世界最大級の資産運用会社「バンガード」日本撤退のウラ事情

縁起でもない話ですが、投資先がいきなり倒産、あるいは非上場化してしまうといった状況に陥る可能性は、決して低くありません。

筆者自身も、投資先である元ジャスダック上場企業が倒産し、その後音信不通となった経験を持っています。投じていた資金はさほどではなかったものの、やはり株式投資においては、勝った記憶より一敗地に塗れた記憶のほうが強烈です。

企業がビジネスを辞める・撤退するタイミングの見極めはプロでも容易ではなく、投資は本当にむずかしいものなのです。

今回は、超一流の世界的運用会社が自らのビジネスを見限った裏事情を検証しながら、個人投資家のみなさんの今後の行動に役立つ生の情報を提供していきたいと思います。

かつての勤務先であった外資系日本法人の閉鎖も経験したこともある、一般社団法人日本つみたて投資協会の太田創氏が解説します。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

一般社団法人 日本つみたて投資協会 代表理事

関西学院大学卒。
1985年、三菱銀行(当時)入行。
1988年より約10年間、英国およびブラジルで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年から2019年までシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。

YouTubeチャンネル:https://bit.ly/34oQ1d3

著者紹介

連載着実な資産形成を目指す…長期投資の秘訣

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧