発達障がいの子の特徴「すみません、ごめんなさい」すぐ謝る…

発達障がいについて語られることが多くなった昨今。本記事では書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」をひも解いていきます。

なぜ、今「児童発達支援事業」が求められているのか…
>>>>>>>>記事を読む<<<<<<<<

発達障がいの代表的な症例

【自閉スペクトラム症】

 

私のクリニックを訪れる自閉スペクトラム症のお子さんを見ていると、マイペースで自己中心的であるという印象があります。自閉スペクトラム症の中でもIQ70未満で周りの環境に適応するのが苦手で、日常生活に支援が必要な場合と、IQ70以上であまり支援を必要としない場合とで、大きく2つに分かれており、後者のものは高機能自閉スペクトラム症と言われています。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

前者の場合は、早期に言葉の遅れなどがあり、比較的症状に気づかれやすく、周囲の理解も得やすいですし、支援の手を差し伸べやすいのですが、後者の高機能自閉スペクトラム症の場合は成績がまずまずなため周囲から気づかれにくく、支援の手が差し伸べられないまま、友人たちとのコミュニケーションのそごなどからトラブルが発生してしまうことがあります。

 

特に、他人と受け身なら付き合えるという、受け身型タイプですと、自閉スペクトラム症を抱えていることに気づかれにくいので注意が必要です。受け身型自閉スペクトラム症の中に、「すみません、ごめんなさい」とすぐ謝るタイプを時々見かけます。そういう人たちを私は「超受け身型自閉スペクトラム症」と呼んでいます。

「超受け身型自閉スペクトラム症」の特徴は…?

特徴としては、自発的に自ら行動することや自分の今日着る服を選ぶといった、自分から何かを選択することが苦手です。そのため、休み時間や自習時間よりも、これをやりなさいと指定されている普段の授業の方がむしろ楽だと感じています。

 

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

 

ですから、高機能自閉スペクトラム症のお子さんには休み時間にも何をすればいいのかを、修学旅行の時間割のように分刻みで予定を立ててあげるのが良いでしょう。そして、予定が終わったら、その部分だけ消去すればいいのです。

 

積極的で自分でなんでも決めたがるタイプの人がそばにいると、人間付き合いもうまくいきますし、「これ、買って買って」とか「こうじゃなきゃ嫌だ」などと自分の主張を言うことも少なく「育てやすい良い子」なので、本人も周りもそのまま自閉スペクトラム症であることを自覚せずに成長してしまいます。

 

そして、高校や大学などで自発的に学習や人間関係の構築をしなくてはならなかったり、社会に出て自分が責任を持って行動を起こさなくてはならなかったりする時に、突然困難が生じてしまい、その時にはすでに症状が進んでしまっていることも多くあります。

 

 

鈴木 直光

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医

小児神経学会認定医博士(医学)

 

【3月開催のセミナー】

 

【3/2開催】1000万円ゴールドコーストホテルオーナーになる!」方法

 

【3/2開催】社会貢献安定収益を両立する「児童発達支援事業」の魅力

 

【3/6開催】800万円台~!好調続くアメリカ不動産の穴場「戸建て不動産投資

 

【3/6開催】低リスク高利回り!失敗なし驚異の「東京・好立地×新築一棟投資

 

【3/6開催】投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術

 

【3/7開催】カリスマ医学部予備校講師 講演会「一年で医学部合格するための戦略」

 

【3/7開催】ジャルコの「ソーシャルレンディング」はなぜ「安全・安心」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【広告主様向けセミナー】

 

【3/1開催】富裕層専門メディアの「データ」を活用したマーケティングセミナー

 

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医
小児神経学会認定医 博士(医学) 

1959年、東京都生まれ。小学1年〜3年まで米国ハワイ州ホノルルの現地校へ通い、中学・高校は東京の私立暁星学園で学ぶ。 1985年、秋田大学医学部卒。在学中YMCAキャンプリーダーで初めて自閉症児に出会う。同年東京医科歯科大学小児科入局。 1987〜88年、瀬川小児神経学クリニックで自閉症と神経学を学び、栃木県県南健康福祉センターの発達相談で数々の発達障がい児と出会う。 いばらき発達障害研究会世話人。東京都専門機能強化型児童養護施設事業非常勤医師。 2011年、茨城県つくば市に筑波こどものこころクリニック開院。院長。

著者紹介

連載新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧