新型コロナより怖い、老人抹殺社会の現実が忍び寄ってきている。「老人はもう長生きしない。なぜなら、老人を殺してもおかしくない社会になっているからだ」――。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実。超高齢化社会ニッポンが抱える問題点を明らかにする。本連載は小嶋勝利著『もはや老人はいらない!』(ビジネス社)から一部を抜粋、編集したものです。

自分の母親を入れることができる老人ホーム

「クダモノ」と発言していた経営者の質の問題

 

私がある老人ホームに見学に行った時の話です。その経営者から、うちの「果物」を見ていってくださいと言われたことがあります。案内された部屋にはベッドが何台もあり、そこには胃婁の高齢者が何人も横たわっていました。その時、彼の言った「果物」の意味がわかりました。彼は、「果物」ではなく「管者(くだもの)」という意味で言っていたのです。つまり、胃瘻増設により、管が体から出ているから「管者」と呼んでいたのです。悪びれる様子もなく、平気で「クダモノ」と連呼しているその経営者の神経を疑わざるをえませんでした。

 

当時は、彼のような老人ホームの経営者は少なくありませんでした。家族の厄介者を預かってやっているのだという考え方がまだまだ根強くあった時代です。その頃に介護事業を始めようと決意した経営者の創業時の想いを聞くと、次のような動機が多く聞かれます。「自分の母親をある介護施設に入所させたところ、酷い扱いを受けた。自分の母親を入れることができる質の高い老人ホームを作らなければならないと思いました」といった話です。

 

今から20年以上前は、本当に老人ホームは酷いものでした。その中で、徐々に心ある経営者が介護事業に興味を持ち、将来性を感じ、事業に参入してきたのです。

 

しかし、ことはそう順調には進みません。今度は、その経営者の思いが強すぎて、介護職員が奴隷のようになってしまったのです。経営者の行きすぎた入居者至上主義が介護職員を追いつめ、入居者の権利意識を助長させたことは間違いありません。その結果、介護職員は馬鹿馬鹿しくなって違う仕事を求めて離職していきました。

 

小嶋 勝利
株式会社ASFON TRUST NETWORK 常務取締役

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    誰も書かなかった老人ホーム

    誰も書かなかった老人ホーム

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    老人ホームに入ったほうがいいのか? 入るとすればどのホームがいいのか? そもそも老人ホームは種類が多すぎてどういう区別なのかわからない。お金をかければかけただけのことはあるのか? 老人ホームに合う人と合わない人が…

    老人ホーム リアルな暮らし

    老人ホーム リアルな暮らし

    小嶋 勝利

    祥伝社新書

    今や、老人ホームは金持ちが入る特別な存在でななく、誰もが入居する可能性の高い、社会資本です。どうやって老人ホームを選んだらいいのか?それには入居者の生の声を聞くのが一番と、国内最大の老人ホーム紹介センターを経営…

    もはや老人はいらない!

    もはや老人はいらない!

    小嶋 勝利

    ビジネス社

    コロナより怖い、老人抹殺社会の現実がここに。老人ホームの裏の裏まで知り尽くす第一人者が明かす、驚愕の事実! 日本は世界に先駆けて超高齢化社会と言われています。老人の数は加速度的に増え、このままでいくと日本は老…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ