なかなか売れない甘酒、「おいしさアピール」を放棄したら…

世のなかには、パッケージを変えただけで売上が10倍以上に増えた、営業をしなくとも販路が広がった、という事例が無数にあります。あなたの商品も、パッケージを変えることで、売上が増える可能性を秘めているかもしれません。

売上に伸び悩む「甘酒」のパッケージを変えてみたら…

飲食物をPRする際、おいしさを前面に打ち出したフレーズを使っても効果はありません。消費者にとって、おいしいのは当たり前だからです。

 

味をアピールするよりも、どんなシチュエーションで、どんなふうに食べたり飲んだりすればよいのか、具体的に提供すると効果的な場合があります。

 

徳島県吉野川市の「山川町生活改善グループ」は、シーンを絞って伝えることでヒット商品の開発に成功しました。同グループのリーダー中川成子さんはかつて、主力商品である「甘酒」の売上が伸びないことに悩んでいました。

 

「こんなにおいしいのに、なんで売れないんだろう」と、何度も品質改良を重ねましたが、売上には結びつきません。

 

悩み抜いた末、パッケージをリニューアルしたい、と私を訪ねてこられました。甘酒は主にどんな人に、どのようなシーンで飲まれているのだろうか。中川さんを通してリサーチしたところ、意外なことがわかりました。

 

朝飲んでいる人が多かったのです。

 

調べてみると、甘酒はブドウ糖を多く含み、脳のエネルギー源として、また疲労回復効果に優れていることから、「飲む点滴」とも呼ばれ、朝食代わりに飲むととてもいいことがわかりました。そこで思いきって朝の一点にシーンを絞り、ネーミングを変更しました。

 

その名も「慌ただしい朝に天然チャージ 朝飲む麹 つぶつぶ麹甘酒」。

 

また、それまでは500㎖と1ℓの2種類のパッケージしかありませんでしたが、「朝飲む麹」は250㎖の飲み切りサイズとしました。

 

「忙しい朝に天然チャージ 朝飲む麹 つぶつぶ麹甘酒」
(山川町生活改善グループ)

 

現在、定期販売は行っていませんが、地域のイベントやマルシェなどに出品しています。そして「飲み切りサイズで便利だから」と一度購入した人が、甘酒の味や効能を知り、500㎖、1ℓの従来品を購入するというリピートにもつながっています。また、スポー
ツイベントなどにも出品しているため、スポーツマンにも愛飲家が広がっています。

 

このように、「お客様がこの商品で、どんなシーンで、どんなときに、どんな価値を得るのか」を考えると、ヒット商品の開発につながっていきます。

 

株式会社パッケージ松浦 代表取締役社長

1974年、徳島県生まれ。広島大学理学部物性学科卒業。2002年、パッケージ松浦入社。入社当初は「パッケージは中身を出したら捨てられるゴミだ」との思い込みが強く、仕事に意味ややりがいを見出せない日々を過ごす。やがて「パッケージは商品の安全・安心を守り、売上を伸ばす役割がある」ことに気づき、仕事に没頭するように。2005年、創業者である父の跡を継ぎ、代表取締役就任。
2011年より、数多くのヒット商品のパッケージ調査を開始。750 を超える事例から「売れるパッケージ」の共通項を発見。現在、顧客とともに売上を伸ばすための商品開発やパッケージ資材の提案のほか、企業のブランディングについての提案を行っている。

本業のほか、世界初のパッケージマーケッターとして、全国各地でパッケージマーケティングセミナーなど、日々奔走中。

著者紹介

連載赤字商品が「大ヒット商品」に化ける!売り上げがグングン伸びるパッケージ戦略

売上がグングン伸びるパッケージ戦略 赤字商品が大ヒット商品に化ける!!

売上がグングン伸びるパッケージ戦略 赤字商品が大ヒット商品に化ける!!

松浦 陽司

合同フォレスト

パッケージにひと言添えただけで売上倍増! ネーミングを変えただけで品切れ続出!! ターゲットを絞ったらSNSで話題沸騰!!! 世界でただ一人の“パッケージマーケッター”が、売れるパッケージの秘密を明かします!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧