「定時に帰りたい」を実現させた、経営コンサル「驚愕の提案」

「小さな見直し」をすることで、あなたの会社の業績は大きく変わるかもしれません。平石経営研究所代表・経営コンサルタントの平石奎太氏は、書籍『生産性向上はこうする』(幻冬舎MC)にて、規模や業種を問わず、多方面にわたった「生産性向上」事例を紹介しています。

新規受注で退社が深夜に…解決方法はあるのか

E社に8月に訪問した時でした。倉庫部門の4Sの検討のとき担当者(0さん)に「忙しいですか」と聞いたのです。すると「毎日夜22:00~23:00の退社になっています」とのことでした。

 

チェーン店を全国展開する会社の地元エリアから、新たな仕事を受注した(受け入れた部材を組立て納品する)ためでした。それは、“断るな、何でも受けろ”という社長方針の面目躍如たる成果でもありました。

 

然し、一時的にしてもこの勤務状況を異常と考え改善する姿勢が欲しいと感じました。私が「定時に帰りたいでしょう」と聞きますと素直に「ハイ」と返事が返ってきたのです。そこで、何に時間がかかっているのか聞きながら作業の工程を白板に書いていきました。

 

すると部品のピッキングに延べ9時間ほどかかっていることがわかってきました。カギは部品のピッキングにありそうでした。

僅か1ヶ月で通常勤務に、カギは「工程短縮1/2以下」

概要がわかったところで私は次の提案をしてみました。「2ヶ月後の10月までに、組立の時間を1/2以下にすることに挑戦してみませんか」。すると直ぐ社長から発言がありました。「それは人を増やす話ではないですよね」。勿論人をふやす話ではありません。作業の改善によって実現するのです。

 

[図表3]工程短縮

 

そしてOさんが大きな挑戦なのに何のためらいもなく「ハイ」と聞き入れてくれたのは意外でした。

 

私は、このような、社員のひたむきで前向きの姿勢がE社の財産だと思っています。

 

次回訪問は1ヶ月後でした。途中で、状況によってはヒントを上げようと何度か思いましたが、あえて電話もせず次回の訪問日を迎えました。Oさんに会って開口一番「どうでしたか」と尋ねますと、「17:00はムリですが18:00には退社できるようになりました。」とのことでした。

 

Oさんは上司の全面的な支援を得て僅か1ヶ月で問題を解決したのです。

 

 

社長は、大幅増益効果、に大満足の様子でした。それは加工費が殆んどタダ同然(追加費用無し)になったことを意味していました(材料は支給)。

 

【主な改善点】

①出庫品置き場を150%確保

②入庫品を初めから出庫品置き場に置き作業する
→これによりピッキング作業後の商品の移動が不要に

③ピッキング作業を店舗ごとの作業から部品ごとの作業に
→これにより移動距離大幅削減

 

平石経営研究所 代表
経営コンサルタント

(元)大阪府指定出資法人評価等審議会委員
1959年 東京大学法学部卒業
1959年 三洋電機株式会社入社
・冷蔵庫国内営業部統括部長
・冷凍機事業部長
・株式会社三洋スカイリゾート社長
1995年 三洋電機退社。経営コンサルティングに従事

<著書>
・『三洋電機事業部改革・感動の軌跡─折り重なって前へ行け』
・『「買いたい」をつくる─成功マーケティング実例─』〈共著〉
・その他執筆多数

著者紹介

連載生産性向上はこうする

生産性向上はこうする

生産性向上はこうする

平石 奎太

幻冬舎メディアコンサルティング

規模や業種を問わず、多方面にわたった事例を紹介。経営コンサルタントとして数々の事業を再建してきた著者による真の生産性向上を遂げ、経営改善を成功させるための手引書。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧