3500万円で医師を…リアル『ドクターX』が見た大病院の崩壊

大学病院の教授の権威は失墜し、もはや野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなったという。健康診断や当直などのアルバイトで食いつなぐフリーター医師も出現した一方で、『ドクターX』で有名になった、専門的なスキルを売りにして腕一本で高額な報酬を得るフリーランス医師は、病院にとって不可欠となった。100以上の病院を渡り歩いた現役麻酔科医が知られざる医療の現場、医師たちの本音を明かす。本連載は筒井冨美著『フリーランス女医は見た医師の稼ぎ方』(光文社新書)の一部を抜粋、再編集したものです。

【無料】メルマガ登録こちら

公立病院が3500万円の年俸で麻酔科医を募集

年俸3500万円の求人も登場

 

本格的な高齢化社会となり、手術や麻酔の必要な病人は増える一方だ。なおかつ「内視鏡手術」のような高度な麻酔スキルを要求される手術が増え、従来ならば「手術不能(インオペ)」とされた進行がんも「本人が希望すれば、手術にチャレンジする」という風潮となった。

 

麻酔の需要は増加する一方だが、(勤務時間や場所を制限される可能性の高い)女医率の増加もあって供給量が増える見込みはない。「歯科医による全身麻酔」というグレーな技でしのぐ病院も実在するが、「工事現場における外国人技能実習生」のようなもので、行政サイドは今なお「見て見ぬふり」を続けている。

 

働けば働くほど仕事は増え、36時間連続労働も常態化していた。カバーの必要な(自称含む)弱者も増え、下手に「バカやろう!」などと怒鳴れば「パワハラ」「マタハラ」などの烙印を押され、カバーしている方が処分される時代となった。有能も低能も給料はさほど変わらず、上が詰まっているので出世も望み薄……しかも、改善される見込みは全くなかった。

 

「このままこの職場で働き続けると、過労死か医療事故が必ず起こる」と、直感的に思ったから辞表をだしたという。(※写真はイメージです/PIXTA)
「このままこの職場で働き続けると、過労死か医療事故が必ず起こる」と、直感的に思ったから辞表をだしたという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

40歳を過ぎたある日、私は大学病院に辞表を出した。「このままこの職場で働き続けると、過労死か医療事故が必ず起こる」と、直感的に思ったからであり、その時点では明確な将来設計があったわけではない。当面はアルバイトで食いつないで、次の職はゆっくり探すつもりだった。退職1カ月前、辞意を正式に公表したところ出張麻酔の依頼が殺到し、退職の2週間前には翌月の仕事がすべて埋まった。その後も仕事依頼の電話やメールが続き、「こんな調子なら、フリーランスとして独立するのもアリかも……」と、思い始めた。

 

独立初年度、年収は大学病院時代の3倍になり、なおかつ週5日は自宅で夕食を食べられ、また日曜と祝日は完全休業日になった。大学病院勤務医を苦しめる医師不足は、フリーランス医師にとってはブルーオーシャンでもあった。当時の麻酔料金相場は高止まりしたままで、仕事は途切れなかった。2008年、大阪府の某公立病院が3500万円の年俸を提示して麻酔科医を募集したことが報道されたが、この頃のフリーランス麻酔科医はこれ以上を稼ぐ者がゴロゴロ存在した。

 

有能は厚遇、低能は冷遇、無能は淘汰

 

フリーランス医師は、あらかじめ契約した条件に従い、「結果に応じた報酬」を受け取る。高リスク・高難度・長時間の仕事は、相場がワンランク上がるので、有能で勤勉な者ほど高収入となり、大学病院や公立病院によく見られる「ヤブ医者ほど高時給」という現象はない。仕事相手を選べるのも大きな魅力である。下手な外科医やヤバい病院とは契約更新しないことも可能だし、勤務医時代のように下手な麻酔科医の無償のカバーを強いられることはない。社会主義国から西側への亡命のようなものである。

 

仕事量を調節できるのも魅力である。フリーランスとは「仕事とカネ」がセットで動くので、あらかじめ同業者と調整しておけば「ハワイで1カ月」のようなバカンスを、問題なく取得することも可能である。勤務医の世界では「マタハラ」「逆マタハラ」など揉め事の種となりやすいママ女医も、「1日6時間勤務」と「10時間勤務」では報酬がそれなりに違うので、早く帰る者が非難されることはない。

フリーランス医師 

1966年生まれ。フリーランス麻酔科医。地方の非医師家庭(医師ではない一般家庭)に生まれ、某国立大学を卒業。米国留学、医大講師を経て 2007 年より「特定の職場を持たないフリーランス医師」に転身。本業の傍ら、メディアでの執筆活動や、「ドクター X~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系)など医療ドラマの制作協力にも携わる。著書に『フリーランス女医が教える「名医」と「迷医」の見分け方』(宝島社)、『女医問題ぶった斬り!』(光文社新書)がある。

著者紹介

連載フリーランス女医が鋭く分析「医者の働き方、稼ぎ方」

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

フリーランス女医は見た 医者の稼ぎ方

筒井 冨美

光文社新書

大学病院の教授の権威は失墜し、野心溢れる若手医師が目指す存在ではなくなった。 いま、封建的で年功序列の組織に飛び込んで行っても、将来のポストの保証はない。その代わりに、医師たちは将来のキャリアに役立つ都心のブラ…

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

女医問題ぶった斬り!女性減点入試の真犯人

筒井 冨美

光文社新書

東京医大の入試不正事件をきっかけに明るみ出た、女性の医学部受験者への減点操作。「女性差別だ」の声の一方で、「必要悪」「長年の公然の秘密」との声も多かった。医学部人気が過熱し、女性の志願者も増える現在、なぜ「女医…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧