急増する「発達障がい」…14項目の簡易診断チェック

発達障がいについて語られることが多くなった昨今。本記事では書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」をひも解いていきます。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

発達障がいの代表的な症例

【自閉スペクトラム症】

これまでの報道やインターネットなどで、アスペルガー障がいやアスペルガー症候群という言葉を見たり聞いたりした方もいるでしょう。

 

高機能自閉スペクトラム症のうち、3歳で「ママ、ネンネ」「ブーブー、イタ」といった名詞と動詞のみを使う「二語文」を話し、他人との会話が可能でコミュニケーション能力があると見られた場合を、アスペルガー障がいやアスペルガー症候群として区別していましたが、DSM-5ではアスペルガー障がいもアスペルガー症候群も自閉スペクトラム症として診断することになりました。

 

次の項目をご覧ください。自閉スペクトラム症のチェックシートです。お子さんの行動であてはまるものがあればチェックをつけてみてください。

 

●道順をよく覚える。(看板や行った場所などを目ざとく覚えている。しかし、他人に道を教えるのは苦手)

●換気扇、洗たく機、車のタイヤなど回転しているものをじっと見ていることが多い。

●物を綺麗に線状に並べる。(ミニカーやカードなど)

●なんでも一番でなければ気がすまない。

●数字や文字の形に興味があり、車などの乗り物の車種やポケモンの種類に詳しいなどといったカタログ的な知識がある。

●音(怒鳴る声、運動会のピストル)・風・臭いに敏感である。

●自己中心的な行動が多くマイペースである。

●仲間とのトラブルが多い。(衝動的に手が出る、言わなくてもいいことを言ってしまう)

●言葉を省略するとわからず具体的に話さないとわからない。(「あれ」、「それ」がわからない)

●自分の頭などを叩く自傷行為、他人に噛みつく

●叩く・蹴る・つねるなど他傷行為があること。

●三輪車がこげない。(両足を地面につけて進む)

●テレビのセリフを繰り返すなど独り言が多い。(ゲームをやっている時うるさい)

●冗談が通じない。

 

あくまで簡易的なものですので、正確なことがわかるためには、さらに細かいチェックシートが必要ですが、このような症状が3歳ぐらいに6個見られるようであるならば、自閉スペクトラム症の可能性があります。そのことを頭の片隅においてお子さんを見守るようにし、症状が目立ってくるようでしたら、発達障がいを専門に扱っている病院で診てもらうと良いでしょう。

自閉スペクトラム症の子の特徴は…

一般的に自閉スペクトラム症のお子さんの多くは、耳で聞く情報よりも目で見る情報の方が優れているという特徴(IQテストを行った時に、VIQという値よりもPIQという値が大きい)を持っています。だから、道順や看板や車種などもよく覚えているのです。

 

そのような特徴を活かすためにも、視覚的物理的構造化を確立させていくことが重要と考えられています。わかりやすく言うと、1日のスケジュールを図示して順番に書いて示したり、色で区別したりします。

 

言葉で言うだけでなく目の視覚に訴えるのです。そうすることで予定を忘れることがなくなったり、前もって次の準備ができたりするようになります。

 

勉強道具も冬物や夏物の衣類を整理するかのように、例えば国語に関係するものは青い箱に、算数は赤い箱に入れるなど色で区別しておくと部屋の片づけなどもうまくいきます。

 

きちんとした診断ができ、症状がわかれば、このような特徴を活かした支援をできるだけ早く行えます。それは、お子さんの学習能力や生活能力の向上に大きく役立ちます。

 

 

鈴木 直光

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医

小児神経学会認定医博士(医学)

【3月開催のセミナー】

 

【3/16開催】土地活用「長期安定収益」の決定版!「サ高住経営」成功の秘訣

 

【3/19開催】〈減らさない相続対策〉の盤石スキーム不動産・現預金・暗号資産 etc…

 

【3/20開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【3/20開催】小口の好立地不動産投資で実現…賃貸経営リスクを抑えた「相続対策」

 

【3/20開催】年利10%の高配当&GAFA超え誕生に期待!「ナイジェリア」株式投資

 

【3/20開催】相続市場を狙って「利回り20%」「1年以内に売却益◎千万」を獲得!

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医
小児神経学会認定医 博士(医学) 

1959年、東京都生まれ。小学1年〜3年まで米国ハワイ州ホノルルの現地校へ通い、中学・高校は東京の私立暁星学園で学ぶ。 1985年、秋田大学医学部卒。在学中YMCAキャンプリーダーで初めて自閉症児に出会う。同年東京医科歯科大学小児科入局。 1987〜88年、瀬川小児神経学クリニックで自閉症と神経学を学び、栃木県県南健康福祉センターの発達相談で数々の発達障がい児と出会う。 いばらき発達障害研究会世話人。東京都専門機能強化型児童養護施設事業非常勤医師。 2011年、茨城県つくば市に筑波こどものこころクリニック開院。院長。

著者紹介

連載新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧