ベトナム不動産「Grand Marina Saigonプロジェクト」に注目

旧正月明けを待っていよいよ大詰めを迎えた、商業ビル・ホテル・コンドミニアム併設の大型開発案件「Grand Marina Saigonプロジェクト」。国内外の投資家・不動産業界関係者たちは、このプロジェクトの現況を固唾をのんで見守っています。なぜならプロジェクトの背景には、ベトナムの法律が複雑に絡んだ、ビジネス上の厳しい事情があるからです。このプロジェクトの行く末は、ベトナム不動産市場の将来像となるかもしれません。現地で不動産ビジネスを展開する筆者が解説します。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

曰くつきの「Grand Marina Saigonプロジェクト」

ベトナムは中華圏と同じく旧正月を祝う国です。休日が少ないなか、唯一長期休暇が取れる時期といってよく、国民が遠く離れた故郷へと里帰りするのが一大イベントとなっています。

 

そんな長い旧正月休みが明け、本格的に動き出してきたのが、都市鉄道METRO1号線のバソン駅に隣接する、商業ビル・ホテル・コンドミニアムを併設した不動産開発プロジェクト「Grand Marina Saigonプロジェクト」です。大変な注目を集めており、4月の販売開始を予定しています。

 

もしかすると、ベトナム不動産に興味のある方なら一度はこのプロジェクトの名称を耳にしたことがあるかもしれません。いろいろな「曰くつき」のプロジェクトです。

 

そもそもは、ベトナム不動産最大手のVINHOMESが2013年頃から手掛けたものでしたが、2017年頃に香港のAlpha King社にプロジェクトの半分以上を売却。その後、Vinhomes Golden Riverの隣に45階建ての「The Centennial Alpha King」を着工。2019年1月には、モデルルームも完成して、予約販売の準備を進めていました。

 

売出価格も、当時としては破格の平米単価1万米ドル超に設定されており、工事の進捗も順調でしたが、20階近くまで建設が進んだところ、突如プロジェクトがとん挫します。その後、2019年11月頃に現在のデベロッパーである、Masteri等を手がけるMASTERISEグループのMINH HUY LANDが購入し、現在のプロジェクトとなっています。

 

Alpha King社のとん挫の理由はいろいろと囁かれていますが、主たる理由は工事許可の問題だといわれています。とくに2018年頃から、プロジェクトに関する規制が強化されたことで、過去に遡った許認可関係の再審等々、外資企業には負担が大きかったと見られています。

 

(※ホーチミン市の風景/PIXTA)
(※ホーチミン市の風景/PIXTA)

 

 

VINA COMPASS Co., Ltd. General Director

沖縄県宮古島生まれ。久留米工業大学を卒業後、トヨタグループ系列の株式会社アイチコーポレーション入社。特殊車両メーカーの営業部門で16年勤務。
2004年、商談で訪れたベトナムホーチミンに魅了され、独立起業、単身にて渡越。 2006年、取引先の製薬会社と合弁で排水処理会社を設立。
国営事業であるホーチミン市病院排水処理事業の入札業者として認証を受け、在籍中235ヶ所の病院排水処理を手掛ける。2012年、合弁会社の株を売却。新たに浄排水処理会社としてSHINY VIETNAM社、不動産・建築会社としてSHINY REAL社を設立。現地企業やベトナム政府事業の実績を活かし、越人コミュニティに入り、浄排水処理事業を手掛ける傍ら、日系大手への環境コンサル支援や、現地最大手の不動産デベロッパー、VINHOMESの日系唯一の販売代理店としてCentral Parkプロジェクトの販売を手掛けた。2018年、SHINY社、合弁解消後、新たに独資でVINA COMPASS社を設立。不動産販売仲介、賃貸仲介、管理運営、内装工事、進出支援コンサル業を手掛ける。特に進出時の事業許可、会社設立時のリスクヘッジ関連を得意としている。

VINA COMPASS社ウェブサイト:http://www.vinacompass.com/

著者紹介

連載ASEAN諸国で最も熱いベトナム――現地から探る不動産投資と事業の可能性

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧