“持たざるリスク”顕在化の兆し~新興国株式市場の意外な姿~

投資のプロフェッショナルである機関投資家からも評判のピクテ投信投資顧問株式会社のマーケット情報。本連載では、社内外の投資のプロがマーケットの現状を語り合います。※本連載は、ピクテ投信投資顧問株式会社が提供するマーケット情報の動画番組を転載したものです。

\11/7(水)開催/相続税の税務調査の実態と対処方法
指摘率トップ、
名義預金を税務署はどうみているか?

新興国投資で抱えるトラウマ「為替」

社内外の投資のプロをお招きし、今のマーケットを語り合うという番組、Pictet
Market Lounge。第40回はピクテ投信投資顧問株式会社投資情報部長、野中靖氏との対談です。

 

萩野:ピクテ・マーケットラウンジへようこそ。本日は弊社の投資情報部長、野中靖氏との対談です。野中さん、よろしくお願いします。

 

野中:よろしくお願いします。

 

萩野:前回の対談は昨年の9月末頃でしたね。話題性がないときに新興国に投資すべきだよ、というお話をしました。前回から約5ヵ月経ちましたが、結構、新興国市場が動いていますよね?

 

野中:そうですね。堅調というか、順調に上昇してきています。いわゆる先進国を上回るペースで来ていて、動きとしてはやはり非常によくなっていると思います。

 

萩野:ただ一方で、実際の投資信託市場の売買動向とかを見ていると、新興国の株式関連のものってサッパリなんですよね。見ていると、まったくもって相手にされていないような状態。

 

野中:はは、確かに(笑)。

 

萩野:あと、よくトルコとかブラジルの債権で結構痛い目に遭った人の話がよく出てきますよね。

 

野中:そうですね。為替が非常に下がってしまって、それで苦労している人が多いようです。

 

萩野:足元の株式市場は動いているんだけれども、まったく人気がないと。…言い切ってしまっていいのかな(笑)。

 

野中:たぶん、そういう意味でイメージがよくないのかなと思います。ただ中身を見ますと、実は…。
 

 

続きはこちら ↓

 

<今回のトピック>

●新興国投資で抱えるトラウマ「為替」

●“中国の景気回復”が各国GDPを押上げる要因に

●資源価格上昇の背景も“中国の需要増加”

●資源国ブラジルに要注目

●振り返って気付く「投資のタイミング」

●MSCI新興国株価指数の約6割を占める「中国、台湾、韓国」

●「業種別」でみる新興国株式

●グロース株(成長株)からバリュー株(割安株)の流れに要注目

●“素材系”に動きあり

●需給のひっ迫が価格高騰を招く恐れも

●新興国株を“持たざるリスク”

●企業業績は“4-6月期ボトム”が市場コンセンサス

●ロシアはどうか?

 

【動画/持たざるリスク”顕在化の兆し~新興国株式市場の意外な姿~】

 

(2021年2月19日)

 

萩野 琢英

ピクテ投信投資顧問株式会社 代表取締役社長

 

野中 靖

ピクテ投信投資顧問株式会社 投資情報部長

 

\PR/ 年間延べ2000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【11/4開催】富裕層のための「交通トラブル」対応ポイント~弁護士が解説!

 

【11/4開催】不動産専門の弁護士が解説!いま不動産オーナーが知るべき防衛戦略

 

【11/4開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

 

【11/10開催】企業オーナー向け「オペレーティングリース」投資の基礎講座

 

【11/10開催】異色の運用会社による、絶対収益を追求するヘッジファンド戦略とは?

 

【11/17開催】投資対象としてのアート「価値」「価格」とは?

 

【11/17開催】米国ウィスコンシン州から解説!米国株式市場の見通し

ピクテ投信投資顧問株式会社 代表取締役社長

1964年、東京都に生まれる。
学習院大学法学部を卒業後、山一證券、山之内製薬(現・アステラス製薬)での勤務を経て、 2000年にピクテ投信投資顧問株式会社に入社し、2011年に代表取締役社長に就任。
いかなる経済危機に直面しても長期的な資産保全を可能にする「負けない運用」を信念とし、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド、ピクテ・インカム・コレクション・ファンド、ピクテ・メジャー・プレイヤーズ・ファンド、ユーロ・セレクト・インカムなどを開発。積極的にセミナーも開催。

著者紹介

連載PICTET 動画コンテンツ マーケット情報

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧