「空気読めなくて困ったことある?」発達障がいの子、衝撃回答

本記事では筑波こどものこころクリニック院長/小児科医の鈴木直光氏の書籍『新訂版 発達障がいに困っている人びと』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、「こころの問題」についてひも解いていきます。

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

子どもの将来が見えずに困っている親たち

クリニックに来る親御さんに、私は決まって次のようなことを述べます。

 

「この子が就職し、自立して将来一人で生きていけるようになる。それが目標です」

 

この言葉を聞いた親御さんは、誰もが同じようにうなずき、そして驚いた顔をします。子どもの将来について話してくれた人は初めてだというのです。中には、自分の不安な気持ちを理解してくれる人に出会えたと感動して涙を流す方もいます。

 

発達障がいが原因で、教師や友人などと衝突をしてうまく関わりが持てなかったり、引きこもって社会との接触を閉ざしたりしたわが子の様子を見るにつけ、「この子の将来は大丈夫なのか」「自分が死んだらこの子はどうなるんだろうか」「一人で食べていけるのだろうか」などという思いが湧きあがり、夜も眠れないという親御さんの声をよく聞きます。

 

悩む親は多い(※写真はイメージです/PIXTA)
悩む親は多い(※写真はイメージです/PIXTA)

 

確かに、発達障がいを抱えている人たちの中には、就職や会社での生活がなかなかうまくいかずに悩んでいる人もいます。私もクリニックで青年たちが「仕事をするのが怖い」「社内の人間関係がうまくいかない」と言っている姿を何度も見てきました。

 

うまくいかないのには原因があります。それは就職するにも、会社で生き残っていくためにも、発達障がいのある人たちの多くが苦手としている、コミュニケーション能力が必要となるからです。

 

2012年に経団連が発表した「新卒採用に関するアンケート調査結果」によると、採用選考時に企業がもっとも重視したものが、コミュニケーション能力でした。また、離職の理由に、職場の人間関係を挙げる人も多くいます。

「空気を読めなくて困ったことがある?」への答えは…

発達障がいのある人たちは「思い込みで喋(しやべ)ってしまう」「自分中心に話をしてしまいがちで空気を読むのが苦手」「些細なことで引っかかってしまう」という会話の傾向があります。

 

例えば「空気を読めなくて困ったことがある?」と私のクリニックでこのような質問をした時、「空気なんか読めませんよ。空気は吸うものですよ」と真顔で反論してきたお子さんがいました。発想の素晴らしさに感心させられましたが、実際の友達との会話では苦労することがうかがえました。

 

名前も正確に呼ばなければ、相手が初対面の医師であろうと訂正します。例えば本名が、私と同じ「すずきなおみつ」だったとします。私は、「なおちゃん」と呼ばれても気にしません。むしろ親しく呼んでくれたことに、喜びすら感じることもあるでしょう。

 

しかし、発達障がいを抱えた方の中には、「なおちゃん」と気安く呼ぶと、私の名前は「すずきなおみつ」ですよ、「なおちゃん」ではありません、と答える方もいます。「なおみつ君」と「君」をつけても、「なおみつ」と名前の方だけ呼び捨てにしても、いけない場合もあります。

 

決して悪気はないのですが、このような会話によって周囲から誤解されたり、煙たがられたりする危険性が高いのです。周囲から人が離れていくと、コミュニケーションをとる機会が他のお子さんと比べて少なくなります。

 

他人と会話をする機会が減るので、コミュニケーション能力も身につきません。うまく自分の意志や思いを伝えられなくなるために、他人と会話することに苦手意識を持つようになり、さらに孤立していく……。というような負のスパイラルに陥りやすいのです。

 

鈴木 直光

 

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医

小児神経学会認定医博士(医学)

 

【関連セミナー】

※【11/6開催】地域貢献×高利回り「コインランドリー投資」の全容

 

※【11/7開催】年10%の利回り保証!「ベトナムスパリゾートホテル投資」の全貌

 

※【11/7開催】4泊5日で取得可能!「フィリピン永住権」取得術

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【随時】《年収800万円》の会社員向け/不動産投資を始めたい人向け相談会

筑波こどものこころクリニック院長・小児科医
小児神経学会認定医 博士(医学) 

1959年、東京都生まれ。小学1年〜3年まで米国ハワイ州ホノルルの現地校へ通い、中学・高校は東京の私立暁星学園で学ぶ。 1985年、秋田大学医学部卒。在学中YMCAキャンプリーダーで初めて自閉症児に出会う。同年東京医科歯科大学小児科入局。 1987〜88年、瀬川小児神経学クリニックで自閉症と神経学を学び、栃木県県南健康福祉センターの発達相談で数々の発達障がい児と出会う。 いばらき発達障害研究会世話人。東京都専門機能強化型児童養護施設事業非常勤医師。 2011年、茨城県つくば市に筑波こどものこころクリニック開院。院長。

著者紹介

連載新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

新訂版 発達障がいに困っている人びと

鈴木 直光

幻冬舎メディアコンサルティング

発達障がいは治療できる 診断、対処法、正しい治療を受けるために 書版が出版されてから4年、時代の変化を踏まえて最新の研究データを盛り込み、大幅な加筆修正を加え待望の文庫化。 “「発達障がい」は治療ができない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧