プロパー、ペンディング…今更聞けないビジネスカタカナ10選

日本語には、「損する言葉」と「得する言葉」の2種類がある。前者は幼稚で相手の配慮が不足しているイメージ、後者が知性や教養が溢れるイメージだ。「得する言葉」を使うことで、コミュニケーションが円滑になり、仕事や人生にも好影響と著者は語る。言葉遣いを変えるだけで好印象を与える「語彙」の数々を徹底解説。本連載は安田正著『超一流 できる大人の語彙力』(プレジデント社)から一部を抜粋した原稿です。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

カタカナ語は意味を理解して使うべし

(1)【ペンディング】
意味:
特に期限はなく延期している状態のこと。時に膠着状態や停滞状態、正式に中止にはなっていないが事実上中止になっている場合にも使うことがある。

 

(2)【マター】
意味:
「〜の担当」「〜の責任」という意味。ビジネスでは特に役職とともに使われることも多く「社長マター」「部長マター」などと使う。

 

(3)【アテンド
意味:
付き添って世話すること、接待すること、介護をすること。なかでもビジネスシーンでは「付き添って、ガイドをする」ような場合に用いられる。

 

(4)【テレワーク
意味:
通信機器などを活用し、時間や場所の制約を受けずに在宅勤務などで柔軟に働くことができる形態のこと。近年、家庭の事情(子育て、介護など)でテレワークを希望し、対応する企業も増えてきている。日本では、2020年4月の新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言の発出により、テレワーク化が進んだ。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

(5)【ブルーオーシャン レッドオーシャン
意味:
競合が少ない故に競争が少ない市場=ブルーオーシャンと競合が多い故に競争が激しい市場=レッドオーシャンという意味。マーケティングで使われる言葉。ビジネスではなるべくブルーオーシャンを探すことが有利になる。

ビジネスで使えば情報共有がスムーズに

(6)【プロパー
意味:
主にその企業が直接採用した社員や、新卒でその企業に入社した社員、生え抜きの社員などのことを指す。協力会社、外部からの派遣社員などと区別していう。

 

(7)【コミットメント
意味:
英語で「かかわり合い」の意味を持つコミットメントは、「誓約」「公約」または「達成目標」という意味でビジネスでは使われている。

 

(8)【エビデンス
意味:
証拠・根拠、証言。特に根拠としてはデータ・科学的な根拠を示すこと。エビデンスがない意見は主観的な意見として扱われるため、多くのビジネスシーンではエビデンスを伴った意見を述べることが必要になる。

 

(9)【イシュー
意味:
課題、問題、論争点。ビジネスシーンでは「論じ、考えるべきテーマ」という意味で使われることが多い。イシューを明確にすることで「何をすべきか」が定まる。

 

(10)【アジェンダ
意味:
会議の議題項目のリストであり、討議される順番で並んでいるもの。会議では、目的・情報を共有し効率よく進めるために用意する。

 

 

安田 正

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役

早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授

【5月開催のセミナー】

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

【5/16開催】<家族信託×都心不動産投資>で実現する最新相続対策

 

【5/21開催】元国税調査官の税理士が教える最新相続対策

 

【5/23開催】土地活用賃貸経営で「持ち余し物件」収益化計画

 

【5/25開催】相続トラブルに備える「不動産・生前整理」のススメ

 

【5/29開催】国も認めた「レスキューホテル」社会貢献で利回り8~9%

 

※ 【5/30開催】社会貢献×安定収益「児童発達支援事業」の魅力

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役
早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授 

1990年に、法人向け研修会社パンネーションズを設立。対人対応トレーニング、交渉術、ロジカルコミュニケーション、プレゼンテーションなどのビジネスコミュニケーションの領域で、官公庁、上場企業を中心に1700の団体での講師、コンサルタントとして指導実績を持つ。また、早稲田大学グローバルエデュケーションセンター客員教授のほか、東京大学、京都大学、一橋大学などでも教鞭をとる。著書に、累計87万部を超える大ベストセラー『超一流の雑談力』(文響社)シリーズほか

著者紹介

連載人生が変わる! 超一流の「語彙力」道場

超一流 できる大人の語彙力

超一流 できる大人の語彙力

安田 正

プレジデント社

“損する言葉"と“得する言葉"。言葉づかいの選択で残念な人生を送っていませんか? この本は、普段、あなたが使っている言葉が“損する言葉"であるか“得する言葉"であるか、ひと目で判断できる! そのような内容になっていま…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧