「こんなはずじゃ…」リウマチの老母との同居、悲劇の結末

年をとれば誰でも身体の自由がきかなくなり、生活するにも人の助けが必要になります。そうしたことを考え、終(つい)の住みかとして安心できる住まいに移ることも、元気なうちに検討しておきたい事柄です。では、ひとり暮らしの住み替えにはどんな選択肢があるのでしょう。今回は、シニア生活文化研究所・代表理事の小谷みどり氏の著書『ひとり終活』より一部を抜粋し、選択肢の一つである「我が子の住まいの近くへの引っ越し」をご紹介します。

【無料】メルマガ登録はコチラ

85歳以上の女性、5人に1人は5年前と別の場所に居住

地方に住む高齢の親を、子どもが住んでいる都市部に呼び寄せるという傾向は1990年代以降、顕著になっています。離れて暮らす親に老いを感じはじめると、「そろそろ同居をしたほうがいいのだろうか」と考える子どもは多いはずです。転職や定年退職を機に、子ども世帯がUターンして、親と同居をするケースもありますが、子どもが仕事や生活環境を変えられなければ、親を呼び寄せて同居をするしかありません。

 

そろそろ、親と同居をしたほうがいいのだろうか…(画像はイメージです/PIXTA)
そろそろ、親と同居をしたほうがいいのだろうか…(画像はイメージです/PIXTA)

 

実際、ひとり暮らしをしている高齢女性の多くには、離れて暮らす子どもがいます。元気なうちはともかく、親に介護が必要になってくると、離れて暮らす子どもも不安です。

 

国立社会保障・人口問題研究所の「人口移動調査」(2016年調査)によれば、5年前と
同じ市区町村に住んでいる人は85歳以上では40.5%にとどまり、少なくとも半数以上は
5年間で最低1回は転居している計算となります。特に85歳以上の女性で同一市区町村に
住んでいるは35.9%と、男性の47.0%に比べて低いこともわかっています。

女性で転居する人が多いのは、夫と死別するなどして単身になり、子どもや親戚の住む
場所や施設などに移動するケースが多いからだと考えられます。この調査では、5
年以内に転居した人の理由として、65歳以上では「親や子との同居、近居」「健康上の
理由」を挙げた人の割合が増えてきます。

「呼び寄せ同居」が抱える問題とは?

高齢になって健康に不安を抱える親が、子どもに呼ばれて転居する、いわゆる「呼び寄せ高齢者」がその典型例です。しかし、呼び寄せ同居には問題もあります。健康なうちに転居するならまだしも、健康状態が悪くなってからの新しい環境は、高齢者にとって大きなストレスとなります。呼び寄せる子どもの側も60代ぐらいになっていれば、老親の介護は肉体的に大変です。

 

自治体によっては、子どもと同居する高齢者には、ホームヘルプサービスなどの生活援助を介護保険の対象外とすることもあります。離れていれば仲良くできても、一緒に暮らすと、些細なことで言い合いになったり、険悪になったりすることもあります。嫁姑問題も起きやすいようです。

 

【4月開催のセミナー】

 

※  【4/21開催】相続対策の決定版!不動産小口化商品…人気商品第3期募集開始!

 

※  【4/21開催】コロナと相続で「モノ・カネ・家族」を失わない方法

 

【4/24開催】40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則

 

【4/24開催】「eスポーツ」×「障がい者就労支援」日本初FC事業の全貌

 

【4/26開催】社会貢献安定収益を両立「児童発達支援事業」の魅力

 

※  【5/8開催】投資すべきNo.1「フィリピン」を活用した資産防衛永住権取得

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

一般社団法人シニア生活文化研究所 代表理事

大阪府生まれ。1993年奈良女子大学大学院修了後、2019年まで第一生命経済研究所で研究に従事。専門は死生学、生活設計論。博士(人間科学)。
現在、一般社団法人シニア生活文化研究所代表理事のかたわら、カンボジアで若者の職業訓練を兼ねたベーカリーを主宰している。武蔵野大学客員教授のほか、大学でも講義をおこなう。

最近の主な著書に、『ひとり終活』(小学館新書)、『「ひとり死」時代のお葬式とお墓』(岩波新書)、『没イチ』(新潮社)など。

著者紹介

連載「ひとり終活」不安が消える万全の備え

ひとり終活

ひとり終活

小谷 みどり

小学館

元気なうちは気兼ねの要らない自由な暮らしがいいと思っていても、ひとり暮らしの人は、将来に不安を感じることも多い。 介護が必要になったら誰が面倒を見てくれるのだろう? 万が一のとき誰にも気づいてもらえなかったら…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧