親の介護を担った長男「苦労した分、遺産は多めに」の主張は…

相続発生時、遺言や遺書の有効性についてトラブルが発生するケースが多発しています。知識を身につけ、もしもの時に備えましょう。今回は事例から、親との同居や介護が、遺産分割時に評価されるのか見ていきましょう。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

親と同居して介護…相続財産は多めにもらえるのか?

Q.長男が親と同居して亡くなるまで介護をしていました。他の兄弟らは親とは離れて暮らしていて親の介護にはほとんど関与していませんでした。

 

親が亡くなった後、兄弟で遺産分割の話し合いをした際、長男は

 

「自分が親の面倒を見ていたのだから、相続財産も多めにもらえるはずだ」

 

と主張していました。このような言い分は認められるでしょうか?

 

親の介護で苦労した分、多めに相続したい…(画像はイメージです/PIXTA)
親の介護で苦労した分、多めに相続したい…(画像はイメージです/PIXTA)

 

A.寄与分を主張することにより相続分を多く取得できる可能性があります。

親と同居・介護しても、寄与分が認められないことも…

親の相続が発生したときに、親が亡くなる前に親の面倒を見ていた子どもと、そうでない子どもとの間で対立が生じるということがあります。

 

本件のような長男の言い分を、法律的には「寄与分」(民法904条の2)と言います。
「寄与分」とは、被相続人の生前において、被相続人の財産の維持又は増加に貢献した者がいる場合、それを遺産分割において考慮する、というものです。

 

この寄与分というものは、単に同居して親の面倒を見ていたという程度ではなかなか認められません。認められるためには、「特別な寄与」があったと認められなければなりません。

 

特別な寄与、とは親の「財産」の維持等に貢献したという事情、たとえば子の貢献によって親の財産が増えた、又は余計な出費が減り親の財産を維持できた、といった事情があることが重要なのです。

 

ちなみに、親の面倒を見ることは、子どもであれば当然のことですから、常識的な援助(例えば、親が入院しているときに世話をしたなど)をしていただけでは「特別の寄与」と認められることはとても難しいです。

「寄与分」が認められるために、必要なことは?

では、どのような行為があれば「特別な寄与」があったとして寄与分が認められるのでしょうか。

 

寄与分が認められる行為の類型を整理すると

 

・家業従事型(親の家業を助けていた場合)

・金銭等出資型(親に金銭を贈与した場合)

・扶養型(親の生活の世話などをした場合)

・療養看護型(親の介護をした場合)

・財産管理型(親の財産を管理した場合)

 

に分かれます。

 

\\8/7開催WEBセミナー//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

こすぎ法律事務所 弁護士

慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。神奈川県弁護士会に弁護士登録後、主に不動産・建築業の顧問業務を中心とする弁護士法人に所属し、2010年4月1日、川崎市武蔵小杉駅にこすぎ法律事務所を開設。

現在は、不動産取引に関わる紛争解決(借地、賃貸管理、建築トラブル)、不動産が関係する相続問題、個人・法人の倒産処理等に注力している。

毎月1回、大家さん向けの役に立つ裁判例のメールマガジン発行(メールマガジンご希望の方は、こちらの問合せフォームにて「メールマガジン登録希望」と書いてお申し込みください)。

北村氏が運営するメディア、 川崎・武蔵小杉の相続・離婚法律相談 はこちら!

著者紹介

連載事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧