若者も注意…高齢者だけの病気ではない「白内障」の恐ろしさ

年齢を重ねた人の多くが発症する「白内障」。視力の低下に人知れず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。しかし近年では、手術技法も大きく進歩しています。今回は、白内障手術を多く手掛けてきたベテラン眼科医が、若い人でも発症する白内障の意外な原因について解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

80代の100%が「白内障」になるといわれているが…

白内障の原因の多くは「加齢」によるものです。年齢が高くなるほど、白内障になる人の割合も高くなります。初期の白内障でいうと、60代で7~8割、70代で8~9割、80代では10割、100%の人が白内障になるといわれています。つまり、年齢が上がるとほぼ全員が白内障になるということです。進行白内障でいうと、60代で3割、70代で5~6割、80代では7~8割という感じになります。

 

人生100年時代には60代、70代はまだまだ若手です。ですから私もあまり加齢という言葉は使いたくないのですが、年齢とともに少しずつ変化するのは生きものとしての自然な現象です。

 

医学の世界では、将来的には遺伝子治療によって白内障が治療できるようになるという話もあります。もしかすると100年後には遺伝子治療が普及していて、白内障という病気がこの世からなくなっているかもしれませんが、残念ながら現代を生きる私たちにとっては「年を取れば誰もが白内障になる」というのが常識になっているのです。

 

ただし、加齢のほかにも、白内障の原因になるものがいくつかあります。目のけが(外傷)、糖尿病やアトピー性膚皮炎などの全身の病気、目の病気、薬の副作用などがそうです。

 

それぞれ次に簡単に説明しておきますが、当てはまる人は白内障を発症したり、進行するのが早くなったりする可能性があります。「まだ若いから大丈夫」と油断せず、定期的に眼科で検査を受けることをおすすめします。

 

・外傷性白内障

年齢的なものではなく、目にボールなどがぶつかった、目を強く打撲した、目をけがしたといったときに、水晶体に傷がつき、白内障を発症することがあります。

 

・全身的な病気に伴う白内障

糖尿病により血糖値が高い状態が続くと、水晶体にソルビトールという糖の一種がたまり、糖尿病性白内障を発症することがあります。またアトピー性皮膚炎の人も、白内障を発症しやすいことが分かっており、かゆみで目の周りをこする刺激が影響するともいわれています。このほか、代謝異常に伴う白内障などもあります。

 

・目の病気に伴う白内障

ぶどう膜炎は、ぶどう膜という目を包む膜に炎症が起こる病気ですが、このぶどう膜炎によって併発白内障が起こることがあります。このほか、緑内障や網膜色素変性症などの目の病気でも、白内障を併発することがあります。

 

・薬剤、放射線による白内障

薬の副作用や、放射線被ばくによっても白内障を発症することがあります。薬では、アトピー性皮膚炎やアレルギーなどの治療に使用するステロイド薬が有名です。そのほか痛風の治療薬、向精神薬の一部も白内障を進行させるという報告があります。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

医療法人社団松原眼科クリニック 理事長

1991年神戸大学医学部卒業後、神戸大学医学部附属病院、兵庫県立淡路病院、米国テキサス大学、兵庫県立柏原病院、神戸大学大学院医学系研究科、財団法人甲南病院での勤務を経て、2010年松原眼科クリニックを開院。

手術を得意とし、開業前に勤めていた甲南病院では年間約1800件の手術を行う。「大学病院と同じような手術ができればもっと地域の方々に喜んでいただけるのではないか…」と考え開業を決意。

「つらい思いを抱えて来院される患者さんを、必ず笑顔にして帰したい」という思いをモットーに、大学病院と変わらない最新機器の導入、最新技術の提供だけでなく、待ち時間の快適さや気軽に声を掛けやすいアットホームな雰囲気づくりを心掛けている。気持ちが明るくなるような対応を心掛け、より良い医療の提供を追求し続けている。

著者紹介

小池税理士事務所 所長・税理士

1978年早稲田大学法学部卒業。大学卒業後、興亜火災海上保険(当時)入社。1980年に退職し、石川税理士事務所に入所。1981年日商検定2級に合格。1987年税理士試験合格(簿記、財表、法人税法、所得税法、相続税法)。1989年石川税理士事務所 副所長就任。1994年同所を退職。1995年東京都町田市に小池税理士事務所開業。同年横浜市緑区に事務所を移転。現在に至る。開業以来、農家を中心とした地主の相続税申告を多数手掛ける。事前対策の必要性を痛感し、「家を守る」という観点から、相続の事前対策により重点を置いて活動している。

著者紹介

連載人生100年時代を楽しむための「白内障治療」

※本記事は、松原令氏の著書『「バラ色の毎日」を叶える 白内障治療』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

「バラ色の毎日」を叶える 白内障治療

「バラ色の毎日」を叶える 白内障治療

松原 令

幻冬舎メディアコンサルティング

白内障は、加齢によって進行し、80代のほぼ100%が、目の悩みを抱えているといわれています。ですが、諦めることはありません。白内障を確実に治療し、さらには失われた視力さえ取り戻す方法があるのです。 それが、眼内レン…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧