新型コロナ感染拡大が加速させる病院の再編と医師の転職

新型コロナウイルス感染拡大で医療現場はひっ迫し、医療崩壊ともいわれるなど、現場の医師や看護師、そして病院に注目が集まった。全国に緊急事態宣言が出された大混乱のさなか、ある医師から一本の電話がヘッドハンターにかかってきた。「どうやら資金ショートの噂が広がり、来年の春まで持たない。紹介できる病院はないか」と。もはや病院といえども安心の職場ではなくなった。ヘッドハンターが医師の転職の舞台裏を明かす。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

生き残る病院と潰れる病院がハッキリする

いま、医師たちの転職を促しているのは、新型コロナウイルス騒動だけが理由ではありません。実は、その背景に病院統廃合・病床機能再編が加速していることがあります。(病床機能には[1]高度急性期機能、[2]急性期機能、[3]回復期機能、[4]慢性期機能の4区分がありますが、詳しい内容は略します。)根底にあるのが人口問題です。これまでずっと少子高齢化が叫ばれてきましたが、これがもたらすのは人口減少。結果として生じるのが、日本の財政赤字、年々増え続ける社会保障費ということです。

 

そこで厚生労働省では、いわゆる“団塊の世代”が75歳以上になる2025年を目途に、各都道府県の医療ニーズの実情に応じた医療提供体制を再構築する地域医療構想を数年前より進めています。キーワードは利便性と機能性、要はスマート化。例えば、これまでバラバラで営業していた個人商店が、それぞれが応分の出資をして、ショッピングモールを立ち上げるようなものです。つまり、部分最適から全体最適へのシフトをしようということです。

 

病院の再編が加速し、生き残れる病院と淘汰される病院がハッキリするという。(※写真はイメージです/PIXTA)
病院の再編が加速し、生き残れる病院と淘汰される病院がハッキリするという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

当然、生き残れる病院と淘汰される病院がハッキリします。公立・公的病院は地域の実情により生き残る病院の属性は様々なようですが、民間病院において中核を担うのが、社会医療法人(一部の地域では公益財団法人も含まれる)。これは知事の認可を受け、幅広い分野から得られる収益を、病院などの本来事業に使うことができます。私自身、折に触れて、お会いする先生たちにこのことをお話してきました。それが最近よく「あなたのいった通りになってきたね」という評価をいただけるようになりました。

 

東海地方の公的総合病院の整形外科部長G先生もそうでした。先生は出身大学の医局に在籍し、ある医療センターに勤務していたのですが、昨年の春、公的機関のA総合病院へ異動する辞令が出ました。50歳を目前にして、医療センター時代から将来のキャリアを真剣に検討したようです。このまま異動すべきか、どこか別に新天地を求めるほうがいいのかということです。

 

以前から相談を受けていた私は、東北地方の社会医療法人であるS病院がいいと考え、見学と面談にも同行しました。先生も雑誌等で理事長の経営哲学にも接していて、ロボット手術や遠隔医療にも対応できる最高水準の医療機器類にも納得されたようです。当時、G先生の年収は2300万円程度。アルバイトや講演代を含めると3000万円になっていたそうです。医師の収入としても高額の部類に入りますから、転職に際してはその点が心配だったのですが、病院サイドは3000万円を提示してくれました。これなら、奥様も納得してくれるに違いないと安心したことを覚えています。

 

それでもG先生は、公的機関のA総合病院か社会医療法人のS病院かの選択に迷っていたのかもしれません。すぐには返事をもらえませんでした。ところが夏を迎え、A総合病院の身売りが決まったのです。M&Aを仕掛けたのは、関西地方の民間病院。G先生は私の地域医療構想や社会医療法人の話を覚えていて「うちも統合されそうだ。S病院の話はまだ生きているだろうか……」と問い合わせてきたのです。しかし、G先生の転職話が先方に伝わったらしく、買収先の民間病院の理事長から「残ってほしい」と強く慰留されたといいます。A総合病院では先生は稼ぎ頭でしたから当然のことでしょう。「しばらく様子を見たい」というのがG先生の判断でした。

半蔵門パートナーズ 社長

1968年生まれ、石川県出身。 全日空エンタプライズ・シンガポール航空・ニュージーランド航空を経て、1998年に人材ビジネス業界へ転身。23年の人材サーチキャリアを持つ、経済界と医学界における世界有数のトップヘッドハンター。 現職は2008年より。
欧米的な職務能力だけ評価するヘッドハンティングではなく、人物像まで評価し、依頼主のマネジメントスタイルや経営ステージに合わせたマッチングが必要との独自のマッチング理論を確立・実践し、評価を受けている。現役ヘッドハンターとしてクライアント対応から候補者インタビューまで幅広く手がけ、毎日、全国各地を飛び回る。
江口洋介主演・テレビ東京ドラマBiz「ヘッドハンター」監修をはじめ、CM出演、東京外国語大学ビジネスキャリア・講師&科研費事業研究メンバーとしても活動中。執筆・出版多数(寄稿文が大学入試問題にも採用)、最新書籍は河出書房新社「超一流ヘッドハンターが教える!30代からの『異業種』転職成功の極意」。
趣味は全国のうなぎ屋巡り、持ち帰った箸袋をホームページで公開中。

著者紹介

連載「医師の転職事情」金持ちドクターと貧乏ドクターの分かれ目

30代からの「異業種」転職成功の極意

30代からの「異業種」転職成功の極意

武元 康明

河出書房新社

人の働く道は必ずしもひとつではない。同業種、同職種で一貫性を貫くか、あるいはそれまでの経験・知識をベースとしながらも持ち前の思考行動特性と資質を活かしながら異業種で新たなキャリアを形成するか。それとも2つを同時…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧