「高額な生命保険金」めぐり泥沼相続…弟の豹変ぶりに兄激怒

本来、生命保険金は遺産分割の対象ではありませんが、多額である場合は例外的に分割の対象となる場合もあります。しかし、いざ大金を目の前にすると欲が出るもの。相続事件に発展することも珍しくありません。200件以上の相続事件に携わってきた筆者が、実際の事件をオリジナルストーリー化して紹介する本連載。ここでは、多額の生命保険金をめぐって争った兄弟の事例を解説します。本事件の相続人たちが迎えた結末とは…? ※本連載は、武蔵野経営法律事務所代表・加藤剛毅氏の著書『トラブル事案にまなぶ「泥沼」相続争い 解決・予防の手引』(中央経済社)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「高額な生命保険金」は遺産分割の対象になりうる

依頼者は50代の男性でした。亡き父を被相続人とする遺産分割協議において、他の相続人である亡き父の再婚相手の継母と弟との協議が決裂したとのご相談でした。そこで、私が正式に代理人として受任し、遺産分割調停の申立てを行うことにしました。

 

イラスト:茂垣志乙里
イラスト:茂垣志乙里

 

調停では遺産総額が約1800万円であったのに対し、亡き父の生命保険金の受取人であった継母が受け取った保険金の額が約1400万円と比較的高額だったため、この点が争点の一つとなりました。

 

これについては、生命保険金は民法上の「相続財産(遺産)」ではないので、本来は遺産分割の対象ではないのですが、保険金の額が高額な場合に例外的な取扱いを認めた「生命保険金についての最高裁判例」を引用して、特別受益に準ずるものと主張(つまり、「継母が受け取った保険金の額を遺産に加算せよ」との主張)をしました。

 

なお、依頼者の弟にも別の代理人が就いていたのですが、このときは、継母が受け取った生命保険金の扱いについて、当方と足並みをそろえて同じ主張をしていました。

 

ところが、その後調停手続中に継母が亡くなってしまい、継母と養子縁組をしていた依頼者の弟が継母の地位を承継することになったのです。

弟の態度一変、保険金「約1400万円」の独占を主張

すると、依頼者の弟は継母の生前は当方と足並みをそろえて同じ主張をしていたにもかかわらず、継母が亡くなってその地位を承継するや否や、今度は一転して生命保険金は遺産ではないから特別受益に準ずるものとみることはできないと主張し、これまでの自らの主張を翻したのです。

 

この豹変ぶりにはさすがに依頼者も激怒したので、代理人である私としても、依頼者のお気持ちを酌み、弟の主張に対してこれまでの自らの主張を翻すのは「信義則」違反だから許されないと強く反論しました。

 

その結果、「調停委員会」から一定の理解を得ることができ、最終的には継母が受領した生命保険金のうちの一定額(半額程度)を持戻しの対象として遺産に加算し、依頼者の取り分を多くする内容で遺産分割調停を成立させることができました。

 

本件では、最高裁判例を引用したうえで粘り強く主張を展開した結果、調停委員会から一定の理解を得ることができたのがポイントでした。依頼者の取り分を上乗せすることもでき、納得のうえでの解決に至って何よりでした。

 

<教訓>

判例をよく勉強すれば道は拓ける!

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

武蔵野経営法律事務所 代表 弁護士
元さいたま家庭裁判所家事調停官

1977年埼玉県生まれ。早稲田大学法学部を卒業後、旧司法試験に合格。

2004年に弁護士登録(第二東京弁護士会)をして都内の企業法務系事務所に計5年間勤務。
2009年、地元埼玉弁護士会に登録換え。
2014年、さいたま家庭栽培所家事調停官(いわゆる「非常勤裁判官」)に任官して4年間で約700件の事件を担当。

埼玉県所沢市に現事務所を開設し、現在は中小企業法務の他、個人の相続案件に専門特化して活動中。

著者紹介

連載本当にあった!「泥沼」相続争い~相続専門弁護士の事件簿

トラブル事案にまなぶ 「泥沼」相続争い 解決・予防の手引

トラブル事案にまなぶ 「泥沼」相続争い 解決・予防の手引

加藤 剛毅

中央経済社

「生前の対策をきちんとしていれば、このような泥沼の紛争にはならなかったのに…」 近年、相続トラブルが増加しています。 相続事件は初期対応が重要です。特に紛争案件は生前対策をきちんと行いさえすれば回避できるも…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧