本記事は、書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「真面目に働いていればいい」と笑ってはいられない

このように考えると、郵便局の定額貯金と、銀行の定期預金しかしたことがないという人でも、実は株式や債券の「投資」に深くからんでいることに気づかざるを得ないでしょう。「投資」などという危ないものとは無縁でいて、こつこつと真面目に働いていればいいと考えているあなたも、その給料の源泉となっているのは日本経済の力であり、日本の経済力が「投資」によって大きく左右されていることを知れば、労働がいちばんいいなどと笑ってはいられなくなるはずです。

 

「投資」について無知であり続けることは、自分の将来の年金や、あるいは現在の給料の金額について、他人任せにするのと同じことです。他人任せにしておいて文句だけを言うのは非常に楽なことですが、成熟した大人のやることではありません。

 

年金について不満を述べるのであれば、まず仕組みや運用について詳しくなる、消費税や所得税について要望があるのであれば、日本の経済や国の借金について勉強する、そして何よりもきちんと投票に行くことが必要です。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

    インフレ時代の投資入門

    インフレ時代の投資入門

    杉浦 和也・前野 達志

    幻冬舎メディアコンサルティング

    仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ