発達障がい…孤立しがちな本人・家族「知ってほしいこと」5つ

発達障がいについて語られることが多くなった昨今。本記事では書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」をひも解いていきます。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

知識のある愛が一番の支え

今まで私のクリニックでは初診で来た親御さんに、「子どもと接する上でこれだけは知ってほしい・やってほしい」という内容のプリントをわたして説明していました。最近は、この私の本を読んで勉強してくださいと伝えています。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

①自閉症の方たちと接するための基本的なプログラムである、TEACCH(Treatmentand Education of Autisticand Related Communication Handicapped Children)というものがあります。アメリカのノースカロライナで生まれました。

 

これは、自閉症の人たちに彼らを取り巻く環境の意味を伝え、有効なコミュニケーションを図りながら、彼らとの共存世界を目指そうとするプログラムです。TEACCHについては、1冊の本になって出ていますので、ここではその内容は省かせてもらいます。

 

外来では『「自閉症への親の支援」TEACCH入門』(エリック・ショプラー編著、田川元康監訳、新澤伸子・中山清司、梅永雄二・安倍陽子訳、黎明書房)という本を紹介しています。他にもTEACCHを日本へ紹介した故佐々木正美氏が書かれた本などがおすすめです。

 

②高機能自閉症の方が書かれた本(伝記)をなんでも良いので1冊読んでみることをおすすめします。当事者が書いた本を読むことで、発達障がいのお子さんの行動や悩みが、少なからず理解できるでしょう。それを知ることによって、接し方も変わってくるように思われます。

 

古い本で手に入りにくいかもしれませんが、クリニックでは『ずっと「普通」になりたかった』(グニラ・ガーランド著、花風社)というニキ・リンコ氏の訳本を紹介しています。

「何ができないか」ではなく、「何ができるか」

③発達障がいのお子さんと向き合う時は、「何ができないか」ではなく、「何ができるか」に焦点を当てることが重要です。そのためには、一日の中でお子さんのできたことが一目でわかるように、できることの一覧のカードを作ることをすすめています。

 

そして、できた箇所にハンコを押し、例えば5つたまったらスーパーに連れて行くなどのご褒美をあげるのです。これは、DRC(Daily Report Card)というコミュニケーション方法です。 私のクリニックでは、ページ下部に示すような「ちゃんと行動カード」を、家庭と学校でやってもらうように提案しています。

 

発達障がいのお子さんが褒められることで自信をつけ、前向きに行動をするようになることを期待した、いわば行動のポイントカードです。DRCを使うことにより、できたことを褒めることと褒める大切さを知ってほしいのです。

 

④手助けをしてくれる機関についての情報を知っておくことも大切です。知的な面に弱点のあるお子さんの場合は、各県にある自閉症協会が主催する親の会を紹介しています。同じ立場の親御さんとさまざまな問題を共有し、解決できるからです。

 

この会は主に、特別支援学校へ通っている自閉スペクトラム症の子どもを持った親御さんの集まりです。一人で悩まず仲間が大勢いることを知ってほしいと考えています。

 

⑤普通学級、または特別支援学級へ通っている発達障がいのお子さんを持った親御さんの集まりがあります。自分の近所にないかどうか調べてみてください。

 

発達障がいを抱えるお子さんを持つ親御さんは、孤立しがちです。話し相手になってくれる仲間を作ってほしいのです。そのような会では、実際に通っている人が感じた学校の教師や医師の評判といった、ネットなどではあまり知りえないような情報が手に入ることもあります。

 

[図表]ちゃんと行動カード
[図表]ちゃんと行動カード

 

 

鈴木 直光

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医

小児神経学会認定医博士(医学)

 

【1月開催のセミナー】

 

※ 【1/23開催】投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

 

【1/23開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【1/23開催】定期預金に代わる新たな資産運用「ソーシャルレンディング」セミナー

 

【1/25開催】家賃収入、節税対策、資産運用…、髙松建設の安心の土地活用セミナー

 

【1/27開催】エリア権の獲得は早いもの勝ち!「長期安定×社会貢献」優良教育事業

 

※ 【1/27開催】不確実性の時代に際立つ「教育ビジネス」(学習塾「スクールIE」)の全貌

 

【1/29開催】中小企業の決算対策「コインランドリー事業」を活用した節税スキーム

 

※ 【1/30開催】人気エリア×レジデンス×不動産小口化商品争族回避「相続対策」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【広告主様向けセミナー】

 

【1/22開催】最強の「富裕層」集客手段「WEBセミナー」運営ノウハウを伝授

 

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医
小児神経学会認定医 博士(医学) 

1959年、東京都生まれ。小学1年〜3年まで米国ハワイ州ホノルルの現地校へ通い、中学・高校は東京の私立暁星学園で学ぶ。 1985年、秋田大学医学部卒。在学中YMCAキャンプリーダーで初めて自閉症児に出会う。同年東京医科歯科大学小児科入局。 1987〜88年、瀬川小児神経学クリニックで自閉症と神経学を学び、栃木県県南健康福祉センターの発達相談で数々の発達障がい児と出会う。 いばらき発達障害研究会世話人。東京都専門機能強化型児童養護施設事業非常勤医師。 2011年、茨城県つくば市に筑波こどものこころクリニック開院。院長。

著者紹介

連載新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧