新研修医制度で「下っ端」から「お客様」になった研修医の絶望

大学病院の教授の権威は失墜し、もはや野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなったという。健康診断や当直などのアルバイトで食いつなぐフリーター医師も出現した一方で、『ドクターX』で有名になった、専門的なスキルを売りにして腕一本で高額な報酬を得るフリーランス医師は、病院にとって不可欠となっています。100以上の病院を渡り歩いた現役麻酔科医が知られざる医療の現場、医師たちの本音を明かします。本連載は筒井冨美著『フリーランス女医は見た医師の稼ぎ方』(光文社新書)の一部を抜粋、再編集したものです

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

「最初の2年間は自分の限界まで働け」はパワハラ

新研修医制度の衝撃

 

昭和時代、日本の医療界はドラマ『白い巨塔』で描かれたような封建的な大学医局に支配されており、教授は絶対君主のように君臨していた。2004年4月、『白い巨塔』唐沢寿明版放映終了の翌月から、新医師臨床研修制度(以下、新研修医制度)が始まった。「大学病院では、病気は診るが病人は診ていない」「新人医師の待遇が悪すぎる」「大学医局が封建的」といった諸問題を解決するため、と説明された。医師免許取りたての新人医師は2年間、特定の医局には属さず「外科2カ月→小児科2カ月→麻酔科1カ月……」のように、短期間で複数の科をローテートすることが必須となった。

 

厚労省のエライ人によると、こうすることによって「幅広い臨床能力が身に付く」そうだが、「その代わり専門性が手薄になるんじゃないの?」「1~2カ月じゃ、見学に毛の生えたことしかできないよね」というような現場からの反論は黙殺された。それまで、慣習的に卒業した医大の附属病院に就職することが多かった新人医師は、この制度変更をきっかけに、封建的な大学病院を嫌って、都市部の一般病院に就職する者が急増した。

 

新研修医制度への変更をきっかけに、封建的な大学病院を嫌って、都市部の一般病院に就職する者が急増したという。(※写真はイメージです/PIXTA)
新研修医制度への変更をきっかけに、封建的な大学病院を嫌って、都市部の一般病院に就職する医師が急増したという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

午後5時で研修が終わる

 

また、同時に発表された厚労省の「新医師臨床研修制度における指導ガイドライン」によると「研修医に雑用をさせてはならない」「本人の同意のない時間外労働は禁止」「研修医がミスをしても叱らず、本人の言い分を十分に聞いた上で諭す」「研修医はストレスで抑うつ状態になりやすいので、指導医は注意深くケアすべき」「研修医が体調不良やうつ状態を訴える場合は、指導医は仕事を減らしたり、休業させたりするべき(2年間で最大90日まで可)」ということになっている。

 

「鉄は熱いうちに打て」「最初の2年間は自分の限界まで働いて、医師としての基礎を作れ」式の指導は、パワハラと呼ばれ、「ガイドライン違反」として処分されるようになった。「研修医にさせてはならない」とされた雑用の多くは、中堅医師の負担となった。

 

研修医は「下っ端」から「お客様」になった。大学病院から鬼軍曹が消えた。やさしく物わかりのいい(ふりをした)インストラクターしかいなくなった。患者の死に立ち会った研修医がショックを受けて、翌朝「昨日のショックでうつになったので、今日は静養します」と電話してきても、指導医は「大丈夫? ちゃんと寝られたの?」と、やさしい口調で案じてあげて、黙って仕事の穴を埋めなければならない。

 

16:00にはパソコンを閉じ、16:50には着替えを済ませ、17:05には院内から姿を消す研修医は珍しくなくなった。ある病院で、心電図の不得意な研修医が目立ったので、指導医が無給で月曜日18:00~20:00の勉強会を企画し、自腹で教材を作成したところ、研修医は歓迎するどころか「そういうのは、勤務時間中にやるべきだ」とのクレームが相次ぎ、勉強会は中止された。別の病院では、指導医が「今日の午後は、私の外来を手伝って」と研修医に指示したところ、「今日は、初対面の人と話をする気分じゃないんですぅ~」という返事だったので、指導医は一人で外来をこなした。「メンタル不調を訴える研修医を、ムリヤリ働かせた指導医」として処分されるリスクを恐れたからである。

フリーランス医師 

1966年生まれ。フリーランス麻酔科医。地方の非医師家庭(医師ではない一般家庭)に生まれ、某国立大学を卒業。米国留学、医大講師を経て 2007 年より「特定の職場を持たないフリーランス医師」に転身。本業の傍ら、メディアでの執筆活動や、「ドクター X~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系)など医療ドラマの制作協力にも携わる。著書に『フリーランス女医が教える「名医」と「迷医」の見分け方』(宝島社)、『女医問題ぶった斬り!』(光文社新書)がある。

著者紹介

連載フリーランス女医が鋭く分析「医者の働き方、稼ぎ方」

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

筒井 冨美

光文社新書

大学病院の教授の権威は失墜し、野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなった。 いま、封建的で年功序列の組織に飛び込んで行っても、将来のポストの保証はない。その代わりに、医師たちは将来のキャリアに役立つ都心のブラ…

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

筒井 冨美

光文社新書

東京医大の入試不正事件をきっかけに明るみ出た、女性の医学部受験者への減点操作。「女性差別だ」の声の一方で、「必要悪」「長年の公然の秘密」との声も多かった。医学部人気が過熱し、女性の志願者も増える現在、なぜ「女医…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧