凄まじい勤務医の残業…それでも「5時帰宅」を実現した舞台裏

一般企業では既に始まっている時間外労働の上限規制が、2024年4月から医師にも適用される。勤務医の時間外労働時間を「原則、年間960時間までとする」とされているが、その実現は困難ではないかと指摘されている。その「医師の働き方改革」を実現した医師がいる。「現場のニーズに応え、仕事の流れを変えれば医師でも定時に帰宅できる」という。わずか2年半で、どのように医師の5時帰宅を可能にしたのか――、その舞台裏を明らかにする。

「何とかならないのか」懸案の残業時間の削減

「医師の働き方改革」を始めるにあたって、的確な「現状の把握」は非常に重要になってきます。ご参考までに私が用いている、コーチングの問題解決の基本スキルであるGROWモデルのプロセスをここで上げておきます。

 

GROWモデルとはGOAL、REALITY/RESOURCE、OPTIONS、WILの頭文字をとったものです。
G:GOAL……目標の明確化
R:REALITY……現状の把握
 RESOURCE……資源の発見
O:OPTIONS……選択肢の創造
W:WILL……目標達成の意思

 

GROWモデルに従い、まず、手をつけたのは「目標の明確化」です。そこで着任当初、漠然とではありましたが、医局員の「残業時間の削減」を現実化するための方向性を3つあげました(第3回「なぜ現場の声を拾い上げ、医局員全員で解決策を考えたのか」参照)。

 

「残業時間」削減のために医局員との面談を始めた。(※写真はイメージです/PIXTA)
「残業時間」削減のために医局員との面談を始めた。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

この方向性の具体化のために、着任早々「現状の把握」に取り組んだ訳です。そこで当時の糖尿病内科の医局員の問題点として、以下のような3項目がはっきりと浮かび上がってきました。

 

・医局員全員の残業時間が多い
・救急外来の搬送患者が多い
・都心から離れた地方生活

 

糖尿病内科の医局員は全員で4人。科長の私の他に、2年程度で交代する実働部隊としての専門医レベルの医局員2名と、数カ月ごとに異動していく新入医局員1名で診療に当たっていました。医局員たちの主たる業務は、(1)当科に入院中の患者さんの診察や外来診療、初診患者さんへの対応などです。

 

これ以外には、(2)他科からの血糖コントロール要請への対応があります。実は、これには大きな負担を感じていました。

 

糖尿病内科には、小児科を除くすべて科の病棟から常時入院患者さん40~50人の血糖コントロール依頼があります。在院日数の短縮が求められる昨今、スピーディな対応が要求され、医局員たちは病院中を1日に2~3回ラウンドしなければなりません。

 

さらに、(3)救急外来からの血糖コントロール要請も加わり、多忙な状況が常態化していたのです。連日22時~23時まで忙しく働き続ける医局員たちが、半分諦めながらも「何とかならないのか」と感じていたことは、想像に難くありません。

 

Basical Health産業医事務所 代表
日本糖尿病学会専門医・研修指導医、日本肥満学会専門医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医などの資格をもつ内科医・産業医。

1998年順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学 代謝内分泌学 助教などを経て、2012年41歳の若さで順天堂大学附属静岡病院 糖尿病・内分泌内科 科長(兼 准教授)に就任。同院で、「地方病院の医局員たちの残業の多さを何とか改善できないか」と考え、「医師の働き方改革」に着手。コーチングの手法を活用し、現場の要望を聴き出し、それを反映させた組織開発を独自で行う。3年目には医局員全員が定時に帰宅できる体制を作りあげる。その後、日本IBM株式会社で専属産業医を2年弱務めた後、2018年に独立。現在、健康保険組合やその関連企業での健康増進・予防医療などのコンサルタント業務を行いながら、糖尿病の外来診療、嘱託産業医としても活動する。今年度より、厚生労働省医政局委託事業「医療従事者勤務環境改善のための助言及び調査業務」委員会の委員に就任するなど、日本中の医師が安定的に働き続けられる環境作りに取り掛かっている。趣味は音楽。高校3年生時には、全日本吹奏楽コンクール(普門館)にて金賞受賞。担当楽器はチューバ。

著者紹介

連載「医師の働き方改革」仕事の流れを変えれば医師でも定時に帰宅できる

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧