大きな誤解…日本でウイスキーを最初に飲んだのは徳川家康!?

ウイスキーの本場といったらどこを思い浮かべるだろうか? イギリス、アメリカ――それだけではない。今、日本のウイスキーの評価はうなぎのぼりで、世界中の賞を総なめにしている。だが、肝心の日本人はその事実を知らない。しかし、それではもったいない――ウイスキー評論家の土屋守氏はそう語る。ここでは、ウイスキーをもっと美味しく嗜むために、日本のウイスキーの歴史や豆知識など、「ジャパニーズウイスキー」の奥深い世界観を紹介する。本連載は、土屋守著書『ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー』(祥伝社)から一部を抜粋・編集したものです。

ジャパニーズウイスキーを語れないのはもったいない

ウイスキーを取り巻く環境は、近年目まぐるしく変化してきています。もしかすると、昔のウイスキーのイメージをそのまま持っている人にとっては、まったく別物になっているかもしれません。特にジャパニーズウイスキーに対する評価は、うなぎのぼりです。世界中の酒類コンペで最高賞を受賞し、今ではオークションの高額落札品の常連となっています。

 

しかし、惜しむらくは、当の日本人が自分の国のウイスキーについて知らないことです。よく海外に留学などに行くと、「あなたの国は、どんな歴史や文化か?」と聞かれて、自分以外のまわりの留学生は自分の国のことをすらすら話すのに日本人だけは話せない、という話を聞きます。

 

同じようなことがウイスキーの世界でも起きているのです。世界には日本のウイスキーのことを知りたがっている人が大勢います。ところが、肝心の日本人が、ウイスキーの教養を持ち合わせていない。現在、新型コロナウイルスの感染拡大でインバウンドは大きく落ち込んでいますが、収束すれば旧に倍する人々が世界中からやってくるでしょう。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

国際化やグローバル化はますます加速していきますが、そのときに必要なのは何か──国際社会を生き抜くビジネスパーソンにとって、私はウイスキーの知識、なかでもジャパニーズウイスキーの知識が武器になると考えています。だからこそ、ジャパニーズウイスキーとはどういうものなのか、基本・歴史・現在・課題といったことをこの連載に凝縮して、一人でも多くの人にお伝えしたいのです。

 

日本のウイスキーは、もうじき誕生から100年を迎えます。これからさらにジャパニーズウイスキーを盛り上げるとともに、日本人にこそジャパニーズウイスキーを伝えて、先人たちの火を守り続けていきたい。そして、世界にもっとジャパニーズウイスキーの素晴らしさを知ってほしい。いつか海外の映画やドラマで、ジャパニーズウイスキーが主人公のキャラクターを決定づけるような存在として登場する──そんな時代がくることを願っています。

 

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

ウイスキー文化研究所代表 ウイスキー評論家

1954年、新潟県佐渡生まれ。学習院大学文学部国文学科卒業。フォトジャーナリスト、新潮社『FOCUS』編集部などを経て、1987年に渡英。1988年から4年間、日本語月刊情報誌『ジャーニー』の編集長を務める。取材で行ったスコットランドで初めてスコッチのシングルモルトと出会い、スコッチにのめり込む。
日本初のウイスキー専門誌『The Whisky World』(2005年3月-2016年12月)、『ウイスキー通信』(2001年3月-2016年12月)の編集長として活躍し、現在はその2つを融合させた新雑誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長を務める。
1998年、ハイランド・ディスティラーズ社より「世界のウイスキーライター5人」の一人として選ばれる。主な著書に、『シングルモルトウィスキー大全』(小学館)、『竹鶴政孝とウイスキー』(東京書籍)ほか多数。

著者紹介

連載ウイスキー評論家が語る!日本人が知っておきたいジャパニーズウイスキーの奥深い世界

ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

土屋 守

祥伝社

世界のトップ層は今、ウイスキーを教養として押さえています。翻って日本人の多くは、自国のウイスキーの話さえ満足にできません。世界は日本のウイスキーに熱狂しているのに、です。そこで本書では、「日本人とウイスキー(誰…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧