自由化で…?国民に知らされない「都市ガス」のヤバすぎる変化

エネルギー戦国時代。都市ガスの自由化によって、業界は大変革の時期を迎えました。日ごろ何気なく使っている「ガス」の知られざる裏側とは…!?  ※本記事では『エネルギー戦国時代はプロパンガスが制する』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、解説していきます。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

加速する値下げ合戦…自由化でガスが大変なことに

■激変するエネルギー業界の勢力図

 

2017年のガス小売自由化によって、都市ガスの購入先は消費者が自由に選べる時代となりました。日々の光熱費を1円でも安くしたい消費者にとって、競争の原理で電気やガスなどの利用料金が下がることになる自由化は歓迎すべき事態といえます。一方、電力やガスを提供する側にとっては、熾烈(しれつ)な光熱費の争奪戦がスタートしたことを意味します。

 

仁義なき戦いが起きていた…(※写真はイメージです/PIXTA)
仁義なき戦いが起きていた…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

他社よりも安く、お得なプランを打ち出すことで既存顧客の流出を防がなければなりません。さらに付加価値を高めていくことで、他のエネルギーを利用していた顧客の乗り換えを促し、業界で生き残らなければなりません。エネルギー業界はかつてない戦国時代へ突入しているのです。

 

ガス自由化に向けた競争は、自由化がスタートする以前からはじまっていました。関西電力は2016年12月に、大阪ガスよりも利用料が安くなるガス料金プランを発表しました。それを受けて大阪ガスは2017年初頭には対抗プランを発表。すると関西電力はわずか1週間後、さらに割引幅を拡大すると発表しました。そして、このような争いは、今では全国各地で繰り広げられています。

 

■都市ガスとプロパンガス

 

ガスの自由化は電気とひとくくりにされることが多いのですが、実は両者は市場構造が大きく異なります。旧一般電気事業者が10社ほどあるのに対し、都市ガス事業者は全国で約200社。東京ガス、大阪ガス、東邦ガスといった大手企業も存在しますが、ほとんどが従業員100人以下の中小企業です。それぞれの企業が限られた供給区域を担当しているという構造です。

 

現在、一般家庭で使われているガスは、都市ガスとプロパン(LP)ガスに大別されます。利用する側としては、どちらもガスコンロのスイッチを捻ひねればつく「火」の燃料に変わりないという印象を持ちますが、都市ガスはガス管を通って供給されるため、ガス管が届いているエリアでしか利用することはできません。全国にネットがある、電気を供給する送電線と比べると、まだまだ整備が行き届いているとはいえない状況です。

 

 

名古屋プロパン瓦斯株式会社 代表取締役社長

1960年、愛知県小牧市生まれ。
1983年、明治大学政治経済学部経済学科を卒業後、名古屋プロパン瓦斯株式会社に入社。同年、取締役に就任。経営に携わる一方、現場でプロパンガスの基礎を学ぶ。その後専務取締役を経て1998年、代表取締役社長に就任。
社長就任当初からトータルエネルギーサプライヤーへと成長させるべく、プロパンガスを効率よく暮らしに取り込むためのリフォーム事業や、プロパンガスと太陽光エネルギーを組み合わせる提案など、エネルギーを活用した幅広いビジネスを手がける。現在では東海3県(愛知・岐阜・三重)のほか、長野県や和歌山県にもネットワークを広げている。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

エネルギー戦国時代は プロパンガスが制する

エネルギー戦国時代は プロパンガスが制する

後藤 庄樹

幻冬舎メディアコンサルティング

相次ぐ企業統合、新規参入、そして新エネルギーの登場……。 電力・ガスの自由化によってエネルギー業界は大変革期を迎えています。 市場では、大手エネルギー企業を中心に、割引プランやセット割など各社さまざまな施策を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧