年収500万円で物件買ったが…「売るカネもない」恐ろしい実態

本記事は、2016年8月13日刊行の書籍『その区分マンションは今すぐ売りなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

年収500万円で「3戸も4戸も買う」恐ろしさ

リカバーもできなければ、売却したくても売却できないこともあります。それは次のようなケースです。

 

<リカバーできないケース>

①キャッシュがない(持ち出しでの売却が不可能)

②管理組合の合意がとれず、民泊が不可能

 

①キャッシュがない(持ち出しでの売却が不可能)

 

私がこれまで受けた相談の中で、約90%以上の方が売却を選択されています。

 

【関連セミナー/オンライン】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

「不動産を相続」した方【必見】⇒詳細はコチラ

 

ここで一番問題となるのは、年収が500万円程度の人が、3戸も4戸も買ってしまっているケースです。そういった場合は、月々の持ち出しもかさみ、賃貸経営がかなり厳しい状況に立たされていることが多いです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

読者の皆さんの中には「損をする物件なのに、なぜもち続けているのか」と疑問に思うかもしれませんが、端的に言えば、資金不足で売るに売れないのです。

 

相談を受けた不動産オーナーの中には、売却のための資金がなくて諦めている方も少なくありません。

 

ある程度の自己資金を使える人は、残債を減らして収支を改善させたり、持ち出しでの売却ができます。言ってみれば損切りですが、売るためにも資金が必要です。

 

これが、まったく手もちがない状態では、売りたくても売れない状態となります。

「所有し続けるほうがリスク」に気づかない…

②管理組合の合意がとれず、民泊が不可能

 

賃貸収入を増やして赤字を減らす、もしくは黒字に転換させられるのであれば所有し続けることができます。

 

【関連セミナー/オンライン】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

「不動産を相続」した方【必見】⇒詳細はコチラ

 

そのためには、インバウンド需要を見込んだ民泊は大きな可能性のある有効な手段でしたが、民泊転用について禁止している管理組合は多く、そもそも住居専用地域にある物件は民泊条例に合致しません。そうなってしまうと、家賃収入を多く得る手段もありません。

 

①と②ともに、売ることもできず、収益を上げることもできず、行き詰まってしまうケースです。

 

私の経営する会社では、売却の意思がありながら必要なキャッシュが足りない人に対して賃貸管理(管理費は月2000円の定額制)を請け負い、キャッシュフローを上げながらお金を貯めてもらうという選択肢を提示しています。

 

また、お客様の中には、お金を借り入れて売る方もいらっしゃいます。清算するために持ち出しをする現金が300万円だとした場合、銀行で無担保ローンという、担保のいらない融資を組むのです。

 

あくまでも無担保ローンなので、キャッシングローンと同じようなイメージです。金利は4%程度で、いわゆる消費者金融よりはかなり安く設定されています。

 

こういった話をすると、「なぜ、そこまでして売るのか?」と思われるかもしれません。それは端的に言えば、その物件を長く所有し続けるほうがリスクだからです。

 

現状の損と、5年後、10年後の損を試算して数値化してみればわかることです。今ここでお金を他から借りて物件を売ったほうが、結局得かというジャッジができるかどうかです。

 

その無担保ローンを借りてしまうと、月々の支払いが今までより高くなる可能性もあります。しかし、中長期的に見たときに、結局ランニングコストや空室のリスクなどを掛け算した結果、今、物件を手放して300万円の負債を抱えたほうがスマートだという判断もできるのです。

 

【関連セミナー/オンライン】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

「不動産を相続」した方【必見】⇒詳細はコチラ

 

株式会社FGH 代表取締役社長

徳島県生まれ、広島県育ち。拓殖大学政経学部卒業後、起業を目指して都内飲食店で下積み時代を過ごす。その後、中小企業の営業支援を行う会社に就職。不動産会社の案件を手掛けたことをきっかけに、「業界の古い体質を是正し、個人投資家の目線に立った売買仲介事業をしたい」との想いを抱く。2007年2月、株式会社アーバンフォースを設立。その後、賃貸・売買部門を独立させ、株式会社FGHを設立・ホールディングス化。グループ企業間で中古ワンルームマンションの流動性を高めることができる独自のビジネスモデルを構築し、不動産所有者、購入希望者双方のニーズを満たすサービスを提供し続けている。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本連載は、2016年8月13日刊行の書籍『その区分マンションは今すぐ売りなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

その区分マンションは 今すぐ売りなさい

その区分マンションは 今すぐ売りなさい

渡邊 勢月矢

幻冬舎メディアコンサルティング

区分マンション投資にはリスクがあります。 たとえば新築で区分マンションを購入し、サブリース契約がついている場合。見掛け上家賃収入が入る状態でも、物件本来の収益性が低いケースがあります。また収益性向上のためどんな…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧