病院再編で「医療産業」が日本経済の成長エンジンになれるか

新型コロナウイルス感染拡大で医療現場はひっ迫し、医療崩壊ともいわれるなど、現場の医師や看護師、そして病院に注目が集まった。全国に緊急事態宣言が出された大混乱のさなか、ある医師から一本の電話がヘッドハンターにかかってきた。「どうやら資金ショートの噂が広がり、来年の春まで持たない。紹介できる病院はないか」と。もはや病院といえども安心の職場ではなくなった。ヘッドハンターが医師の転職の舞台裏を明かす。

【無料】メルマガ登録こちら

米国ピッツバーグ大学医療センターの試み

国が病院の再編を推進する狙いの一つとして、病院を大規模化することで経営基盤を強化し、地域経済のエンジン、さらには医療産業を日本経済のエンジンにしようという目論見があるように思えます。

 

そのモデルケースとして注目されているのが、米国のピッツバーグ大学医療センター(UPMC)です。医療産業を中核として地域再生に成功した先進モデルとして世界的にも脚光を浴びています。

 

ペンシルバニア州にあるピッツバーグは人口約34万人で、1970年代まではUSスチールの製鉄工場が建ち並ぶ世界有数の鉄鋼都市でした。しかし、1980年代に鉄鋼業が衰退し、地域経済は危機的状況に陥りました。

 

米ペンシルべニア州のピッツバーグは、地元の政財界と学界が一丸となり、医療を中心とした新たな都市づくりを目指す成長戦略ビジョンを打ち出した。(※写真はイメージです/PIXTA)
米ペンシルべニア州のピッツバーグは、地元の政財界と学界が一丸となり、医療を中心とした新たな都市づくりを目指す成長戦略ビジョンを打ち出した。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そこで地元の政財界と学界が一丸となり、医療を中心とした新たな都市づくりを目指す成長戦略ビジョンを打ち出したのです。まずピッツバーグの中心的医療機関であるピッツバーグ大学附属病院を大学から切り離して別法人にしました。収益力のある大学附属病院の競争力を一段と強化するためで、さらに提携先の病院2つと合併して1986年に誕生したのがUPMCです。民間企業の経営手法を取り入れながら、経営力を高めていきました。

 

UPMCの特徴の一つは、医療事業体の再配置にあります。UPMCは巨大な一つの総合病院ではありません。UPMCは、20病院(約4500床)のほか、がんセンター、画像診断センター、クリニック、介護施設など400以上のサテライト事業所から形成されています。その範囲は東西約200㎞、南北約260㎞に及びます。ペンシルバニア州に隣接する州の一部も含みます。

 

地域住民にとっては、車で1~2時間もかけて大病院に行く必要はなく、アクセスのよい場所に必要な医療機関があるのです。

 

医療へのアクセスのよさという点では、日本も恵まれていますが、UPMCと日本では大きな違いがあります。日本は同じ地域に機能が重複した医療機関が多いのに対して、UPMCは機能重複しないように医療機関が最適配置されているのです。

 

ピッツバーグはもともと医療機関が少なかったので、ほぼ更地の状態のところに計画的に病院を配置しました。そのため機能が重複する病院同士の競争が生まれず、それがUPMCの強みになっています。

 

病院を最適配置したことで、ピッツバーグは医療産業の集積地帯になりました。多くの医薬品メーカーや医療機器メーカーの研究所が集まり、薬品や商品開発に取り組んでいます。UPMCには症例が集約されるので、治験などが行いやすく、開発のサイクルが非常に早い。そこで企業の国際競争力が培われています。

 

【オンライン(LIVE配信)】6/25(金)開催
空き家再生×最低家賃で高収益を実現する
「利回り20%以上」の最強の不動産投資ノウハウ
詳しくはこちら>>>

半蔵門パートナーズ 社長

1968年生まれ、石川県出身。 全日空エンタプライズ・シンガポール航空・ニュージーランド航空を経て、1998年に人材ビジネス業界へ転身。23年の人材サーチキャリアを持つ、経済界と医学界における世界有数のトップヘッドハンター。 現職は2008年より。
欧米的な職務能力だけ評価するヘッドハンティングではなく、人物像まで評価し、依頼主のマネジメントスタイルや経営ステージに合わせたマッチングが必要との独自のマッチング理論を確立・実践し、評価を受けている。現役ヘッドハンターとしてクライアント対応から候補者インタビューまで幅広く手がけ、毎日、全国各地を飛び回る。
江口洋介主演・テレビ東京ドラマBiz「ヘッドハンター」監修をはじめ、CM出演、東京外国語大学ビジネスキャリア・講師&科研費事業研究メンバーとしても活動中。執筆・出版多数(寄稿文が大学入試問題にも採用)、最新書籍は河出書房新社「超一流ヘッドハンターが教える!30代からの『異業種』転職成功の極意」。
趣味は全国のうなぎ屋巡り、持ち帰った箸袋をホームページで公開中。

著者紹介

連載「医師の転職事情」金持ちドクターと貧乏ドクターの分かれ目

30代からの「異業種」転職成功の極意

30代からの「異業種」転職成功の極意

武元 康明

河出書房新社

人の働く道は必ずしもひとつではない。同業種、同職種で一貫性を貫くか、あるいはそれまでの経験・知識をベースとしながらも持ち前の思考行動特性と資質を活かしながら異業種で新たなキャリアを形成するか。それとも2つを同時…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧