ドイツ「子どもが泥んこになる権利」が法律で保証されてる理由

木登りや料理など、子どもが危険なことしているとすぐに止めてしまう、もしくは、そもそも禁止しているという保護者の方は少なくありません。もちろん、危険がないよう監督することは保護者の責務といえますが、書籍『デキる社会人になる子育て術 元ソニー開発マネージャが教える社会へ踏み出す力の伸ばし方』(幻冬舎MC)の著者で、東京富士大学経営学部教授の鬼木一直氏は、「親にとって危険に思える行為でも、全面的に禁止すべきではない」と述べています。一体なぜなのでしょうか。

なぜ、今「児童発達支援事業」が求められているのか…
>>>>>>>>記事を読む<<<<<<<<

多様性を育てたいのなら、多くのことに挑戦させるべき

皆さんは、いつお子さんを褒めていますか? 成功した時、良い点数を取った時など、結果が伴った時に褒めると思います。例えば100点を取ってきた子どもがいたら、当然褒めますよね。しかし、子どもからすると、次、95点だったらどうなんだろう? 100点しか褒められないのでは? と心配になるケースがあるといいます。

 

逆に、頑張ったけれどうまくいかなかった時はどうでしょう? 難しいことにチャレンジして失敗するなら、簡単なものを狙いにいくのは、褒められたい心理としては自然なことです。保育園や幼稚園ではできることは限られてきますが、日常生活の中では、チャレンジし得る多くの選択肢が存在します。

 

簡単な洋服畳みをして、できれば褒められますが、難しい洗濯物干しを手伝って、汚したら怒られるのでは簡単な方に靡(なび)くのは当然です。

 

大人になると、結果が求められることが増えるので、つい子どもにも結果を要求しがちですが、大切なのはプロセスです。できないことにいかにチャレンジするか、多くのことにトライするかが“多様性”を育てるためには必要なことです。

 

子どもが100点を取ってきた時には、結果ではなく、「頑張っていたよね。努力が実を結んだね。」という褒め方が大事なのです。そして、チャレンジして失敗した時がさらに重要です。“失敗は成功の母”なのですから、失敗するほど難しいことに挑戦した事実を絶賛するべきです。成功するより、失敗した方が先に繋がると教えることが実行力を養います。

【ここがポイント】

出世はしたくない、苦労はしたくないという社会人が増えています。無難という選択も悪くないと思いますが、1度きりの人生、失敗を恐れずに多くのことにチャレンジしてもらいたいと思います。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

東京富士大学 入試広報部入試部長、IR推進室長/教授

東京工業大学修士課程理工学研究科修了。ソニー株式会社入社1年目にハードディスク垂直記録方式の薄膜磁気ヘッドの記録再生確認に成功。開発マネージャとして多くの人材育成を行った後、東京富士大学経営学部教授。社会人基礎力を高める実践教育を積極的に推進している。

著者紹介

連載元ソニー開発マネージャが教える「デキる社会人になる子育て術」

デキる社会人になる子育て術 元ソニー開発マネージャが教える社会へ踏み出す力の伸ばし方

デキる社会人になる子育て術 元ソニー開発マネージャが教える社会へ踏み出す力の伸ばし方

鬼木 一直

幻冬舎メディアコンサルティング

親の小さな心がけで、子どもの未来は大きく変わる!前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力が身に付き子どもの可能性を最高に伸ばす家庭教育メソッド。すぐに役立つ、子どもがすくすく育つ、企業のマネジメントと教育現場…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧