認知症父「8月15日以外は休み」…デイサービス出勤拒否のワケ

「親が認知症で要介護」という境遇の人は今後、確実に増加していくでしょう。そして、介護には大変、悲惨、重労働といった側面があることも事実です。しかし、介護は決して辛いだけのものではなく、自分の捉え方次第で面白くもできるという。「見つめて」「ひらめき」「楽しむ」介護の実践記録をお届けします。本連載は黒川玲子著『認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌』(海竜社)から一部を抜粋、編集した原稿です。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

営業マンは乗っ取り屋、販売価格は固定資産税に

家を売っただとお!

 

じーじは認知星人に変身する前には必ず決まってあるポーズをする。握りこぶしを顎に当て(おでこの時もある)、数分間微動だにしない。そして、このポーズをしたあとは必ずびっくりスペシャルな発言をする。どうも、認知星と交信しているらしい。

 

今回の発言は「この間、A建設に家を売った。担当者ともう一度話をするから、今から支度をしてA建設に行く」。

 

デイサービスへご出勤。朝、どんなにご機嫌ナナメでも、大好きな南さんが来ると満面の笑顔で車に乗り込む。(※写真はイメージです/PIXTA)
デイサービスへご出勤。朝、どんなにご機嫌ナナメでも、大好きな南さんが来ると満面の笑顔で車に乗り込む。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

わが家は、築40年。かなり年期が入っているが、じーじがちょこちょこ手入れをしてくれていたおかげでまだまだ現役。そんなことより、家を売っただとお!

 

「え~! 家売ったの?」
「そうだ、今年から固定資産税の税率が上がったから、この家の固定資産税は3千万円になったんだ」
「さ、さんぜんまんえん?」
「そうだ、お前はそんなことも知らなかったのか」
「(心の声)固定資産税が3千万円だなんて、どんだけでっかい家だよ」
「A建設に出かけるぞ」
「え~! 今日はA建設休みだよ」
「いや、そんなことはない、電話して確かめろ!」

 

(……電話をするふり……)

 

「もう、営業時間外だって」
「困った。このあいだ乗っ取り屋がきて、この家を乗っ取ろうとしているやつがいるから売ったんだ」
「(心の声)へ? 乗っ取り屋? 固定資産税が3千万円だから売ったんじゃなかったの? かい?」
「乗っ取り屋が来たの?」
「このあいだ、来ただろう、タオル持ってきた小太りの若造が。あいつだ」

 

……ピカッとひらめいた!

 

わが家の西側に、建売住宅が建つことになり、大手の住宅メーカーの方が挨拶に来ていた。それだ! そういえば、じーじは私の隣で、何千万円の家ですか? って聞いていた。その額3千万円。住宅メーカーの人は乗っ取り屋に、建売住宅の販売価格3千万円は、わが家の固定資産税になったわけか。

 

「まあ、今日のところは、A建設はお休みだし、夕飯食べて、ビール飲もうか」との問いかけに、「しょうがない、ビール飲んでやるか」とニコニコしながらビールを飲んで今日のところは一件落着したのであった。

 

黒川家の面々
じーじ
昭和3年生まれ。92歳。本書の主人公。アルツハイマー型認知症、要介護3。
中国旅順市生まれ。満州からの引揚者。若い頃から酔うと大ぼらを吹く癖があり、満州時代の話には謎が多い。最近「自分史」の執筆に夢中だが、内容が壮大すぎてどこまでが真実なのかは不明。
ばーば・さっこ
昭和9年生まれ。86歳。じーじの妻。レビー小体型認知症、要介護4。
典型的なお嬢様タイプ。じーじに逆らうことなく生きていたが、今では気に入らないと「じーちゃんなんか大嫌い!」攻撃を浴びせ、じーじを撃退する技を身につけた。車イスでの生活のため、現在、ホームに入居中。
しょーた
わが家の長男(私の弟)。
温厚で人と争わないタイプで、見守りを頼んだ際、じーじの攻撃に負けて2度逃亡を図る(後述)。じーじは、彼が勤務している広告代理店が満鉄を作ったと思っている。
準夜勤ちゃん
じーじの孫(私の娘)。
夜型人間なので、深夜のじーじ見守り隊。夜な夜な一人外出しようとするじーじを発見してくれるわが家の助っ人であり、私の愚痴聞き担当。じーじは、孫の前ではあまり認知星人に変身しない。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】12/5(土)開催
「医師サバイバル」緊急セミナー開催!【医師限定】
勤務医のための「キャリア戦略&資産形成戦略」を考える
詳しくはこちら>>>

医療福祉接遇インストラクター
東京都福祉サービス評価推進機構評価者

埼玉県生まれ。博報堂勤務を経て、埼玉県内の介護事業会社勤務。医療福祉接遇インストラクター、東京都福祉サービス評価推進機構評価者。2001年より成長期の大手介護事業会社において、広告宣伝室室長として、社外向けの広報誌の作成、入居者促進業務に携わる。
2015年、株式会社ケー・アール・プランニング設立。編集プロダクションとして介護・福祉を専門とした雑誌の編集を行う傍ら、接遇マナーインストラクターとして、介護付有料老人ホームやデイサービス等で介護の現場に即した研修を行っている。

著者紹介

連載見つめてひらめく介護のかたち「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

認知星人じーじ「楽しむ介護」実践日誌

黒川 玲子

海竜社

わけのわからない行動や言葉を発する前に必ず、じーっと一点を見据えていることを発見! その姿は、どこか遠い星と交信しているように見えた。その日以来私は、認知症の周辺症状が現れた時のじーじを 「認知症のスイッチが入っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧