最高は川崎医科大4737万円、最安は国際医療福祉大1910万円

大学病院の教授の権威は失墜し、もはや野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなったという。健康診断や当直などのアルバイトで食いつなぐフリーター医師も出現した一方で、『ドクターX』で有名になった、専門的なスキルを売りにして腕一本で高額な報酬を得るフリーランス医師は、病院にとって不可欠となっています。100以上の病院を渡り歩いた現役麻酔科医が知られざる医療の現場、医師たちの本音を明かします。本連載は筒井冨美著『フリーランス女医は見た医師の稼ぎ方』(光文社新書)の一部を抜粋、再編集したものです

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

医学部合格に2~3浪当たり前、予備校費加算だと

日本の医大数は82校、国立大学43校(防衛医科大学校を含む)、公立大学8校、私立大学(自治医科大、産業医科大を含む)が31校に分類される。

 

私立医大

学費が下がると偏差値が上昇

 

学費と偏差値、これが露骨に反比例するのが私立医大の世界である。学費総額最安値は「私立医大の価格破壊」と言われた国際医療福祉大学1910万円、次いで2000~2500万円の〝お買い得〟私立医大としては、順天堂大学、慶應義塾大学、日本医科大学、東京慈恵会医科大学が挙げられる。昭和時代より難関大とされてきた慶應のみならず、順天堂のような「東京都にある〝お買い得〟私立医大」は、「地方の国公立医大」を偏差値的に凌ぐようになった。

 

17年度に設立された国際医療福祉大の医学部は、学費が2000万円弱で首都圏(千葉県成田市)に設立されたこともあり、初年度から早慶理工学部レベルの合格偏差値を叩き出した。

 

最高額は川崎医科大4737万円、女子医大4600万に値上げ、最安値の国際医療福祉大でさえ1910万円の学費が必要になるという。(※写真はイメージです/PIXTA)
最高額は川崎医科大4737万円、女子医大4600万に値上げ、最安値の国際医療福祉大でさえ1910万円の学費が必要になるという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

また20年現在、「最も高い医大」は川崎医科大学であり、学費は約4737万円で、偏差値的には医大ランキングの最下位に近い。かつては、帝京大学医学部が約5000万円で「最も高い医大」として有名だったが、2014年から約3750万円に大幅値下げした。それと同時に、東京都板橋区というアクセスの良さもあって、偏差値が急上昇した。川崎医大にはさらに全寮制の附属高校があり、内部推薦による進学制度によって約9割が同医大に進学できる。附属高校の学費も年約500万円であり、9年間を過ごすと合計約6500万円が必要になる。

 

しかしながら、現代の医大受験では「2~3浪」はよく聞く話だし、「ベテラン講師によるマンツーマン指導の医大専門予備校」の中には「学費年500万円」という学校も存在しており、それだけ投資しても医大合格は保証されない。よって、「最短期間で確実に、成績がビミョーな子供を医者にしたい家庭」にとっては、「9年間で学費6500万円の高校+医大」とは、それなりに価値のある投資となる。学校名から、神奈川県川崎市にあると誤解されやすいが、実は岡山県倉敷市にあり、開設者の川崎祐宣先生にちなんで命名され

 

次いで高額なのが2021年度からの学費値上げが予定されている東京女子医大である。昭和時代は外科系名門病院として各界の要人を受け入れてきたが、相次ぐ医療事故や特定機能病院の取り消しもあって、経営的にもジリ貧状態である。2020年のコロナ禍で経営状況はさらに厳しいものとなり、7月に「ボーナスなし」と発表したことを受け、「看護師400人が退職希望」と報道された。その後、「一時金支給」を表明したものの、女子医大の学生が6年間で払う総学費を突如「21年度から3400万円から4600万円に値上げ」との発表がなされた。

 

この学費1200万円値上げで短期的な経営状態は改善するかもしれないが、来年度の受験者数は減って、受験料収入や合格者偏差値、そして6年後の国家試験合格率も下がる可能性が高い。かつて順天堂大が学費を大幅値下げすることで、サラリーマン家庭出身者でも進学できるようになり人気を集め、入試偏差値が上昇し病院ブランドを確立したが、その逆パターンを行くリスクが懸念される。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】1/23開催
定期預金に代わる新たな資産運用の手段
ジャルコ「ソーシャルレンディング」緊急セミナー
詳しくはこちら>>>

フリーランス医師 

1966年生まれ。フリーランス麻酔科医。地方の非医師家庭(医師ではない一般家庭)に生まれ、某国立大学を卒業。米国留学、医大講師を経て 2007 年より「特定の職場を持たないフリーランス医師」に転身。本業の傍ら、メディアでの執筆活動や、「ドクター X~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系)など医療ドラマの制作協力にも携わる。著書に『フリーランス女医が教える「名医」と「迷医」の見分け方』(宝島社)、『女医問題ぶった斬り!』(光文社新書)がある。

著者紹介

連載フリーランス女医が鋭く分析「医者の働き方、稼ぎ方」

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

筒井 冨美

光文社新書

大学病院の教授の権威は失墜し、野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなった。 いま、封建的で年功序列の組織に飛び込んで行っても、将来のポストの保証はない。その代わりに、医師たちは将来のキャリアに役立つ都心のブラ…

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

筒井 冨美

光文社新書

東京医大の入試不正事件をきっかけに明るみ出た、女性の医学部受験者への減点操作。「女性差別だ」の声の一方で、「必要悪」「長年の公然の秘密」との声も多かった。医学部人気が過熱し、女性の志願者も増える現在、なぜ「女医…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧