年収1000万円超の人事が語る「年収が超上がる転職」の裏道

これからの時代、年収を上げるにはどうすればよいのでしょうか。1つにはまず、今の勤務先で昇給に足る評価を得ることがあげられます。しかし終身雇用制度が崩れつつあるいまでは、年収アップのために「転職」を選ぶ人も多いでしょう。しかし人事コンサルタントである筆者は「収入アップを目的とした転職はほぼ必ず失敗する」と指摘します。転職を成功させて安定した高収入を得るには、どうすればよいのでしょうか。※本連載は、西尾太氏の著書『アフターコロナの年収基準』(アルファポリス)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「年収アップのための転職」が失敗して当然な理由

キャリアアップの方法は、今いる会社で昇進することだけではありません。「年収基準」と比較して自身の年収が低すぎる場合は、転職するのもひとつの方法です。

 

ただし、転職サイトの求人広告によくある「転職で年収アップ」といったフレーズに惹(ひ)かれて転職するのはすすめられません。

 

私はこれまで25年以上、人事の仕事にたずさわってきましたが、「年収アップを目的とした転職に成功した人」をほとんど見たことがありません。年収アップを目的としている転職希望者の採用を避けるのは、実は人事の世界の常識にもなっています。

 

なぜなら企業側と転職希望者のニーズが100%マッチすることはまずありません。前職で得たスキルや経験が、転職先では活かせないケースが多々あります。転職先の会社が求めるニーズと転職希望者が求める方向性が大きくズレていて、長く続かない事例は本当に多く、企業側も前職以上の給与を払うことはかなりリスクが高いです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

成功するのは「本当にやりたいこと」を最優先した転職

では、転職を成功させるには、どうしたらよいのでしょうか?

 

それは、年収ではなく、「自分が本当にやりたいこと」を優先することです。年収を下げてでも自分がやりたいことをするのが、実は転職を成功させる最善の方法なのです。

 

「あなたの希望年収は800万ということですが、当社では600万になります」

 

面接でこのようにいわれたときに、「それでもやりたい」という人が転職に成功し、一時的には収入が下がっても、結果的には年収が上がっています。

 

「お金」だけが目的の転職は、まず成功しません。それどころか「年収」を目的化すると道を誤ります。これは私自身の実体験でもあります。

「年収が300万円も下がる転職先」を選んだ結果…

私が新卒で入った会社は年収が低く、当時結婚を考えていた現在の奥さんの年収のほうが高いくらいでした。これはまずいと考えた私は、結婚を機に年収の高い会社に転職しました。目的の第一は「お金」です。

 

たしかに年収は上がりました。月収は30万円くらいでしたが、営業職でインセンティブなどがあり、年収としては900万以上になるときもありました。

 

でも、本当につらい7年間でした。生活のためだけに仕事をしていたと言ってもよく、家族を逆恨みしたくなるようなときさえありました。

 

そんな状態に危機感を覚え、私はまた転職しました。その会社で私の年収は600万程度に下がりましたが、不思議と気持ちが楽になりました。

 

転職活動中に面接を受けた会社では、500万といわれたこともあります。そのときに思ったのです。「これくらいが自分の本当の実力なんだな」と。

 

私は前職で900万の年収をもらっていても、なぜか嬉しくありませんでした。私の営業スキルからすると釣り合わない年収だと自覚していたこともあり、むしろ不安のほうが大きかったのです。

 

転職して年収が下がり、ようやく自分の市場価値を正しく認識できた気がしました。

 

転職先の人事の仕事にやりがいを感じた私は、上司が厳しい人だったこともあって、事業戦略、組織戦略、人事戦略など、高度な勉強にも取り組むようになりました。そして人事部長となり、最終的に年収は1000万を超えました。

 

お金を目的にしなかったことで、結果的に転職が成功し、年収も上がったのです。こうした事例は私だけではありません。

「本当にやりたいこと」こそ年収アップの最短ルート

逆説的なようですが、転職に限らず、年収アップを実現するために重要なのは、年収アップを目的にしないことです。

 

それよりも「自分は何がしたいのか」をよく考えてみましょう。

 

自分がやりたいことをやって年収も上がる。もちろんこれがいちばん理想的ですが、残念ながら人生そんなに簡単にうまくはいきません。

 

やりたくないことをやって年収も下がる。逆にこれがいちばん避けたい状態です。

 

では、やりたくないことをやって年収を上げるか、年収が下がってでもやりたいことをやるか。これは人によって考えが異なるでしょう。

 

私は、たとえ年収が下がっても「自分がやりたいこと」を実現するのが、遠回りのように見えて、実は年収アップの最短ルートなのではないかと確信しています。

 

それは、仕事が楽しくなるからです。かつての私がそうだったように「やりたくないこと」「嫌なこと」は長続きしません。たとえ一時的には年収が上がっても、継続的にそれを得ていくことは難しいでしょう。

「楽な仕事=やりたくない仕事」。成長できなくて当然

私は師である小田全宏(おだぜんこう)先生からこんな話を聞いたことがあります。

 

「『楽』と『楽しい』は、正反対なんですよ」

 

「楽」と「楽しい」は、同じ「楽」という漢字で表しますが、その意味するところは真逆だというのです。

 

「楽」とは、苦労しないで簡単に何かを手に入れたい。努力をせずに何かを得たい。要は、かける時間を短くしたい=「できるだけやりたくないこと」。

 

一方、「楽しい」は、手に入れるのは時間がかかるけれど、「ずっとやっていたいと思うこと」。没頭して何時間でも、やり続けていたいと思うこと。

 

その通りだと思いました。私はゴルフが好きで毎月のようにゴルフをしていますが、よいスコアを出すのは「楽」ではありません。必死に練習しても、なかなか思うように上手になりません。でも「楽しい」です。何時間やっていても飽きません。

 

楽しいからこそ、練習も一生懸命して、少しずつでも上達しています。

 

仕事も一緒です。私が「楽しい」と感じるのは、苦労して頑張った仕事をやり遂げたときです。「楽」な仕事は簡単にできますが、「楽しく」はありません。

 

たとえばマラソンや登山もそうでしょう。42.195キロを走ることや険しい山を登るのは絶対に「楽」ではないはずですが、だからこそ達成感が大きく、それが「楽しい」からこそ、多くの人が挑戦するのだと思います。

 

「年収基準」で必要とされるスキルをすべて習得するのも、決して「楽」ではありません。しかし「自分が本当にやりたいこと」であれば、自身の能力を伸ばすことも、必要な知識を得ることも「楽しく」感じられるはずです。

 

仕事に対して高いモチベーションを維持し続けるためには、「楽しい」が絶対に必要になります。それが成果につながれば、必然的に評価され、給与も上がり、人間関係もよくなります。

 

すると、ますます仕事が楽しくなってきて、より高いモチベーションを持つことができるのです。

 

こうした好循環をつくることが、結果的に年収アップの道につながることを、ぜひとも覚えておいてください。

 

 

西尾 太

人事コンサルタント

 

 

【8月開催のセミナー】

※ 【8/7開催】投資すべき国No.1「フィリピン」日本人向け永住ビザ最新情報

 

※ 【8/7開催】ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」の根拠

 

※ 【8/7開催】今世紀最大のチャンス「エジプト・新首都」不動産投資

 

※ 【8/8開催】実例にみる「高齢者・シニア向け賃貸住宅」成功のヒント

 

※ 【8/11開催】補助金「10割」!社会貢献と安定収益を両立「児童発達支援事業」

 

※ 【8/17開催】賃貸物件による「超減価償却節税商品」活用術

 

※ 【8/18開催】1事業所売上3,000万円強、利益1,000万円「児童発達支援事業」

 

※ 【8/20開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える、相続対策のノウハウ

 

※ 【8/21開催】今が変更前のラストチャンス!ポルトガル「ゴールデンビザ」

 

※ 【8/21開催】利回り20%/売却益2千万円を狙う「中古1棟アパート投資」

 

※ 【8/22開催】成長続ける教育「ECCの個別指導塾」ベストワンという選択

 

※ 【8/22開催】快適住空間と安定収益「賃貸併用住宅」ゆとり暮らし実現化計画

 

※ 【8/25開催】中小企業経営者必見!会社法を駆使した「株価対策」

 

※ 【8/28開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ

 

※ 【8/28開催】利回り20%以上の投資能力が身に付く「ダイヤモンド空き家投資」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

フォー・ノーツ株式会社 代表取締役社長 人事コンサルタント
「人事の学校」「人事プロデューサークラブ」主宰

1965年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。いすゞ自動車労務部門、リクルート人材総合サービス部門を経て、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)にて人事部長、クリエイターエージェンシー業務を行なうクリーク・アンド・リバー社にて人事・総務部長を歴任。これまで1万人超の採用、昇進面接、管理職研修、階層別研修を行なう。

パーソナリティとキャリア形成を可視化する適性検査「B-CAV test」を開発し、統計学に基づいた科学的なフィードバック体制を確立する。中でも「年収の多寡は影響力に比例する」という持論は好評を博している。

著書に『人事担当者が知っておきたい、10の基礎知識。8つの心構え。』(労務行政)、『人事の超プロが明かす評価基準』(三笠書房)、『働き方が変わる、会社が変わる、人事ポリシー』(方丈社)、『プロの人事力』(労務行政)、『アフターコロナの年収基準』(アルファポリス)、『超ジョブ型人事革命』(日経BP)などがある。

著者紹介

連載人事の超プロが大公開!アフターコロナの年収基準

人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準

人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準

西尾 太

アルファポリス

自分の価値を正しく知り「年収アップ」の道を切り拓け! 働き方が大きく変わる中で、「評価」の基準もまた大きく変わろうとしている。「頑張っている」はもはや無意味。「成果」こそが揺るぎない価値となる。 これからの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧