その他 介護
連載嫁姑奮戦記【第6回】

嫁「何を持ってるの」…見舞い客を唖然とさせた、義母の一言

介護

嫁「何を持ってるの」…見舞い客を唖然とさせた、義母の一言

入院中に大腿骨を骨折した姑。手術は成功した一方で、介護の負担が減ることはなかった。息子夫婦の協力によってつかの間の休息をとることができたものの、癇に障るお見舞いや姑の理解できない言動に今後への不安が募っていく。 ※幻冬舎ゴールドライフオンラインの人気エッセイ『嫁姑奮戦記』を連載でお届けします。

タオルをしっかり抱き「赤ちゃん抱いてるねん」

今日から恐怖の七十二時間ぶっ通しの点滴だ。夕方から娘が付いてくれる。朝方とろっとした途端にまたもや針を抜き大変だったらしい。   

 

もう、かれこれひと月になるのに精神状態は一向に改善しない。困ったものだ。午前中娘と代わった時は大鼾、目を覚ました姑に、「点滴抜いて血だらけになったそうやないの」と言うと、「赤ん坊が産まれてん」と嬉しそうに言う。多分先程の下の洗浄と血が結びついて妄想となったようだ。しばらくして姑を見ると、とても穏やかな顔をして胸の所をしっかり押さえている。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「何を持ってるの」と布団をめくるとタオルをしっかり抱き「赤ちゃん抱いてるねん」と幸せそうに言う。姑もどんなにか自分の子供が欲しかっただろうと思うと、胸がじんとする。彼女の魂は若い頃をさまよっているのだろうか。

 

日頃はおくびにも出さない姑の心の奥を見たようでショックだった。そういうことで、その日は姑が何をしようと叱る気になれず、優しい嫁だった。

 

翌日から夫が連休に入るので、その晩から代わってもらう。夫によると元気いっぱいで、点滴を抜こうとするやら動くやら妄想がらみのお喋りで全く眠らなかったらしい。翌日昼前に夫と交代する。

 

点滴を付けたまま車椅子でリハビリに連れて行く。近所の方が見舞いに来られる。看護婦さんにリハビリ室だと教えられたそうだ。しばらくお話しして帰られ、病室に戻ったらまた別の方が来ておられた。ロビーに姑を車椅子で連れて行き、そこでお話をする。

 

姑は絶えず点滴のチューブを引っ張り、ガードしてある包帯を外そうと躍起になっている。「これ一体何?」と聞くので、「ほれ、A医院でしていた点滴よ。その時はこんな引っ張ったり動かしたりしなかったでしょ」と言うと、「ああ、あれと一緒? 点滴言うんか」と言いながら、またいじる。

 

「この包帯みたいの何? 取ってくれへん」と言うので、「これは、おばあちゃんが点滴の針を抜かんように、ぐるぐる巻きにしてあるの。取ったら駄目よ」と念を押すが、そう、と言った後からもう取り外しにかかっている。

 

一時もじっとしていないし、理解出来ないのかすぐ忘れるのか、全く言うことを聞かない。揚句の果ては「さあ、家に帰ろか」と言って見舞い客を唖然とさせる。

 

「大変やねえ。あんたのほうが潰れへんか心配やわ」とため息をついて帰られる。

昭和14年旧満州国新京(現、中華人民共和国吉林省長春市)生まれ。
昭和21年引き揚げ、父の郷里宮崎に住む。
昭和36年宮崎大学教育学部卒。大阪に就職、昭和43年結婚。
介護ヘルパー、地域ネットワーク委員、ボランティア活動などを行うかたわら、通信教育で文章や植物画などを学ぶ。平成29年10月からエッセイ講座を受講。

著者紹介

連載嫁姑奮戦記

嫁姑奮戦記

嫁姑奮戦記

大野 公子

幻冬舎メディアコンサルティング

入院早々骨折、幻覚幻聴、物忘れ……病院を騒がせる姑と嫁のやり場のない戦い。 介護する側、される側、双方には今日に至るまでの歴史がある。 血縁だけでは語れない愛がそこにはあった。 嫁が綴った過去の日記をもとに、「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧