IQ150の天才少年が「ADHD」と診断された日

本記事では書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」についてひも解いていきます。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

子どもの時からコミュニケーションのとり方を学ばせる

学生時代は、積極的に他人と関わらなくても生活を送れるのですが、仕事では、そうはいきません。社会人になると、いろいろな人たちと関わり合って、物事を進めていく機会が増えていきます。そのような時に、発達障がいの症状が邪魔をして、うまく周りの社員と馴染めず、自分の能力を発揮できないまま、職を転々としてしまいやすいのです。

 

そうならないために、子どもの時からコミュニケーションのとり方を学ばせ、他人と接する機会を与えるように心がけてほしいのです。

 

確かに、発達障がいのお子さんにとっては苦手なことかもしれませんが、コミュニケーション能力はテクニックや経験で伸ばせるものです。

 

コミュニケーション能力を身につけるには、まずはお子さんの発達障がいの特性を知り、症状を抑制することです。そして次に理解者を作り、会話する経験を積ませ、他人とのコミュニケーションに苦手意識を持たせないようにします。

IQ150の天才少年…周りからクレームが絶えなかった

以前、私のクリニックに通っている、B君というお子さんがいました。B君はIQが150以上あり、実際頭の回転がとても速く、こんなに頭のいいお子さんがなぜ受診するのかと疑問を覚えました。主訴は、「友達とのトラブル、物の管理ができない、書写(書くの)が苦手、多動、不注意」といったものです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

2歳の時から、一緒に遊んでいるお子さんに砂をかけたり、洋服の中に砂や草を入れたりするなど、周りの親からのクレームが絶えなかったそうです。さまざまな話や検査をした結果、次のような告知をしました。

 

「友達とのトラブルが多い点、発達チェックリストから見ると、高機能自閉スペクトラム症だということがわかります。そして、物の管理ができないことや多動、不注意はADHDによるものでしょう。ADHDかどうかはADHDチェックリストを見てからの判断になります」

 

後日、予想通り、高機能自閉スペクトラム症にADHDが併存していることがわかり、ADHDの投薬による治療が開始されました。治療して1カ月後。

 

「先日、児童館に迎えに行ったら宿題を終えた満足感で、ニコニコしてやってきたのです。今までそんなことはなかったので驚きました。帰りの車の中も、いつもはうるさかったのにおとなしくなりました。それまでやらなかった書写も、イヤイヤながらもやるようになりました」

 

薬の効果が現れ、母親は喜んでいました。症状に改善が見られたので、次は理解者作りです。幸いB君は、特別支援学級の先生とは仲良しで、慕っているようでした。

 

母親と特別支援学級の先生とで相談し、私も会うことにしました。

 

私はその先生に彼のよき理解者になってくれるように頼み、優しく、丁寧に、具体的に、肯定文で接するようアドバイスを加え、今後のサポートをお願いしたのです。先生は、非常に協力的で、慎重かつ積極的にB君と接してくれるようになりました。

 

その甲斐もあってか、B君の症状はますます改善され、他のお子さんともうまく接するようになり、私ともコミュニケーションをとるようになっていったのです。

 

 

鈴木 直光

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医

小児神経学会認定医博士(医学)

 

【6月開催のセミナー】

【6/17開催】「利回り44%」「投資資本利回り223%」超減価償却節税商品

 

【6/18開催】「児童発達支援事業」…1事業所売上3,000万円強利益1,000万円も!

 

【6/19開催】資産になる別荘…国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【6/19開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【6/19開催】中古1棟アパート投資利回り20%売却益2千万円を狙う

 

【6/24開催】日本一富裕層に詳しい税理士による「2021節税対策

 

【6/24開催】小規模保育園投資…初期投資1000万円、年間収益500万円

 

【6/25開催】最強の不動産投資ノウハウ…利回り20%以上の投資能力を身に着ける

 

【7/3開催】好評セミナー!日本人向け「フィリピン永住ビザ」2021年最新情報

 

【7/3開催】法人税も所得税もなし!ドバイ法人設立ビザ&不動産ビザ

 

【7/9開催】オーナー経営者・地主必見!新しい収益の柱ビル賃貸業」の可能性

 

【7/12開催】資産活用で実現「減らさない相続対策」の全容

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医
小児神経学会認定医 博士(医学) 

1959年、東京都生まれ。小学1年〜3年まで米国ハワイ州ホノルルの現地校へ通い、中学・高校は東京の私立暁星学園で学ぶ。 1985年、秋田大学医学部卒。在学中YMCAキャンプリーダーで初めて自閉症児に出会う。同年東京医科歯科大学小児科入局。 1987〜88年、瀬川小児神経学クリニックで自閉症と神経学を学び、栃木県県南健康福祉センターの発達相談で数々の発達障がい児と出会う。 いばらき発達障害研究会世話人。東京都専門機能強化型児童養護施設事業非常勤医師。 2011年、茨城県つくば市に筑波こどものこころクリニック開院。院長。

著者紹介

連載新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧