「ADHDの息子」を持つ40代母親が、病院で語った衝撃事実

発達障がいについて語られることが多くなった昨今。実際のクリニックの事例をもとに、「こころの問題」をひも解いていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

親自身にも救いの手を

お子さんの治療をする時は、親御さんも同時に、自分の発達障がいを疑い、お子さんだけでなく、自分の人生をより良くするチャンスだと考えてみてください。40代の主婦のKさんは、ADHDで治療中の息子さんを見ながら、自らもADHDであることに気づいていました。

 

「実は前から息子の薬が喉から手が出るほど欲しかったのです」

 

Kさんは、私にこう告げると、息子さんは隣でシャツの首もとから手を出し、喉から手が出る仕草をしました。思わず吹き出してしまいました。なかなか楽しい自閉スペクトラム症のお子さんです。Kさんは、小学1年生の時から通信簿に、落ち着きがない、気分にムラがある、わがままなどと書かれていました。よって、小児期からADHDであったことがうかがえます。

 

さらに、Kさんは、「最近、お金がないんです」と言います。

 

「どうしてですか?」と尋ねたところ「ネットでいろいろ買ってしまうんです」という返事が返ってきたのです。

 

「何を買っているのですか?」「料理教室で使う食材を試食のため、たくさん買ってしまうんです。本屋では、料理の本が選べず、10冊くらい買ってしまったこともあります。全部選ぶと、自分で満足してしまうんです」

 

「お金があると、すぐ使ってしまうのですか?」

 

「はい、小学生の頃もお小遣いをすぐに使ってしまいました」

 

私は、ADHDの治療をすすめ、早速、薬を処方しました。

 

散財が癖になっていた(※写真はイメージです/PIXTA)
散財が癖になっていた(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「それでは、次に受診する日を予約しましょう。薬代が高いので、お母さんには負担が大きくなると思います。実は、役場で自立支援費の申請用紙をもらってきて、次来た時に私がその用紙に記入すれば、その次くらいから治療費が1割負担ですむようになります。忘れずに持ってきてください」

 

子どもの場合、自治体で異なりますが、マル福という制度があり、たいていは中学3年生まで治療費が無料となります。しかし、大人の場合は、保険診療で3割負担が原則です。ですが、自立支援医療制度という救いの道があるのです。用紙に医師が記入して役場に提出すれば治療費3割負担が1割負担になるのです。Kさんにとっては、うってつけの制度でした。

 

薬が効いたのか、次の外来には忘れずに自立支援医療制度の申込用紙をKさんは持ってきました。

「物事の優先順位がつけられるようになりました」

その後Kさんは、ネットでの衝動買いもなくなり、落ち着いた生活ができるようになりました。

 

自立支援医療診断書を提出後に、投薬を再開したところ、「まず頭の整理ができ、楽観的になれました。物事の優先順位がつけられるようになり、家事ができるようになりました。できなくても、『まっ、いいか』、とこだわって深く考えなくなりました。携帯電話の機能を利用して外来受診の1時間前にはアラームを鳴らすようにしました。夜もよく眠れるようになりました」と喜びの表情で薬の効果を話してくれました。

 

父親や母親が、お子さんと一緒に薬で治療することで、夫婦ゲンカや無駄にお子さんにあたることも減り、お子さんの症状も良くなるということを親子並行治療と呼んでいます。何よりも、両親そろってお子さんにしっかりとした支援ができるようになります。

 

Kさんの場合は、無駄遣いをしなくなったことで、お子さんのための貯金も増えたようですし、それまではイライラしてすぐ怒鳴っていたお子さんの行動にも、優しく接することができるようになりました。また、家庭環境が整うことで、お子さんの症状も改善されやすくなることももちろん大切ですが、発達障がいを治療することによって、「忘れ物が少なくなる」「近所の人とスムーズに話せるようになった」というようなこれまで生活していく中で親御さん自身がなかなか治せなかったことが改善に向かうことも十分に考えられるのです。

 

さらに言えば、今ここで発達障がいを治すことが、ずっと先の未来を明るく照らします。

 

片方の親御さんが、特に母親がADHDの症状を抱えたままだと、お子さんの診察日を忘れ、薬も足りなくなり、それを見ているお子さんも「そんな適当な感じでいいのか」といい加減に物事をすませることに慣れてしまうという危険性もあります。

 

実際、そのようなケースも少なくありません。そして、お子さんが親になっても、物事をいい加減なまま片づけてしまい、それを見てまたそのお子さんが真似して……となってしまう危険性も考えられます。これが遺伝による負の連鎖です。お子さんは親御さんの背中を見て育つのです。お子さんの未来を変えるためにも親御さんも治療を考えてみてはいかがでしょうか?

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

 

 

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医
小児神経学会認定医 博士(医学) 

1959年、東京都生まれ。小学1年〜3年まで米国ハワイ州ホノルルの現地校へ通い、中学・高校は東京の私立暁星学園で学ぶ。 1985年、秋田大学医学部卒。在学中YMCAキャンプリーダーで初めて自閉症児に出会う。同年東京医科歯科大学小児科入局。 1987〜88年、瀬川小児神経学クリニックで自閉症と神経学を学び、栃木県県南健康福祉センターの発達相談で数々の発達障がい児と出会う。 いばらき発達障害研究会世話人。東京都専門機能強化型児童養護施設事業非常勤医師。 2011年、茨城県つくば市に筑波こどものこころクリニック開院。院長。

著者紹介

連載新訂版 発達障がいに困っている人びと

本記事は書籍『改訂版 発達障がいに困っている人びと』(幻冬舎ルネッサンス)より一部を抜粋したものです。最新の法令・税制等には対応していない場合がございますので、ご了承くださいませ。

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!