「海外資産投資」個人投資家が為替ヘッジを実現する唯一の方法

海外投資を行ううえで避けて通れない、為替の問題。海外投資に関心がある方なら「為替ヘッジ」という言葉に聞き覚えがあるでしょう。ヘッジとは「損失を発生させないように保険をかけておく」こと。「保険なら、とりあえずかけておけば安心では?」と思われるかもしれませんが、ヘッジはヘッジにかかる保険料の負担があり、リターンも減少する可能性があるため、注意が必要なのです。

当然、外国株式・債券、外国不動産等、海外投資する場合には「為替ヘッジをどうするか」という問題に突き当たりますが、「とりあえずかけておく」という対応をしていては危険です。では一体、なにを基準に、どのように判断すればいいのでしょうか?

為替ヘッジ要否の判断について、メガバンク資金為替ディーラーとしての実績を持つ、一般社団法人日本つみたて投資協会代表理事の太田創氏が解説します。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

一般社団法人 日本つみたて投資協会 代表理事

関西学院大学卒。
1985年、三菱銀行(当時)入行。
1988年より約10年間、英国およびブラジルで資金為替・デリバティブ等の運用、投資信託の管理業務に携わる。
その後、2000年から2019年までシティグループ(米)、UBS(スイス)、フィデリティ(米)、GCIにおいて投資信託のマーケティング・商品企画を統括。

YouTubeチャンネル:https://bit.ly/34oQ1d3

著者紹介

連載着実な資産形成を目指す…長期投資の秘訣

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧