迫る多死社会…今後は「お墓を建てられなくなる」まさかの事情

現代日本において多くの人が悩む「お墓」の問題。あてにしていた子どもがお墓を継がないと言い出した。継ぐ意思はあっても遠方に住んでいて負担が大きい。思いのほか費用がかさむ…。しかし、実はこれらの問題をクリアしても万事解決とは行かないのです。「多死社会」が迫る今、お寺側もまた深刻な問題を抱えていることをご存じでしょうか。※本連載は、樺山玄基氏の著書『令和時代のお墓入門』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

2040年頃は年間160万人が死亡…「多死社会」の到来

近年、お墓に関する悩みが増加しています。以前の記事『あきらめる人が急増中…どうする?意外と高額な「お墓の値段」』(関連記事参照)では購入から管理にかかる費用を解説しました。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

ここまで見てきた人手不足の問題や費用面の問題と相反し、お墓そのものの需要はこれからも右肩上がりの様相を呈しています。亡くなる人がこれからますます増えていくからです。

 

団塊の世代が平均寿命に達する2040年頃には、死亡者が年間160万人を超え、ピークを迎えると予想されています。

 

それを受けて近年、登場したのが「多死社会」という新たな言葉です。ストレートな表現で、穏やかならざる感じは受けるものの、高齢者が増えればいずれ死亡者数も増えるのは当然のことなので、ある意味素直な、分かりやすいワードといえるでしょう。

深刻化の一途をたどる「お墓の用地不足」

多死社会の到来を前に、介護や福祉、医療分野ではさまざまな問題提起がされていますが、死が直結するお墓にとっても課題多き社会といえます。お墓問題の大半が、多死社会を背景に発生しているといっても過言ではないでしょう。その最も分かりやすい例と思われるのが、お墓の用地不足です。

 

人口は2008年をピークに減少に転じており、2060年には2010年人口の約3割減との予測も出ていますが、一方で、先述のとおり就職を機に都市部へ行き、そのまま長きにわたり生活の拠点をおき、地元に帰らない人も増えているなど、人の偏在、つまり都市と地方の人口格差も拡大しているといわれています。こうした都市部への一極集中もあり、墓地不足、用地不足も深刻化の一途をたどっています。

 

これに加え、都市部の地価が高いことも用地不足の大きな要因として挙げられます。いわゆるバブル景気で一気に地価が高騰してから、平成不況と呼ばれる状況になってもさほど都市部では下落することなく、高い水準となっています。

 

かたや購入者にとっては買いたくても買えず、かたや寺や霊園にとっては、用地を確保しにくいという状況に陥っているのです。

法規制、財源不足、住民の説得…墓地開発のハードル

墓地としての用地確保が難しいのは、法律の規制をクリアしなければならないことにもあります。

 

墓地は「墓地、埋葬等に関する法律(墓地埋葬法)」により、「墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事(市又は特別区にあっては市長又は区長)の許可をうけた区域をいう」(法第2条第5項)と定められています。

 

例えば個人が勝手に自宅の庭先に墓を建てることはできませんし、自治体や私企業が許可なく墓地をつくることもできません。

 

多死社会が間近に迫り、墓地造成が特に都市部では急務となっていますが、一定の手続きをしなければ許可はおりないので、すぐに開発に着手することはできないのです。

 

しかも、墓地や霊園となると周辺の住民への説明なども必要です。どうしても近くに墓地や霊園があるとなると、その近辺の土地評価にとってはマイナス要素になってしまうというのが現実ですので、住民の反対にあうこともままあります。地域住民の納得が得られなければつくれませんので、そこでも時間がかかるというわけです。

 

さらにつけ加えるならば、こうした事業を自治体が主導となって行う場合、その自治体に財源が十分になければ進めることが難しくなります。実際に財源の確保が難しく着手できないケースも多いのです。

 

このように、墓地の造成や拡張にはいくつものハードルがあるといわざるを得ず、年単位の長いスパンで検討し計画的に進めていかなくてはならないのです。

 

しかしそのような事情にはかまわず、多死社会は目前に迫っています。亡くなっていく方の増加のスピードに、墓を増やす動きが追い付いていないというのが現状といえるでしょう。

 

 

樺山 玄基

 

 

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社エータイ 代表取締役社長

寺院経営のコンサルティングを手掛ける同社で、お墓の施工や管理などを総合的に提案。特に永代供養墓のコンサルティングにおいては業界の先駆者的存在である。

「子どもがお墓を受け継げない」「従来のお墓の形が合わない」という昨今の風潮から、寺院が遺族に代わって永続的に供養する「永代供養」を将来の新しいお墓の形態と見据え、時代にマッチした供養とお墓のあるべき姿(概念)を構築。

事業ブランドである「永代供養墓普及会」を展開し、提携寺院は首都圏を中心に60ヵ寺以上(2020年現在)にのぼる。

著者紹介

連載迫り来る多死社会…あなたの「お墓」は大丈夫?令和時代のお墓入門

令和時代のお墓入門

令和時代のお墓入門

樺山 玄基

幻冬舎メディアコンサルティング

悩ましい「お墓の承継問題」を解決する、新しいお墓のあり方とは? お墓の跡継ぎがいない。 無縁仏にはなりたくない。 お墓のことで子どもに迷惑をかけたくない…。 少子化や核家族化、独居世帯の増加を背景に「自分の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧