「赤ちゃんの学習能力」を再び手に入れる「科学的な」方法

偏差値52からスタートし見事京都大学に合格した農業研究者・篠原信氏は、水耕栽培の分野にて続々と新規技術を開発している。同氏は書籍『ひらめかない人のためのイノベーションの技法』(実務教育出版)にて、「センスがなくても創造的な仕事を生み出すことは可能である」と断言しているが、その根拠は何だろうか? 本連載でひも解いていこう。

誰も教えられない「未知のモノ」を理解する方法

これまでの教育では、「既知」への向き合い方を教えることはできた。すでに知られていること、正解とされることを教科書で教え、子どもはひたすらそれを丸暗記する。全国民に教育が施されるようになったのが、ほんの百数十年前だということを考えると、こうした教育方法が取られたのにも、それなりに意味があったと言わねばなるまい。

 

しかし、そうした時代が急速に終焉しようとしている。昔は百科事典を備える家は必ずしも多くなかったが、今は百科事典と遜色のない膨大な知識を、インターネットを介して無料で手に入れることができる。丸暗記しなくても、概要さえ頭に入っていれば、ウィキペディアなどで確認して済むようになった。暗記した知識の量だけでは、「知識人」とは呼べない時代が到来したと言える。

 

しかし、現代でもなお、どう向き合えばよいかはっきり分かっていないものが「未知」だ。まだ誰も知らない知識。あることはなんとなく分かっているけれど、どうしたら「分かる」に変えられるのか分からない知識。そうした「未知」を「既知」に変える技術を、私たちはまだ十分に把握できていない。普及させることができていない。

 

「未知」を「既知」に変える方法、それは「科学の5段階法」だと考えている。「科学」というフレーズを耳にしたとたん、文系の自分には理解できない話が始まったか、と早とちりされる方がいるかもしれないが、ちょっと待ってほしい。というのも、これは赤ん坊が生まれながらに駆使している方法だからだ。

 

赤ちゃんにとって、生まれてきたこの世界は、未知なるものであふれている。何しろ、まだ言葉も分からないから、予備知識を持ちようがない。お母さんの語りかける言葉さえ、「未知」の状態。だから大人も赤ん坊に教えようがない。そんな中で、赤ん坊はどうやって言葉を憶えていくのか。

 

最初は、「マンマ」「ダーダー」といった喃語(なんご)しか口にできない赤ちゃん。母親はわが子の微妙なニュアンスの違いを見抜き、「こういうときはお腹が空いたのかな?」と仮説を立て、ミルクを用意するようになる。すると赤ちゃんのほうも、「こうした声を出すと、お母さんはミルクを持ってきてくれるかも」と“仮説”を立て、次第に意識的にそのように声を出すようになっていく。

 

身の回りで起きる現象に興味を持ち、「未知」を「既知」に変えていく作業の中で、教えられもせずに様々な技術をマスターしていく。このとき、赤ちゃんが行っていることは、次のような「科学の5段階法」そのものだ。

 

●観察…お母さんがどんなときに「ミルク」だと思うのかをつぶさに観察する。

●推論…お母さんは、ボクのこういう泣き声のときにミルクだと思うみたい。

●仮説…ボクがこう声を出したら、お母さんは「ミルク」だと分かってくれるかも。

●検証(実験)…ミルクほしいな、この声で泣くよ! 分かってね!と試してみる。

●考察…仮説通りにうまくいったか、うまくいかなかったらなぜなのか考える

 

観察→推論→仮説→検証→考察。考察まで来たら、また1段階目の観察に戻る。これをグルグルと繰り返して、赤ちゃんは「未知」を「既知」に変える作業をしている。

 

イラスト:吉村堂
未知を既知に変える科学の5段階法 イラスト:吉村堂

「科学の5段階法」は恋愛やビジネスにも有効

この作業は、恋愛でも無意識に行われているものだ。大好きなあの子と親しくなりたい。だから、(気持ち悪がられない程度にこっそりと)観察する。すると、彼女は動物の話題でニコニコしていることに気がつく。「もしかしたらこの子、動物が好きなのかな?」と推論が働く。「動物の話題を振ったら興味を持ってくれるかも」という仮説に思い至る。そこで話しかけるチャンスが来たら、動物の話題を振ってみる(検証)。仮説通り、動物の話で盛り上がった。けれど、ネコの話題は顔がくもった。「もしかしたら、ネコだけは嫌いなのかな?」と、次につながる考察をする。

 

次からは、ネコの話題をその子が避けているのかどうか、注意深く観察する…といったように、5段階法をグルグルと繰り返すことで、好きな子の特徴を把握していく。これにより、大好きな子の「未知」を「既知」へと変えていくことができる。

 

これは、ビジネスの場面でも活かせる。たとえば、「人気のカフェを開店したい」と企画したとしよう。まずは、人気店をたくさん訪問して「観察」する。そうする中で、人気店にはこうした秘訣があるのではないか、と「推論」が働く。

 

すると、「こうした店づくりをすれば人気店になるかも」という「仮説」が思い浮かぶ。その仮説が正しいかどうか、今度は不人気店にも足を運んでみる。「検証」してみると、仮説通りのすばらしい内装にもかかわらず、お客が少ない場合があることに気がつく。町並みをよく見てみると、高齢者が多い。若者向けの店構えと、住民構成のミスマッチに気がつく(「考察」)。今度は、立地も視点に加えた上で、観察してみる…。

 

このように科学の5段階法を繰り返し、次々に仮説を立てては検証を続け、仮説の精度を上げていく。お店を実際に構えてからも、科学の5段階法を繰り返し、よりよいお店づくりの改善を続けていく。

 

イラスト:吉村堂
イラスト:吉村堂

「科学の5段階法」を意識的に実践すべし

赤ちゃんが生まれながらに実践し、恋をしたときにも無自覚に実行している「科学の5段階法」は、ビジネスにも通じるすばらしい方法だ。じつは、どんな子も小学校に入学するまでは「科学の5段階法」を無意識のうちに活用し、知識と技術をマスターしていく。

 

しかし小学校に入ったとたん、正しいとされる知識を丸暗記する作業に追われる。その教育が小・中・高と12年間も続けられるうちに、子どもは「科学の5段階法」を忘れてしまう。大学に入学し、ゼミや研究室に所属すると、久しぶりに「科学の5段階法」に再会し、「未知」と向き合うことになるが、あまりに久しぶり過ぎて、どう向き合ったらよいのか分からない人が多い。

 

しかし、何度も言うように「科学の5段階法」は、赤ちゃんが無意識のうちに実践している方法だ。私たちは、「未知」との向き合い方を本能的に知っている。正解を暗記することが習い性になってしまっていても、恐れることはない。物事を虚心坦懐にじっくりと観察し、推論し、思い切った仮説を立て、それが妥当かどうかを検証し、その結果を考察する。それを繰り返していけば、「未知」と向き合い、解決していくことができる。

 

どんな仕事でも、この「科学の5段階法」は有効だ。赤ん坊の頃の気持ちを思い出して、やってみてほしい。

 

<ポイント>

「未知」を「既知」に変える科学の方法は、赤ちゃんが生まれながらに行っている。恋もビジネスも科学と同じ。「科学の5段階法」を意識して取り入れれば、未知のことに向き合うのも怖くない。むしろ楽しいことに変わる。

 

 

篠原 信

農業研究者

 

【関連セミナー】

※【11/26開催】不動産営業マン必見!業務効率「10倍」のアプリ「TRG(トラジ)」

 

※【12/5開催】勤務医のための「キャリア&資産形成」戦略セミナー

 

※【12/5開催】入居率99%がずっと続く「驚愕&堅実のアパート経営」の秘密を大公開!

 

※【12/8開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」による富裕層の節税対策・資産運用法

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【勤務医限定】「良いニュース」と「悪いニュース」

農業研究者

1971年生まれ、大阪府出身。農学博士(京都大学)。

中学時代に偏差値52からスタートし、四苦八苦の末、三度目の正直で京都大学に合格。大学入学と同時に塾を主宰。不登校児や学習障害児、非行少年などを積極的に引き受け、およそ100人の子どもたちに向き合う。

本職は研究者で、水耕栽培(養液栽培)では不可能とされていた有機質肥料の使用を可能にする栽培技術や、土壌を人工的に創出する技術を開発。世界でも例を見ない技術であることから、「2012年度農林水産研究成果10大トピックス」を受賞。

著書に『自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書』(文響社)、『子どもの地頭とやる気が育つおもしろい方法』(朝日新聞出版)があるほか、「JBpress」や「東洋経済オンライン」などに記事を発表している。

著者紹介

連載AI時代を勝ち抜く人材になる!センスがなくても創造的な仕事を生み出す方法

ひらめかない人のためのイノベーションの技法

ひらめかない人のためのイノベーションの技法

著者:篠原 信

カバーイラスト:植田 たてり

本文イラスト:吉村堂

実務教育出版

センスがなくてもイノベーションできる! オックスフォード大のオズボーン准教授によると、AI時代の人材には、「創造性」が重要であるという。 創造性というと、「生まれつきのセンス次第」という印象が強い。すると、セ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧