ジャパニーズウイスキーのブランドを損なう「酒税法」の問題

ウイスキーの本場といったらどこを思い浮かべるだろうか? イギリス、アメリカ――それだけではない。今、日本のウイスキーの評価はうなぎのぼりで、世界中の賞を総なめにしている。だが、肝心の日本人はその事実を知らない。しかし、それではもったいない――ウイスキー評論家の土屋守氏はそう語る。ここでは、ウイスキーをもっと美味しく嗜むために、日本のウイスキーの歴史や豆知識など、「ジャパニーズウイスキー」の奥深い世界観を紹介する。本連載は、土屋守著書『ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー』(祥伝社)から一部を抜粋・編集したものです。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

ジャパニーズウイスキーの定義は存在しない?

ジャパニーズウイスキーは今、国際市場においてその地位を確立しつつあります。しかし、ここにきて大きな問題が浮上しています。ジャパニーズウイスキーの定義についてです。

 

この問題について詳しくお話しする前に、一つ、クイズを出します。次の①~③はジャパニーズウイスキーと呼べるでしょうか? ちょっと考えてみてください。

 

①国内でつくられたモルトウイスキー、またはグレーンウイスキーが1割で、残りの9割が醸造アルコールの製品

 

②海外から輸入したウイスキーを日本で瓶詰めした製品

 

③大麦麦芽を糖化・発酵・蒸留し、その後、樽で熟成せずに瓶詰めした製品

 

いかがでしょうか。①~③のどれも、「ジャパニーズウイスキーではない」と回答した方がほとんどではないでしょうか。③に至っては、「そもそもウイスキーの定義からはずれるのでは?」と思った方もいるはずです。

 

ところが、日本においては、①~③はすべてジャパニーズウイスキーを名乗ることができます。ラベルにジャパニーズウイスキーと大きく表示して国内で販売するだけでなく、海外で売ることもできますし、実際に流通しています。戦後の混乱期の話をしているのではありません。令和の今まさに起きている現実なのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

なぜ、このような問題が起こるのか。それは、どんな要件を満たせば「ジャパニーズウイスキー」、あるいは「日本産ウイスキー」といえるのかを定める法律が、日本には存在しないからです。

 

ウイスキーの定義に関しては酒税法がありますが、これは品質を担保する内容にはなっていません。ここで改めて、酒税法上のウイスキーの定義を少し詳しくした説明しましょう。

 

【日本の酒税法上のウイスキーの定義】

 

 発芽させた穀類及び水を原料として糖化させて、発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの(当該アルコール含有物の蒸留の際の留出時のアルコール分が95度未満のものに限る)

 

 発芽させた穀類及び水によって穀類を糖化させて、発酵させたアルコール含有物を蒸留したもの(当該アルコール含有物の蒸留の際の留出時のアルコール分が95度未満のものに限る)

 

 イ又はロに掲げる酒類にアルコール、スピリッツ、香味料、色素又は水を加えたもの(イ又はロに掲げる酒類のアルコール分の総量がアルコール、スピリッツ又は香味料を加えた後の酒類のアルコール分の総量の100分の10以上のものに限る)

 

ここでいう「イ」は一般にモルトウイスキーを、「ロ」はグレーンウイスキーを指すと考えていただいて結構です。右のイ、ロ、ハを満たせば、酒税法上はウイスキーと認められます。では、この定義のどこが問題なのか、順に見ていきましょう。

問題点①:生産場所に関する規定がない

世界五大ウイスキーのうち、スコッチウイスキーもアイリッシュウイスキーも、そしてアメリカン、カナディアンも生産場所に関する規定があります。

 

スコッチは「スコットランドの蒸留所で糖化、発酵、蒸留を行なう」、アイリッシュも「アイルランド、または北アイルランド国内」、アメリカン、カナディアンも「アメリカ合衆国」「カナダ国内」と明文化されています。

 

加えて、スコッチウイスキー、アイリッシュウイスキーは地理的表示です。地理的表示は簡単にいうと、「地域ブランド」を生産者以外に勝手に使用させないためのルールで、国内外での模倣品や類似品の販売防止に効果を発揮します。

 

たとえば、スコッチの伝統的な製法に則ってつくったウイスキーであっても、日本でつくったウイスキーがラベル等にスコッチと表示することはできず、表示した場合は、行政の取り締まりの対象となるのです。

 

一方、日本の酒税法には、生産場所に関する記述がまったくありません。結果として、外国産ウイスキーと日本産ウイスキーを混ぜても「ジャパニーズウイスキー」、中身が100%外国産ウイスキーであっても国内で瓶詰めしていれば「ジャパニーズウイスキー」という詭弁(きべん)がまかり通ってしまうのです。

ウイスキー文化研究所代表 ウイスキー評論家

1954年、新潟県佐渡生まれ。学習院大学文学部国文学科卒業。フォトジャーナリスト、新潮社『FOCUS』編集部などを経て、1987年に渡英。1988年から4年間、日本語月刊情報誌『ジャーニー』の編集長を務める。取材で行ったスコットランドで初めてスコッチのシングルモルトと出会い、スコッチにのめり込む。
日本初のウイスキー専門誌『The Whisky World』(2005年3月-2016年12月)、『ウイスキー通信』(2001年3月-2016年12月)の編集長として活躍し、現在はその2つを融合させた新雑誌『Whisky Galore』(2017年2月創刊)の編集長を務める。
1998年、ハイランド・ディスティラーズ社より「世界のウイスキーライター5人」の一人として選ばれる。主な著書に、『シングルモルトウィスキー大全』(小学館)、『竹鶴政孝とウイスキー』(東京書籍)ほか多数。

著者紹介

連載ウイスキー評論家が語る!日本人が知っておきたいジャパニーズウイスキーの奥深い世界

ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

ビジネスに効く教養としてのジャパニーズウイスキー

土屋 守

祥伝社

世界のトップ層は今、ウイスキーを教養として押さえています。翻って日本人の多くは、自国のウイスキーの話さえ満足にできません。世界は日本のウイスキーに熱狂しているのに、です。そこで本書では、「日本人とウイスキー(誰…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧