「医師の働き方改革」なぜ2年半で5時帰宅が実現できたのか

一般企業では既に始まっている時間外労働の上限規制が、2024年4月から医師にも適用される。勤務医の時間外労働時間を「原則、年間960時間までとする」とされているが、その実現は困難ではないかと指摘されている。その「医師の働き方改革」を実現した医師がいる。「現場のニーズに応え、仕事の流れを変えれば医師でも定時に帰宅できる」という。わずか2年半で、どのように医師の5時帰宅を可能にしたのか――、その舞台裏を明らかにする。

私自身も、病院内のみならず地元の開業医の先生など病院外の医療関係者の方々なども含め総勢約30人からフィードバックを頂戴し、それらの意見を基に業務改善を進めていきました。

 

まず最初にそうやって現場で働く医療従事者の方々の声を幅広く、しっかりと拾い上げていくことにより、「医師の働き方」についての施策についてピントを外すことなく、ほぼ百発百中で改善へと向かうことができたのです。

 

今振り返って「評価をするのは常に『他人』である」ことを絶えず意識していたことが、静岡病院での「働き方改革」で成果を収められた最大の要因だったと分析しています。

吹奏楽部で知った「他人に評価されることの難しさ」

私が、「他人の評価」の大切さに気づけたのは、高校時代に吹奏楽部に所属していたことがベースにあったからかもしれません。私の所属していた吹奏楽部は、京都府内屈指の強豪校でした。目標は、ズバリ全国大会に出場すること。

 

そのためには、京都府代表になるだけではなく、春の高校野球(選抜高等学校野球大会)のように関西(近畿)地方の代表に選ばれる必要がありました。ただ、春の高校野球の出場枠は6校なのに対して私たちが目指す関西の代表枠は、たった3校。それは我々にとってまさしく“鬼門”でした。

 

当時、我が校は関西で4番目というポジションが定着し、毎年すんでのところで全国大会出場には出られず、毎年悔し涙を流していました。ベスト3入りの壁は非常に厚く、もがき苦しむ中で感じていたことは、「音楽の評価をするのは常に『他人』である」ということです。「関西で4番目」という一度与えられた評価を覆すのは簡単なことではないのです。

 

それがわかっているからこそ、これまでの審査委員たちの評価を一変させ、よりよい印象をもってもらうためにはどう演奏したらいいかを必死になって考え、顧問を筆頭に部員全員で一年中厳しい練習を続けました。

 

有り難いことにその努力は高校3年生の時に結実し、京都府の代表として初めて全国大会で金賞を取り、全国制覇を成し遂げたのです。高校時代は私にとって「他人に評価されることの難しさ」を、まざまざと感じさせられた3年間でもありました。

 

「医師の働き方改革」とは、医師たちの残業時間を減らすだけでなく、「他人から評価」されて、「地域の皆さんが今まで以上に頼りに思ってくれる病院」になることが最終ゴールであると考えます。

 

業務改善と他人から評価を得ることは、よりよい病院作りに欠かすことのできない両輪であり、どちらか一つが欠けてもうまくは回りません。そして両方を成し遂げることは、どんな地方であろうと、どんな規模の病院であろうと夢物語では決してありません。

 

佐藤文彦
Basical Health産業医事務所 代表

 

【関連セミナー】

※【11/6開催】「社会貢献×高収益」最新「コインランドリー投資」事情

 

※【11/7開催】10年10%利回り保証!「ベトナムスパリゾートホテル」投資の全貌

 

※【11/7開催】4泊5日で取得できる!「フィリピン永住権」取得徹底解説

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【随時】年収800万円の会社員必見!不動産投資を始める前の個別相談会

Basical Health産業医事務所 代表
日本糖尿病学会専門医・研修指導医、日本肥満学会専門医、日本医師会認定産業医、日本医師会認定健康スポーツ医などの資格をもつ内科医・産業医。

1998年順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学 代謝内分泌学 助教などを経て、2012年41歳の若さで順天堂大学附属静岡病院 糖尿病・内分泌内科 科長(兼 准教授)に就任。同院で、「地方病院の医局員たちの残業の多さを何とか改善できないか」と考え、「医師の働き方改革」に着手。コーチングの手法を活用し、現場の要望を聴き出し、それを反映させた組織開発を独自で行う。3年目には医局員全員が定時に帰宅できる体制を作りあげる。その後、日本IBM株式会社で専属産業医を2年弱務めた後、2018年に独立。現在、健康保険組合やその関連企業での健康増進・予防医療などのコンサルタント業務を行いながら、糖尿病の外来診療、嘱託産業医としても活動する。今年度より、厚生労働省医政局委託事業「医療従事者勤務環境改善のための助言及び調査業務」委員会の委員に就任するなど、日本中の医師が安定的に働き続けられる環境作りに取り掛かっている。趣味は音楽。高校3年生時には、全日本吹奏楽コンクール(普門館)にて金賞受賞。担当楽器はチューバ。

著者紹介

連載「医師の働き方改革」仕事の流れを変えれば医師でも定時に帰宅できる

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧