「親の病院は継ぎたくない」廃院まっしぐら…地方開業医の窮状

今、病院経営について悩みや不安を感じていない病院経営者の方はほとんどいないでしょう。地域医療構想など医療行政の長期的変化、診療報酬改定、医療技術の高度化への対応、足元での収益力低下、厳しさを増す人材不足・採用難、経営者自身の高齢化…。とりわけ後継者不在こそ病院経営者にとって最大の問題になるでしょう。今起きつつある「異変」を語ります。※本連載は、矢野好臣氏、余語光氏の共著『病院M&A』(幻冬舎)より一部を抜粋・再編集したものです。

親の病院は「負動産」と同じ…子世代医師の進路変化

以前であれば、理事長の子は医師となって理事長の後を継ぐのが当たり前でした。医大を卒業して研修医から勤務医になり、勤務医時代は他地域、他病院に勤めていたとしても、いずれは地元に戻り、親の病院を継ぐのが常識だったのです。

 

現在でも、病院経営者の子は医大に進学して医師になるケースは多くあります。しかし、医師になったとしても親の後を継がない子世代が増えているという変化が生じています。

 

その理由はさまざまですが、一つには病院経営環境の変化があるでしょう(関連記事『クレーマー患者に、わがままスタッフ…病院が陥った危機的状況』で参照)。

 

以前なら、多くの病院経営者は安定した高収入を得ることができました。病院スタッフや地域住民から尊敬を集め、社会的なステータスも非常に高いものでした。

 

ところが、これまで見てきたように、それが多くの面で変わりつつあります。病院であっても、その経営者には高い経営能力と経営責任が求められる時代なのです。それがなければ現場のスタッフから非難されるなど、労務管理が難しくなっています。

 

もちろん、そういう病院経営をチャレンジングな事業だと考えて取り組む後継理事長も少なからずいますし、また優秀な経営成績を残す病院経営者もいます。一方では、医師として専門知識や技術を向上させることには熱心だけれども、経営にはさほど興味がもてないというタイプの人がいるのも事実です。

 

 

昔であれば、理事長の子がそういうタイプであっても、承継するのが常識だと考えられました。しかし価値観が多様化した現代に、親子といえども「常識だから」という理由で、進路を決めさせることは無理でしょう。

 

多額の費用がかかる病院建物の建て替え問題が近い将来に迫っている場合などは、病院の承継は資産の承継というより、負債の承継だととらえる子世代もいます。利用価値のない不動産の承継が「負動産」などと呼ばれて忌避されることが増えていますが、それに近い感覚かもしれません。

 

実際、現在の理事長が病院経営や労務管理で苦しんでいる姿を見ている子世代が、経営のことなど考えずに医師としての実力を高めていきたいと考えたり、リスクの高い病院経営をするより勤務医の待遇のほうが安定していて魅力的だと考えて、承継をしないことを選んだりしたとしても、それを責めたりはできないでしょう。

 

また、承継問題には、地域格差もあります。地方病院の子世代が東京などの都市部の医大を卒業して、そこで勤務医になった場合、魅力の減っている地方に戻りたがらないケースが増えているためです。都市部で結婚して、子どもをもった場合は特に、本人には戻る意志があっても、配偶者が子どもの教育環境や、リスクのある病院経営よりも安定した収入が得られる勤務医を続けてほしいといった理由で、大反対して戻れなくなるケースもあります。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

名南M&A株式会社 医療支援部 部長

1987年生まれ。岐阜県出身。

大学卒業後、株式会社名南経営にて、M&Aアドバイザリー業務および中国進出支援業務に従事する。

名南M&A株式会社設立後、医療・介護・薬局のヘルスケア産業分野に特化し事業承継、業界再編支援を手掛ける。
講師として金融機関M&Aセミナーをはじめ、医療介護M&Aセミナー・M&A勉強会、業界再編セミナーを多数開催。

著者紹介

名南M&A株式会社  医療支援部 課長 認定登録医業経営コンサルタント登録番号7795号
福祉用具専門相談員/医療経営士

1986年生まれ。岐阜県出身。

名古屋市立大学卒業。大学卒業後、地方銀行入行。銀行本部の事業性ソリューション部門における医療・介護福祉専担者として、事業承継支援や開業支援、付随するファイナンス支援に従事。
また、在職中に同業界への出向も経験するなど現場目線も併せ持つ。

名南コンサルティングネットワーク参画後も継続して医療・介護福祉分野に特化。病院を中心に、診療所・介護施設・調剤薬局のM&Aコンサルティング業務に従事している。

著者紹介

連載医師・看護師を守り地域医療を存続させる「病院M&A」

医師・看護師を守り地域医療を存続させる病院M&A

医師・看護師を守り地域医療を存続させる病院M&A

矢野 好臣

余語 光

幻冬舎メディアコンサルティング

創業者利益の確保、後継者問題の解決、従業員の雇用継続など、病院存続のためには様々な経営者努力が必要なものです。本書籍では、東海エリアで実績No.1のコンサルタントが、数多くの成功・失敗事例をもとにM&Aのポイントを徹…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧