白内障手術の前に知っておきたい「人工レンズ」の種類と性能

白内障とは、加齢によって目の中でカメラのレンズのような役割を担う水晶体が白く濁り、視力が低下する病気です。60代で約半数、80代に至ってはほぼ全員が、程度の差こそあれ白内障にかかります。高齢化に伴い、今や「目の国民病」と言っても過言ではないこの病気について、眼科専門医が症状と治療法を平易に解説します。※本記事は『図解 白内障かなと思ったら読む本』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

水晶体の代わりとなる人工のレンズ

カメラでいうレンズの役割を持っている水晶体がなければ、見るものにピントを合わせることも、網膜に像を結ぶこともできません。

 

白内障はこの水晶体が役に立たなくなってしまう病気ですから、代わりとなるレンズを入れなければなりません。これを眼内レンズといいます。正面からみると、直径6㎜ほどの円形をしており、縁に眼内に固定させるための足(支持部)と呼ばれるパーツがついています。

 

レンズといっても、素材は柔らかいアクリル製が今は主流で、手術の際、折りたたんで眼の中に入れることができます。切開が2~3㎜程度と小さくてすむのはこのためです。眼内レンズの寿命は長く、一度入れれば一生持つほどです。例えば、先天性白内障といって、赤ちゃんのうちから白内障になってしまうケースでは、小さなお子さんに眼内レンズを入れることもありますが、それでもその後一生にわたり、入れ替える必要はありません。

 

[図表1]眼内レンズの構造

眼内レンズの場合「ピントが合う距離」は決まっている

濁った水晶体を取り除き眼内レンズに置き換えれば、白内障の症状であるまぶしさやかすみ、だぶりなどのトラブルはなくなり、きれいに見えるようになります。

 

ただ、眼内レンズは水晶体と違い、それ自体の厚みや形を変えられないため、ピント調節を自動で行うことはできません。ピントが合う距離はあらかじめ決められています。

 

日常生活の中で私たちは、いろいろな場所を見ています。遠くの看板を読むこともあれば、手芸や読書でごく近くを見ることもあるでしょう。さまざまな距離に、柔軟にピントを合わせられるレンズがあればよいですが、残念ながら人工のものである以上、限界があります。

 

ただし今は、レンズの種類が豊富になり、より自分のライフスタイルに合った、見えやすいレンズの選択肢が増えています。

 

[図表2]水晶体と眼内レンズの違い

医療法人 iMEDICAL 川原眼科 理事長 眼科専門医

九州大学医学部卒業後、大学病院で臨床経験を積んだのち九州大学大学院で研究。その後、麻生飯塚病院、九州大学病院病棟主任、国立病院機構小倉医療センター 眼科医長に就任。VA Greater Los Angeles Healthcare System に留学し、アメリカの眼科臨床を体感。

平成28年に川原眼科を開院。臨床経験を重ねて培ったノウハウで、白内障や網膜硝子体疾患の手術治療を得意としている。「メガネ・コンタクトレンズ販売店」を併設し、子どもから高齢者まで対応することのできる地域に根差した快適な眼科を目指す。

常に患者第一、最新最良の医療を提供することをモットーとしている。平成31年医療法人iMEDICAL開設、分院である川原眼科久山クリニック開院。

著者紹介

連載その症状、「白内障」のサインかも?病気の実態とメカニズム

図解 白内障かなと思ったら読む本

図解 白内障かなと思ったら読む本

川原 周平

幻冬舎メディアコンサルティング

目がかすむ、眩しい、ダブって見える…。その症状、白内障かもしれません。 いまや「目の国民病」といっても過言ではない白内障ですが、近年では精密な器具の開発等により、手術の安全性は高まっています。 とはいえ、納…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧