金融機関より手強い「嫁ブロック」…社長夫人の一言で廃業も

事業承継やM&Aにおけるハードルは何か。以前であれば、その1つに「資金調達」があげられたでしょう。ところが最近、資金調達の目途がついた後、当事者間の合意が取れて順調に話が進んでいたにも関わらず「意外な横槍」を受けて破談に至るケースが増えています。一体なぜこのようなことが起きているのでしょうか? 中小企業の経営支援を幅広く行う筆者が、事業承継M&Aにおける「嫁ブロック」を解説します。

国や自治体が後押し…ハードルが下がった「M&A」

現在、業績の落ち込みがひどくなくとも、今回のコロナウイルス感染症拡大を契機に、廃業を検討する高齢の経営者が増えています。そんななか、廃業ではなく次世代に貴重な経営資源や技術を引き継いでいこうと、事業承継、M&Aなどの拡大を国や自治体も後押ししています。

 

特にM&Aについては売買価格にして100万円以下の比較的小さい規模の案件も増えてきており、脱サラしていきなり経営者になるという夢の実現や、手っ取り早い起業、事業拡大の手段としても注目を集めています。

 

以前であれば、資金調達が1つの大きなハードルでしたが、最近ではクラウドファンディングなど選択肢が拡大し、さらに景気下支え施策もあり、意外と資金調達がしやすい環境になっています。

 

しかし、無事に資金調達も目途がつき、当事者が合意して順調に話が進んでいたところで、意外な横槍が入り、最終的に話が頓挫してしまうケースが近頃増えています。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

資金調達よりはるかに難敵…身近な脅威「嫁ブロック」

「嫁ブロック」という言葉は、中途採用や人材紹介に携わる方々なら思わずゾッとするキーワードです。

 

少し説明すると、ここでいう「嫁ブロック」とは、転職活動の結果、晴れて内定を獲得した転職希望者が、最後の最後に「年収が下がるのではないか」、「今の職場の待遇のほうがよいのではないか」と危惧する奥様の横槍で、180度方針転換して内定を辞退してしまう、というものです。

 

実は最近、同じようなことが事業承継やM&Aの場面でも増えています。

 

過去、事業承継であれば家族などの近親者での承継が一般的でした。いわゆる親族内承継です。しかし、近年は従業員などへの親族外承継が増えてきており、M&Aもその手段の1つとして活用されています。

 

親族内承継であれば見知った人々との間で進めていくため、比較的スムーズに進む案件が多いです。事業用資産の引き継ぎについても相続対策ができる可能性もあります。

 

一方で、従業員への承継については社内外の理解を得やすいメリットもあるものの、株式を買い取る資金が必要になるため、場合によっては融資などの資金調達が必要になります。資金面のハードルが上がるものの、親族に後継者がいない場合などは現実的な方法として挙げられます。

 

コロナ禍ではありますが、先述の通りM&Aや事業承継の融資については、一時に比べて資金を調達しやすい環境になっています。

 

現経営者からの事業承継が進まず、もし廃業してしまえば債権を回収できないため、取引先金融機関としても支援的に対応してくれるケースが多いように感じます(もちろん、今後の事業計画や返済可能性について金融機関の眼鏡にかなうことが前提とはなります)。

 

親族内承継であれば、家族内できちんとコミュニケーションさえきちんと取れていれば揉めるケースはそう多くありません。

 

ところが会社を他人に譲り渡す場合、ここで、現社長の奥様、そしてこれから社長になるであろう方の奥様による「嫁ブロック」が発生するのです。

 

 

中小企業診断士

大学卒業後、信託銀行、税理士事務所、公的機関に勤務し、創業、新製品開発などに関わる。

独立後は補助金、融資の相談や事業承継、M&Aなど中小企業に伴走する支援を行っている。

また1年で40kg減のダイエットに成功した経験を活かし、若手社員のモチベーション研修、成果を出すための組織づくりにも携わる。

著者紹介

MASTコンサルティング株式会社 コンサルタント 中小企業診断士
プロフェッショナルコーチ

大学卒業後、(株)デンソーに入社し、約10年間経営企画や事業企画に従事。25歳で中小企業診断士試験に合格し、大手資格予備校にて中小企業診断士講座の難関2科目(財務会計・経済学)を長らく担当。現在はコンサルタント・プロフェッショナルコーチとして活動中。
上場企業から中小企業まで、会社規模を問わず、働く人の気づきや成長を引き出しながら経営支援を行っている。

著者紹介

認定経営革新等支援機関 

中小企業診断士を中心に税理士、弁護士、社会保険労務士など、100名以上の国家資格保持者が所属するコンサルティングのプロフェッショナル集団。

所属メンバーは、財務・税務・人事・法務・マーケティング、また製造業・卸売業・建設業・サービス業・ITなど、職種や業界ごとの得意分野を持ち合わせる。

中小企業の経営に必要な知識と経験を活かし、冷静な判断、熱き心を持って、中小企業経営者をワンストップでサポート。

MASTコンサルティング株式会社:https://www.mast-c.com/

著者紹介

連載打倒大手! 中小企業の「経営戦略術」を実例解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧