「親が認知症で要介護」という境遇の人は今後、確実に増加していくでしょう。そして、介護には大変、悲惨、重労働といった側面があることも事実です。しかし、介護は決して辛いだけのものではなく、自分の捉え方次第で面白くもできるという。「見つめて」「ひらめき」「楽しむ」介護の実践記録をお届けします。本連載は黒川玲子著『認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌』(海竜社)から一部を抜粋、編集した原稿です。

取り換えた事実を忘れのが認知症ならば…

言ってダメなら書いてみる

 

今朝は、6時からほぼ20分間隔でトイレに行き、そのたびに「リハパン*を取り換えてほしい」と訴える。別に失禁しているわけでもなく、リハパンはきれい。しかし、取り換えてあげないときっと怒るし……。「認知症の方に対しては、否定をしてはいけません」という法則があるので、「汚れてもいないのに何度も履き替えてもったいな~。1枚いくらすると思ってんだよ~」と、心の中で思いつつ、笑顔で応じる私ってお釈迦様!

 

しか~し、何回取り換えてあげても、トイレから出てくると「リハパン取り換える」と言う始末。ついにイラッときたが、優しい口調で「さっき取り替えたから大丈夫じゃないかな~」と言ってみた途端、

 

「リハパンぐらい好きに取り換えさせてくれないなんて、オレに死ねと言うのか~」
「(心の声)しまった……認知星人に変身中だった」

 

リハパンに「朝取り替えたよ」と書いて履かせてみたら……。(※写真はイメージです/PIXTA)
リハパンに「朝取り替えたよ」と書いて履かせてみたら……。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

認知星人に変身中のじーじは、自分の欲求が通らないと大声を出して怒り出したり、なぜか頭を抱えて「オレに死ねというのか~」と言い出す。

 

……ピカっとひらめいた!

 

そうだ! 取り換えた事実を忘れるのが認知症だった。それならば、目から情報を入れて本人に納得してもらうように作戦変更!

 

リハパンに「朝取り替えたよ」と書いて、そのリハパンを履かせてみた。


 
20分後、効果てきめん! トイレから出てきたじーじは、何事もなかったようにソファーに座り、テレビを見ている。トイレでリハパンに書いてある文字を読んで、納得したらしい。よっしゃ~、作戦成功。

 

その後もトイレには行ったが、「リハパンを取り換えてほしい」とは言わず、元気にデイサービスへご出勤。介護は工夫しだいで楽しくなるのであった。
  


リハパン
排泄コントロールのリハビリ時に使用することから、通称リハビリパンツ。略して「リハパン」と呼ばれている。紙おむつのパンツタイプ。排尿5回相当分の吸収力がある。

 

次ページ「家を売った」の記憶が再燃して大騒ぎの末

あなたにオススメのセミナー

    認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

    認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

    黒川 玲子

    海竜社

    わけのわからない行動や言葉を発する前に必ず、じーっと一点を見据えていることを発見! その姿は、どこか遠い星と交信しているように見えた。その日以来私は、認知症の周辺症状が現れた時のじーじを 「認知症のスイッチが入っ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ