父が遺したアパート…長男の「家賃独占」で遺産分割協議は紛糾

事前に準備をしていても、トラブルに発展してしまうことケースが多い「遺産分割」。今回は実例を基に、遺産不動産から生じている賃料収入はどのように分割すべきなのか、解説します。

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

遺産のアパート賃料収入を、分割協議中に兄が独占…

【質問】

父が亡くなりました。相続人は長男と、次男の私二人です。父はアパートを所有しており、アパート、その他の遺産を巡って長男とは遺産分割協議がまとまらず現在に至っています。
 

父が亡くなった後もそのアパートからの賃料収入が入ってきますが、賃料収入については、長男が全て回収して管理しており、私には渡そうとしません。

 

遺産分割協議がまとまるまでまだまだ時間も掛かりそうなのですが、この間のアパートの賃料収入はどうやって分けるべきなのでしょうか。

 

なお、長男は、自宅だった不動産その他多くの遺産を取得する予定なので、アパートは私が相続することになると思いますが、その場合、父の死亡時まで遡って賃料も全て私が取得することができるのでしょうか。

 

長男が賃料収入を独占…
長男が遺産分割協議中に賃料収入を独占…(画像はイメージです/PIXTA)

 

被相続人の方が亡くなってから、相続人間で遺産分割協議が整うまでに長期間を要する場合があります。このような場合に、民法909条が

 

遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。

 

と規定しているため、遺産に本件のような収益物件があり、賃料が生じる場合、

 

①遺産分割協議が成立するまでの間に発生した賃料はどのように分けられるのか

②遺産分割協議が成立した場合に、その収益物件を取得した者が賃料も全て取得できるのか

 

ということが問題となります。

 

この点について判断したのが最高裁判所平成17年9月8日判決のケースです。最高裁は、相続開始後に発生した遺産不動産からの賃料について、

 

①共同相続財産である賃貸不動産から生ずる賃料債権は、遺産とは別個の財産であって、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得する

 

②遺産分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずるものであるが、各共同相続人がその相続分に応じて分割単独債権として確定的に取得した賃料債権の帰属は、後にされた遺産分割の影響を受けない

 

③相続開始から本件遺産分割決定が確定するまでの間に本件各不動産から生じた賃料債権は、その相続人らが相続分に応じて分割単独債権として取得する

 

と判断しました。

 

【関連セミナー】

※【11/6開催】地域貢献×高利回り「コインランドリー投資」の全容

 

※【11/7開催】年10%の利回り保証!「ベトナムスパリゾートホテル投資」の全貌

 

※【11/7開催】4泊5日で取得可能!「フィリピン永住権」取得術

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【随時】《年収800万円》の会社員向け/不動産投資を始めたい人向け相談会

こすぎ法律事務所 弁護士

慶應義塾大学大学院法務研究科卒業。神奈川県弁護士会に弁護士登録後、主に不動産・建築業の顧問業務を中心とする弁護士法人に所属し、2010年4月1日、川崎市武蔵小杉駅にこすぎ法律事務所を開設。

現在は、不動産取引に関わる紛争解決(借地、賃貸管理、建築トラブル)、不動産が関係する相続問題、個人・法人の倒産処理等に注力している。

毎月1回、大家さん向けの役に立つ裁判例のメールマガジン発行(メールマガジンご希望の方は、こちらの問合せフォームにて「メールマガジン登録希望」と書いてお申し込みください)。

北村氏が運営するメディア、 川崎・武蔵小杉の相続・離婚法律相談 はこちら!

著者紹介

連載事例で見る「相続・離婚トラブル」の解決法

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧