プロの人事力』(労務行政)、『アフターコロナの年収基準』(アルファポリス)、『超ジョブ型人事革命』(日経BP)などがある。

著者紹介

連載人事の超プロが大公開!アフターコロナの年収基準

人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準

人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準

西尾 太

アルファポリス

自分の価値を正しく知り「年収アップ」の道を切り拓け! 働き方が大きく変わる中で、「評価」の基準もまた大きく変わろうとしている。「頑張っている」はもはや無意味。「成果」こそが揺るぎない価値となる。 これからの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧